マナの意味とは?【ゲーム用語集】

マナ

マナとは?

マナ(mana)とは、ハワイやメラネシアなど、太平洋の島々の原始的宗教にみられる非人格的・超自然的な力の概念で、ゲームにおいては、魔力や特殊な力を持つ人物や物、魔法に関連するパラメーターに用いられる用語です。

マナはメラネシア語で「力」と言う意味があります。

マナ自体は実体を持たず、生物・無生物に関わらず様々なものに宿り、力を与えるとされています。

地域によっては、マナは個人と結びつけてとらえられたり、階級や集団に関連付けて考えられていました。

そのため、人が名声を得たり家畜や土地が豊かになったりするのも、その人に宿ったマナの影響であるとされたり、王族と一般市民、性別によって宿すマナの量に差があるとされていました。

このように、マナという言葉は”人や物に宿る神秘的な力”のイメージから、様々な小説やゲームなどの創作物で「魔力の源」として採用されるファンタジー用語になっています。

ファンタジー系ゲームのストーリーにおいては、力の源となる施設や土地の名称、魔力を持つキャラクターの名前などに使われたり、システム面では魔法などの発動に必要なマジックポイント・マジックパワー(MP)に類するステータスとして「マナポイント」が用いられたりします。

近年ではソーシャルゲームやスマートフォンゲームで「マナ」という言葉を目にすることも増え、その多くはキャラクターや武器の強化に必要なリソースとして設定されています。

  • 「マナの樹」と言えばあのRPGシリーズを思い出す
  • この技を撃つにはマナポイントが足りない
  • キャラを強化していたらマナが枯渇した