辻とは?【ゲーム用語集】

辻

辻とは?

辻(つじ)とは、十字状に交差する道路という意味です。

辻という漢字で広く知られた単語に、「辻斬り」があります。
意味は、「武士が刀剣の切れ味や自分の腕を試すために往来で通行人を斬ること」また、「それを行う者のこと」です。

ゲームでは、辻ヒール、辻バフなどと使用されます。

主にMMORPGで使用されるこの言葉は、街中やフィールドなどで他人に回復やバフをかける事を指します。

辻斬りには、突然物陰から切りかかられるというイメージがありますが、辻ヒール、辻バフも突然かけられてから気づき、お礼を言うことも多いです。

赤の他人にヒールやバフをかけても、得になることは何もないのに続けている、こういういろいろな人がいるのがMMORPGのおもしろさです。

韓国のNCSOFTが2008年にサービスを開始した「リネージュ2」(LineageⅡ)は、辻ヒールや辻バフを行う人が多かったゲームのひとつです。

ヒールやバフは主に回復職が担当しています。
回復職にはヒューマンのクレリックや、エルフのオラクル、ダークエルフのシリエンオラクル、オークのオークシャーマンなどあります。

このゲームは、隣の町や、村への距離がかなり長く、徒歩で移動するにはかなりの時間がかかってしまいます。

町の出口にたたずんで、ひたすら足が速くなるバフ「ウィンドウォーク」をかけまくる、また、すれ違いざまにバフをかけてくれるヒーラーさんには皆が感謝の気持ちでいっぱいになります。

  • 辻バフありがとー(走り去りながら)