ぱおんの意味とは?【ゲーム用語集】

ぱおん

ぱおんとは?

ぱおんとは、感極まって泣きそうなときに使われる言葉です。
音の響きがかわいらしいことから、号泣ではなく、目に涙を浮かべる程度の小泣き感を表現したいときに使われます。

同じく、感極まって泣きそうなときに使われる言葉に『ぴえん』があります。
ぴえんの語源は、泣いている様子をあらわす顔文字の『(ノω≤。)ピエーン』だと言われています。
現在では、瞳をうるませた表情の絵文字で『ぴえん』をあらわすこともあります。

ぴえんとぱおんの意味に大きな違いはありませんが、ぴえんよりも泣きたい気持ちをあらわすワンランク上の表現としてぱおんが使われます

ゾウの鳴き声に似ていることから、ゾウの目がうるんでいる絵文字を使ってぱおんを表現することもあります。

『2020年上半期インスタ流行語大賞』の流行語部門の1位に「ぴえん」、4位に「ぱおん(ぴえん超えてぱおん)」がランクインしています。

ぱおんが流行したのは、YouTuberの『まあたそ』さんの発信で「ぴえん超えてぱおん」が使われたことがきっかけのようです。

ぱおんのゲームとは?

ぱおんを題材にしたゲームに『PAON-ぱおん- BEYOND THE PIEN』があります。

2021年6月に『くそいサイト』で公開された個人制作の3Dホラーゲームです。

『PIEN-ぴえん-』に続くシリーズ第2弾の作品です。
ぴえん顔をした黄色い怪人ぱおんから逃げながら、ぴえんやぱおんのしるしを消していくことでゲームを進めていきます

ホラーらしからぬ明るい曲が流れたり、シュールな展開を楽しめたりする要素もあります。
ホラーゲームならではの緊張感を持ち合わせながら、独特な世界観でプレイヤーを楽しませるユニークなゲームです。

ゲーム『PIEN-ぴえん-』で挿入された、針スピ子さんの楽曲『「ぴえん」のうた』は、その中毒性が話題を呼び、バイラルチャートで1位に輝きました

『PAON-ぱおん- BEYOND THE PIEN』でも、針スピ子さんの楽曲『「ぴえん超えてぱおん」のうた』が挿入されています。

『「ぴえん超えてぱおん」のうた』について、針スピ子さんは「曲名では超えてもぴえんは超えられないと思います」とコメントしています。

それだけ、『「ぴえん」のうた』は注目を集めたということですね。

また、ゲーム『にゃんこ大戦争』にパオンというゾウの見た目をした敵キャラクターがいます。

このパオンは、泣きたい気持ちをあらわすぱおんとは無関係です。

  • テストで赤点とった。ぴえん超えてぱおん。
  • メンテナンス後のアップデートしておくの忘れてて、ぱおん。
  • 電車に乗り遅れた、ぱおん。