kickの意味とは?【ゲーム用語集】

キック

kick(キック)とは?

オンラインゲームで、特定のプレイヤーをチームやパーティーなどから追放することです。

英語でkickは、「蹴る」という意味です。

「kickする、kickされた」という言い方も使いますし、「ゲームから蹴られた」、「迷惑プレイヤーを蹴った」という言い方もします。

kickは、基本的に迷惑プレイヤーに対して使われます。

FPSでは、チートを使う、迷惑チャット(他人を傷つけたりする暴言、下ネタ等)をする、味方を故意に何度も殺したりする、チームメンバーに対して使われます。

また、MMORPGでは、上記を行うパーティーメンバー、同じクラン・ギルドのメンバーに対して使われます。

基本的にkickの権限は、パーティーであればパーティーリーダー、クランであればクランのリーダーが持っています。

PCなどのゲームで個人が管理するサーバーでは、サーバーを管理する管理者にキックの権限があります。

ここで問題になるのが、「理不尽なkick」についてです。

理不尽なkickには、

  • 何も悪いことをしていないのにkickされる。
  • 嫌がらせを目的としたkick。
  • リーダーと揉め、一方的にkickされる。

などがあり、kickする側の勝手でkickされるものです。

FF14でも初期の頃は、ダンジョンで数回ミスをしただけでkickをするパーティーリーダーも多く、それが原因で結局は他のメンバーも抜けていき、パーティー解散という事も珍しくありませんでした。

  • ダンジョンで報酬を受け取る直前にkickされた。
  • 募集されていたレベルよりも低かった為、kickされた。