ネガキャンの意味とは?【ゲーム用語集】

ネガキャン

ネガキャンとは?

ネガキャンとは、ネガティブキャンペーンの略です。
英語の『negative campaign』からきています。
競争相手の欠点を批判して相手の評価を落とし、自分が有利になるようにする戦略を意味します。

元は政治の用語です。
政治でのネガキャンは、選挙で対立候補の欠点を指摘して相手の信頼を損なわせ、自分が有利になるようにする戦略をいいます。
ネガキャンという用語が生まれたのは、アメリカの大統領選挙だと言われています。
政治での意味が派生し、選挙という限定された場面だけではなく、ビジネスやネットなど、広い場面で使われるようになりました。

ゲームでのネガキャンは、自分のキャラクターを弱いとアピールすることです。
ゲームプレイ上、自分が有利になるように運営側に仕様を変更させることを目的として行われます。
プレイヤーのネガキャンにより、実際に仕様が変更になったゲームもあります。

対義語は、ポジキャンです。
英語のポジティブキャンペーン(positive campaign)の略です。
人や商品の長所を伝えて興味を持ってもらうことを意味します。

車のネガキャンは、ネガティブキャンバー(negative camber)の略で、ネガティブキャンペーンとは別の意味です。
タイヤの上の部分が内側にかたむき、正面からみたときにハの字に見える状態を意味します。
反対に、上の部分が外側にかたむき、正面からみたときにVの字に見える状態をポジティブキャンバー(positive camber)といいます。

  • ネガキャンはデマも多い。
  • ネガキャンはださいから、やめたほうがいいよ。
  • 好きな商品をつくっている企業がネガキャンしていて、イメージダウンした。