アドリブの意味とは?【ゲーム用語集】

アドリブ

アドリブとは?

アドリブとは、「音楽的な意味で自由」を意味する音楽用語、上演芸術の用語です。

音楽では楽譜を離れて自由に演奏すること、演劇では台本にない台詞・演技などをその場の雰囲気に合わせて即興で挿入することを指します。

アドリブは、ラテン語の「ad libitum(アド・リビトゥム)」の略であり、それがアメリカに伝わって「ad lib」と略され、日本に伝わり今の「アドリブ」という言葉として使われるようになりました。

アドリブを英語で表すと、ラテン語から伝わった「ad lib」と、「ad lib」よりも広い範囲で使われる「improvise」になります。

アドリブの類語には、その場で考える必要がある時に使用する「即興」や、その場に合った行動をする必要がある時に使用する「臨機応変」などがあります。

アドリブの対義語には「台本通り」「打合せ通り」が当てはまります。

  • 台本がなくても話せる人はアドリブ力がある。
  • 台詞を忘れてしまったがアドリブで乗り切った。

コンピュータではなく人間が進行管理を行なうRPG全般のことを「TRPG」といいます。

TRPGとはテーブルゲームのジャンルの一つで、ゲーム機などを使わずに、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ対話型のRPGです。

しかし、ルールから逸れてアドリブを入れて遊ぶ人もいるそうです。