「マイナーチェンジ」の意味とは?【ゲーム用語集】

マイナーチェンジ

マイナーチェンジとは?

マイナーチェンジとは既製品の、ある一部をニーズに合わせて変更・改良することを指します。

マイナーチェンジは略して「マイチェン」とも言います。

マイナーチェンジよりも変更や部分改良が多く行われたものをビッグマイナーチェンジといいます。

更に全てが一新され、商品のコンセプトから大幅な変更・改良が施されたものをモデルチェンジ、またはフルモデルチェンジと言います。

マイナーチェンジは小さな変更を繰り返しながら短期間で実施されるのに対し、モデルチェンジは3年に一度など、近年変化したトレンドや技術を取り入れて開発・発売されます。

ゲームの中でマイナーチェンジ版が多く発売されたタイトルといえば、世界的に有名な「ポケモン」シリーズです。

ポケモンシリーズで2006年に「ダイヤモンド」と「パール」というタイトルで同時に発売されたのですが、その2年後にマイナーチェンジ版として「プラチナ」が発売されました。

「プラチナ」は基本的な舞台やシステムなどは前2作と同一ですが、追加のシナリオが遊べたりグラフィックの変更が行われました。

他に、マイナーチェンジと聞いてイメージしやすいのは「自動車」です。
最近の自動車のマイナーチェンジで主流になっているものは電動パーキングブレーキの採用です。

シフト操作と連動して自動でパーキングブレーキが作動し、アクセル操作をすると解除されます。

車内の変更点としては、USBソケットの装備や、助手席アッパートレイにティッシュボックスを収納できたりと、細かな部分ではありますが「あったら嬉しい」機能がマイナーチェンジを機に取り入れられます。

  • あの車はいつの間にかマイナーチェンジをしていたようだ。
  • もうすぐマイナーチェンジ版が発売されます。
  • 今回のマイナーチェンジは前後で見分けがつきません。