痛バの意味とは?【ゲーム用語集】

痛バ

痛バとは?

痛バとは痛いバッグの略です。

主にアニメや漫画のキャラクターが描かれた缶バッジ、キーホルダー、ラバーストラップ、ぬいぐるみなどのグッズを大量につけたトートバッグやリュックのことを指します。

キャラクターへの愛情表現アピールとして作成されますが、見る人によっては「見ていて痛々しい」という意味からそう呼ばれています。

痛バの作り方は大きく分けて以下の2つがあります。

  • 布のバッグを使う
  • 市販されている痛バ用の透明窓付きのバッグを使う

100円ショップでも痛バに使えるバッグやポーチなどが手に入るので、安い材料で作ることが可能です。

一方でWEGOのようなアパレルブランドも痛バ用のバッグを販売しているので、普段使いできるようなオシャレな痛バも作れるようになりました。

とは言え冷ややかな目で見られることもある痛バ、場やマナーを弁えて楽しみたいものです。

  • 「初めての痛バできました!」
  • 「次のイベント用に痛バ組んだ」