安牌の意味とは?【ゲーム用語集】

安牌

安牌とは?

安牌とは、安全牌という麻雀用語の略語で、読み方は「あんぱい」です

意味は、麻雀で捨てても相手に振り込まない(ロンされない)牌の事です。

元々は、麻雀用語でしたが、日常の会話でも「安全な」、「問題がない」、「危険がない」という意味で使用されることがあります。

また、反対の意味として、相手に振り込みそうな牌のことを、危険牌と呼びます。

基本的に安牌とは、相手に振り込まない牌の事を指しますが、それだけではなく、安全が予想できる牌の事も安牌と呼ぶこともあります。

安牌と呼ばれるものには、

  • 完全に安全な牌
  • 筋(スジ)から予想した安全牌
  • 壁から判断する安全牌

などがあります。

完全に安全な牌とは、他のプレイヤー全員が共通して捨てている牌の事を指します。
また、自分のひとつ前の人(上家)が捨てた牌も、その一巡の間だけ完全に安全な牌となります。

次に筋(スジ)から予想する牌ですが、こちらは完全に安全な牌に比べると信頼度はかなり落ちてしまいます。
筋(スジ)とは、捨てる牌に困った際に、牌を選ぶ手段として有効ですが、相手が単騎待ちで待っている場合など、振り込んでしまう可能性があるので過信は禁物です。

壁とは、自分から見えている牌が同一牌で4個ある場合、その牌を使った待ちはないと判断して捨て牌を考える方法です。

このように、安牌を考えるだけでも奥の深い麻雀ですが、気軽にオンライン対戦のできるゲームとして「雀魂」がオススメです。

最近ではVtuberの方も頻繁に配信されていますし、初心者の方にも安心なチュートリアルがあるので、基本を学びつつ対戦を楽しむことができます。

  • 安牌ばかりの人生を送っていたら、つまらないじゃないか。
  • 筋を読んで安牌だと思って牌を捨てたら、相手は単騎待で振り込んでしまった。