メンツの意味とは?【ゲーム用語集】

メンツ

メンツとは?

メンツとは、ボードゲームにおいて遊ぶメンバーや人数のことです。

メンツの語源となったのは面子(めんつ)で、中国語で「対面」「面目」「麻雀を行うためのメンバー」「麻雀で3個でひと揃いとなる牌 (パイ) の組み合わせ」といった意味があります。

もともと、中国において面子は「顔」という意味で麻雀を遊ぶメンバーという意味でしたが、日本に入ってきたときに顔ぶれなどの意味となり、転じて集まりや遊びの顔ぶれ・メンバーという意味になりました。

メンツを使った言葉として、いつも一緒に遊ぶ仲良しな友達のことを表す「いつメン」という言葉があります。

「いつものメンバー」または「いつもの面子(メンツ)」を略した言い方で、女子高生など若者を中心にプリクラで書くというような使われ方をします。

また、メンツには牌 (パイ) の組み合わせという意味があり、麻雀は4つの面子と1つの雀頭(ジャントウ)で上がりの形となることから、完成している面子を「出来メンツ(できめんつ)」といいます。

  • オンラインで募集したところ必要なメンツがそろったので、今日の対戦を始めよう
  • 麻雀のメンツは組み合わせによって呼び名が変わり、数字が連続している3枚の同一牌の数牌は「順子(シュンツ)」という