ちなの意味とは?【ゲーム用語集】

ちな

ちなとは?

ちなとは、『ちなみに』を省略した用語です。
『ちなみに』は、それまで述べてきたことに補足を付け加えるときの接続詞として使います。
『ついでに言うと』『付け足して言うと』という意味です。

「ちなみに〇〇」や「ちなみに〇〇だけど」と言いたいときに「ちな〇〇」という使い方をします。
TwitterやInstagramなどのSNSを中心に使われるネット用語です。

『ちな』は、掲示板サイトの2ちゃんねるで使われ始めました。
2ちゃんねる内には、多くのスレッドがありますが、そのうちの1つである『なんj(なんじぇい)』が由来です。

なんjは『何でも実況J』の略で、幅広いジャンルの実況や雑談を行う場です。
なかでも、野球好きのユーザーが多いという特徴があります。
野球ファンどうしのチャットで、「ちなみに東京ヤクルトスワローズのファンだけど」を「ちなヤク」と省略したことで『ちな』が生まれました。
その後、『ちな』の部分だけが他の表現でも応用され、広く使われるようになりました。

『ちなみに』はビジネスでも使われる用語ですが、『ちな』はビジネスの場では使われません。
『ちな』は仲のいい人どうしで使う用語です。
ただし、気の置けない相手だとしても、使いすぎるとうざいと思われることがあるので注意が必要です。

  • おなかすいた。ちな朝ごはん食べてない。
  • 仕事は、完璧よりもはやく終わらせるほうが大事だ。ちなニート。
  • 今度、オンライン飲み会しよう。ちな今日ひまだよ。