トゥンクの意味とは?【ゲーム用語集】

トゥンク

トゥンクとは?

トゥンクとは、ドキドキなど「胸のときめき」を意味するネットスラングです。

他人への恋愛感情だけでなく、自己愛にも使われることがあるオノマトペ(擬音語)の一種です。

恋愛感情では、漫画などで、今まで何とも思っていなかった異性の、ふとした言動に胸がキュンとしたりドキドキするような状況の描写に用いられることがあります。

TwitterやInstagramなどで、小さなお子さんを育児中のお母さんが日々の出来事を漫画にして投稿しているのを見たことがあるかもしれません。

その中で、お子さんの可愛らしい言動に対し、「トゥンク…」と表現していることも多いです。

死語と言われたりもしていますが、SNSでも未だに見受けられますので、死語とは言えないでしょう。

トゥンクの元ネタには諸説あると言われています。

そのうちの一つが、ときめきの擬音語である「トクン」が「トゥクン」と変化し、そこからさらに「トゥンク」になったのではないか?というものです。

しかし、確証がないため、どれが元ネタなのかはわかっていません。

トゥンクの類義語には、「ドキッ」「胸キュン」「ズキュン」などがあります。

ネットスラングでは「きゅんです」があり、これは動画アプリ「TikTok」で流行したものです。

トゥンクは、単体だけでなく顔文字と合わせて使うと、より気持ちを相手に伝わりやすくなります。

ドキドキした時などに使う「頬を赤らめた顔文字」や、「照れて顔を手で覆っている顔文字」を使うと、文章だけと比べると大分印象が変わりますよね。

最近では「トゥンク」のスタンプもあるので、お気に入りを探してみるのもいいでしょう。

  • 「大人になったらママと結婚する!」『(トゥンク…)』
  • 推しの言動が、いちいちトゥンクだ…。