カードゲームにおけるムーブの意味とは?【ゲーム用語集】

ムーブ

ムーブとは?

ムーブとは、動きや立ち回りを意味するネットスラングで、動くを意味する英単語の「move」が語源とされています。

ゲームにおける動きや戦略のことを指し、「勝つために取るべき理想の動き」という意味で使われることが多いです。

コスト制のカードゲームにおいて、ターン毎に余りも不足もないコスト通りの手を出す動きのことを「理想ムーブ」といいます。

スマホカードゲーム「シャドウバース」で、2017年当時最強と言われていた「ニュートラルヴァンパイア」には、以下の理想ムーブがあります。

1ターン→ゴブリン(1コスト)
2ターン→トーブ(2コスト)
3ターン→ゴブリンリーダー(3コスト)
4ターン→アリス(4コスト)

ターン毎に適切なコストでカードを出す動きから、「理想ムーブ」と名付けられました。

「戦犯ムーブ」とは、敗戦につながる動きのことをいいます。

任天堂のアクションゲーム「スプラトゥーン」のような協力型や対戦型の大人数で行われるオンラインゲームで負けの原因となってしまった手際の悪い動作や行動に対し、使用されます。

ゲームにおいて足を引っ張ってしまったプレイヤーは、「戦犯」と呼ばれています。

大抵のゲームは序盤の動きにパターンがあり、定型にのっとって進行する動きのことを「定石ムーブ」といいます。

定石とは囲碁の最善手のことで、身近な言葉に置き換えると「王道」と同類の意味です。

定石ムーブを知らずに対戦して負けの要因になってしまうと、「戦犯」と見なされてしまうので、注意しましょう。

天才的なゲームプレイをした場合は、「天才ムーブ」といいます。
天才ムーブにはこれといった定義はなく、天才的ゲームプレイの種類はさまざまです。

ゲームに限らず、行動そのものやスポーツでの動きを表す言葉としてもネット上で使用され、日常生活で使われることもあります。

日常生活で使用される「天才ムーブ」は、日常における自分の行動や相手の行動を褒め称えたいときに使用します。

自分の行動がスムーズに進み、成果も出ているときに「天才ムーブかましてる!」というように使いましょう。

また、友人が素晴らしい対応をしてくれたときにも感謝の言葉として「最高の天才ムーブをありがとう!」と使用したりします。

APEXなどのFPSゲームでの「ムーブ」はフィールドのどこに移動するかの戦術のことを指します。

敵を数多くキルしにいくムーブはキルムーブと呼ばれ、アンチに真っ先に入る動きはアンチムーブと呼ばれ、敵とあまり戦わず優勝を狙うムーブをチャンピオンムーブと呼んだりします。

  • 理想ムーブでゲームに勝利!
  • 定石ムーブは大事!
  • 戦犯ムーブで足を引っ張ってしまった…