「オブジェクト」・「インスタンス」・「クラス」の違いは?【ゲーム用語集】

オブジェクト

オブジェクトとは?

オブジェクトとは、操作や処理の対象となっているデータや実体のことです。

オブジェクト(object)には、英語で「(知覚できる)物・物体」「対象」「目的」「客観」といった意味があります。

オブジェクトが指すものは現実の世界に存在するものだけでなく、概念や現実の世界には存在しないものを指すこともあります。

オブジェクト指向プログラミングでは、互いにしっかりと関連しているデータと手続き、つまり処理手順を1つのまとまりとして定義したものをオブジェクトと呼びます。

エクセルにおけるオブジェクトとは、セルから独立して操作できる対象のことで、具体的には図形・グラフ・ファイルなどのことです。

  • javaは「オブジェクト指向」のプログラミング言語である
  • javascriptではオブジェクトに入っているそれぞれのまとまりを「プロパティ」と呼ぶ

インスタンスとの違いは?

インスタンスとは、コンピュータープログラムやデータ構造などを、コンピューターに組み込まれているメインメモリで展開して処理・実行することです。

インスタンス(instance)には、英語で「例、実証」「場合、事実」といった意味があります。

オブジェクト指向プログラミングでは、クラス定義に基づいて生成されたデータと手続きの集合として実体化された具体的なオブジェクトをインスタンスと呼びます。

オブジェクトとインスタンスはしばしば混同されますが、インスタンスはオブジェクトの一種であり、オブジェクトとインスタンスは同じではありません。

オブジェクトにはクラス以外からできるものが含まれる一方で、インスタンスはクラスで構成されたもののみを指し示すという違いがあります。

クラスとの違いは?

クラスとは、オブジェクト指向プログラミングにおける特定の機能や役割を持たせたプログラムやオブジェクトのひな形のことです。

クラス(class)には、英語で「(共通の性質を持つ)部類・種類」「(学校の)クラス、組」「授業」「講習」といった意味があります。

クラスには、オブジェクトで取り扱うデータや値であるプロパティとどのような動きや機能ができるのかを表した関数と呼ばれるメゾットが書かれており、オブジェクトの設計図ともいえます。