塩対応の意味とは?【ゲーム用語集】

塩対応

塩対応とは?

塩対応とは、「素っ気ない対応」「愛想がない対応」「おざなりな対応」のことを指す言葉です。

塩対応の語源は、相手が不快感を得る態度や対応をする「しょっぱい対応」から変化したと言われています。

塩対応の由来は、アイドルが握手会などでファンへの対応が素っ気なく、ファンがそのアイドルに対して「塩対応」と表現したことから世間に広まりました。

塩対応は男性にも女性にもあり、塩対応の男性はサバサバした女性から、塩対応の女性はあっさりした男性からモテるそうです。

塩対応は、対面だけでなくLINEでも感じることがあると思います。

相手が男性の場合は例えば、こちらは絵文字を使って送っても、相手からの返信は絵文字はなく「。」のみだったりすることもありますよね。

しかし、それはどう返信したらいいのかわからないだけで、実は距離感が近くて嬉しいことも多いのです。

他にも、労うLINE、褒めるLINE、感謝のLINEなども塩対応の男性を喜ばせたり、嬉しいと感じてくれるでしょう。

塩対応とは反対の意味で、「神対応」という言葉があります。
その場や状況に相応しい、非常に機転の利いた対応を意味します。

神対応は非の打ちどころがないイメージがあるかもしれませんが、逆に塩対応を好む人もいると思いますので、どちらがいいとは一概には言えないのかもしれません。

  • SNSで一目ぼれしたアイドルに会いに行ったら、塩対応でがっかりした。
  • 同じクラスの〇〇君、塩対応なところがまたカッコイイ!