私信とは?【ゲーム用語】

私信

私信とは?

私信とは、主にアイドルのファン界隈で使用されており、アイドルから特定のファンに向かってリアクションや反応をもらえることをいいます。

語源は、「私信」本来の意味である「個人的な」や「内密な」から来ており、「アイドルと自分だけが分かる秘密のやりとり」を指す言葉として使われるようになったとされています。

オタク用語の「私信」も、ビジネスの場面で使用される「私信」と同様に「ししん」と読みますが、同じ読み方でも意味合いは異なるため、注意しましょう。

よく目にするのは、SNSなどの不特定多数が見る媒体で特定のファンに向けて反応した内容を書くといったものです。

例えば、握手会で「髪型変えたんですね!似合ってます!」と伝えたら、後日SNSで「新しい髪型をファンの子も気に入ってくれて嬉しかった」と呟きがあったときに「私信きた!」と伝えた本人は感じます。

しかし、中には本当にその影響なのか偶然なのかわからないものも多く、「私信」と思っていたけど勘違いだったということも少なくありません。

「自分が贈ったプレゼントを身に付けた写真をSNSにアップしてくれた」、「アイドルからDMが届いた」などは確定的な私信と言えるでしょう。

SNSで使用されている「私信キャッチ」とは、自分の思いや要望に気づき、推しが実行してくれることを意味します。

「私信待ってます」は推しに対してリクエストを送るときに使用し、「私信キャッチしました」は推しがリクエストに応えてくれたときに不特定多数の人に向けた公開報告の意味合いも兼ねて使用します。

「これは間違いなく、自分の要望に推しが応えてくれた!」という私信の確率が高い時には「私信キャッチすぎる」と言います。

自分の思いやリクエストが推しに届いたときには「私信きたー!」と叫び、主に私信ツイートと一緒に使用されることが多いです。

私信ツイートとは、私信をTwitterで公開することをいいます。

例えば、推しに「眼鏡をかけてほしい」と送ったメッセージのスクリーンショットと、実際に推しが眼鏡をかけて自撮りした写真を一緒にツイートします。

このように推しに自分のメッセージが届き、実践してくれた証明として「自分と推しの二人だけのやり取りを公に公開することを「私信ツイート」といいます。

私信は運次第のため、推しに私信キャッチされたら心の底から「私信きたー!」と叫びましょう!

  • 私信だって信じてる!
  • この髪型にしてくれないかなー! 私信キャッチ待ってます!
  • ついに私信キャッチしました! 私信きたー!