397の意味とは?【ゲーム用語集】

397

397とは?

397は、「ありがとう」という意味で、「サンキューな」と読みます。
「さん・きゅう・なな」という読み方から言葉の意味を持つ読み方に置き換えられている数字の語呂合わせです。

397は、『2020年egg流行語大賞』で第10位、『2019年ティーンが選ぶトレンドランキング』の流行ったコトバ編で第9位にランクインし、10~20代の若者の間で流行しています。

397の発祥は定かではありませんが、流行の後押しとなったのは、アーティストのレペゼン地球さんがお酒を飲むときのコールを歌った楽曲である『ぽしゃけかーにばる』の歌詞に使われたためと言われています。

また、インスタグラムなどのSNSで、ハッシュタグをつけて「#397」とよく使われています。
ありがとうよりも、短くて打ち込みやすく、より親しみのある表現になります。
気軽に使えることが、若者の間で広く使われるきっかけになったのでしょう。

397は、数学では78番目の素数として扱われますが、流行語の397(サンキューな)とは関係ありません。
また、397は素数のため、素因数分解ができない数字です。

  • 教えてくれて397。
  • 今日は、遊んでくれて397。
  • 最後まで配信見てくれて、397。