アーティファクトの意味とは?【ゲーム用語集】

アーティファクト

アーティファクトとは?

アーティファクトとは、考古学や古人類学において、人工的に作られている歴史的なモノという意味があります。
しばしば「人工遺物」という言葉にまとめられています。

ちなみに、人工的に作られているものといっても、建築物はfeature(フィーチャー)と呼んで、区別されています。

遊戯王における「アーティファクト」とは、モンスターカードでありながら、魔法、罠ゾーンにセットできるという効果を持っているため、相手のターンに特殊召喚を行える可能性のあるカードの種類をさしています。

シャドウバースでの「アーティファクト」も遊戯王と同じく、アーティファクトの名前を持つカードでデッキを作ることで、高い効果を発揮するものとなっています。

その他のゲームやファンタジーを題材にした作品には、度々アーティファクトと呼ばれる、作中の古代時代に制作されたアイテムが出現しています。
これらのアーティファクトは、現代では廃れてしまっている、古代の高度技術を利用できるものとなり、とても有効なアイテムであることが多くなっています。

  • アーティファクトの展示会に行くのが好きだ。
  • アーティファクトデッキは使いやすくて気に入っている。
  • このアーティファクトのアイテムは、とても強い。