FPSゲームで使われるピークの意味とは?【ゲーム用語集】

ピーク

ピークとは?

ゲーム用語の「ピーク」とは遮蔽物や壁の裏など、敵からの攻撃が当たらない場所から頭や体を出し、敵を覗くことという意味です。

ピーク(peek)とは英語で「素早く、バレないように覗く」という意味です。
「ピーク(peek)」はFPSゲーム(一人称視点のシューティングゲーム)でよく使われ、日常よくで使う「ピーク(peak)」とは全く意味が異なります。

ピークは主に、敵の位置を把握したいときや、敵との戦闘を有利に進めていくためにとても重要なテクニックの一つです。

  • あまりピークしすぎると、敵からの攻撃をくらいますよ。
  • 相手がピークしてきているので、応戦します。
  • リロード中もピークして、敵の位置を確認して下さい。

ピークの種類

FPSでのピークには様々な種類があるので紹介していきます。

  • クイックピーク(チラっと覗いてすぐ顔を引っ込める動作)
  • ジャンプピーク(ジャンプしてピークする動作)
  • ドライピーク(音を出さないようにピークする動作)

上記で記したようにピークと言ってもいくつか種類があります。
FPSゲームにおいてピークは、とても重要かつ基本的なテクニックの一つです。
ピークを有効活用すると生存率があがったり、戦闘を有利に進めることができるので、自分の好きなゲーム実況者さんの動画などで勉強してみてはいかがでしょうか。