音ゲーで使われる出張の意味とは?【ゲーム用語集】

出張

出張とは?

音楽ゲームで使われる出張とは、左右の指を交差させて、普段は左手で演奏している場所を右手で演奏する指使いのことを意味しています。
シンプルに指を交差させるというときもあります。

音ゲーをプレイするときには、一般的に画面を中央で分け、左右それぞれを左手と右手で担当して演奏します。
ちなみに、この演奏法を「分業」や「左右分業」と表現しています。

この分業で演奏するときに、どうしても担当の腕では、ノーツを押すことができなかったり、指をクロスさせたほうが押しやすかったりするときに出張させることがあります。

しかし、指をクロスさせるため、若干遅くなってしまうことやズレてしまう可能性があるため、練習が必須の技術となっています。

  • ここは、右手を出張させて演奏する。
  • 出張して叩くと、なんかかっこいい。