チャットで使うffsの意味とは?【ゲーム用語集】

ffs

ffsとは?

ffsとは、for fuck’s sakeの頭文字をとった略語で、まじかよ頼むから〇〇してくれいい加減にしてくれよお願いだからやってらんないなどの様々な意味があるインターネットスラングです。

ffsは、for God’s sakeという言葉が由来で、for God’s sakeは日本語で「神のために」という意味です。

神様に祈りを捧げている様子が、「頼むから」「お願いだから」という意味に変化していったと言われています。

また、Godがfuckに変わっているとこから、あまり上品な言葉ではないので、ご自身が使う場合は相手に不快な思いをさせてしまわないように注意が必要です。

ゲームのチャットや、SNS、メールなどのやり取りでは、for fuck’s sakeと打つのは時間がかかるためffsと省略されて使われ、そのほとんどが、文頭や文末に持ってきて使われます。

ffsの他にも頭文字をとったインターネットスラングはたくさんあるので、代表的なものをいくつか紹介していきます。

  • OMG(Oh my god)=なんてことだ。
  • THX(Thanks)=ありがとう。
  • ASAP(as soon as possible)=今すぐに。

現代は、様々なインターネットスラングが様々な場面で使われているので、よく目にするものだけでも覚えておくといいと思います。

  • ffs don’t attack me!(頼むから俺を攻撃しないでくれ!)
  • ffs explained it three times.(頼むよ、もう3回も説明しただろ。)
  • just stop it ffs.(お願いだから、それをやめてくれ。)