ゲネプロの意味とは?リハーサルやランスルーの意味との違いは?【ゲーム用語集】

ゲネプロ

ゲネプロとは?

ゲネプロとは、本番直前に舞台上で行う最終リハーサルのことです。
オペラやバレエ、演劇、クラシック音楽(オーケストラ、室内楽など)で使われる業界用語です。

衣装、照明、音響、立ち位置または座り位置など、本番と同じ条件で行った場合の問題点を確認する目的で行われます。

ゲネプロは、ドイツ語の略語です。
ゲネラールプローベ(Generalprobe)が語源になっています。
ドイツでは省略せずに使われる言葉ですが、日本人の影響で『ゲネプロ』という略語が通じる場合もあります。
逆に日本では、もとの語源を知っている人は少ないかもしれません。
ゲネプロは、さらに省略して『ゲネ』と呼ばれることもあります。

本番直前の最終リハーサルのことを『ゲネリハ』ということがありますが、ゲネプロと意味は同じです。

また、練習に参加せずに、ゲネプロの合わせだけで本番を迎えることを『ゲネ本』といいます。

リハーサルやランスルーとの意味の違いは?

よく似た言葉に英語が語源の『リハーサル』と『ランスルー』があります。
どちらもゲネプロとは、意味が異なります。

違いをみていきましょう。

リハーサルとは?

リハーサルは、本番の進行を確認する予行練習のことです。
ゲネプロより前に行われます。
例としては、ゲネプロが本番当日に行われる予定であれば、リハーサルは本番前日に行われるというように、ゲネプロのほうがより本番に近くなります。

リハーサルは、修正ができるという点でゲネプロとは異なります。
ゲネプロは、練習通りに事が進まなくても通しきることができるかを確認する意味合いが強いため、通し練習の途中で中断することはありません。
一方、リハーサルでは、気になる部分は中断し、確認や修正を行っていきます
気になる部分を修正できる最終段階がリハーサルといえます。

ランスルーとは?

ランスルーは、演劇やテレビスタジオで使われる用語です。
カメラテストの後、本番と同じように流れをおさらいする工程のことをいいます。
最初から最後までの流れを重要視しており、途中で止めることはありません。

ゲネプロとの違いは、流れを確認する意味合いが強いため、本番同様の力でやらないことです。
通しの途中に適時打ち合わせが入ることもあります。

  • 9時からゲネプロを開始します。
  • ゲネプロの時間がおしてて、本番までの休憩時間がほとんどないかも。
  • 今回、日程が合わなくて練習に参加できないから、ゲネ本でのるわ。