スコープの意味とは?【ゲーム用語集】

スコープ

スコープとは?

スコープはジャンルによって意味が異なります。

ここでは大きく分けてビジネス用語としての意味と、ゲーム用語としての意味を以下にご紹介します。

ビジネス用語としての「スコープ」は基準となる領域または範囲」を指します。

本来の「見る」という意味でイメージすると捉えやすく、プロジェクトが完遂するまでのプロセスやリソースについても見える化・定量化して共通認識を深めようという意味になります。

情報システムなどの内容を定義することを「プロダクトスコープ」といいIT業界で使われます、プロジェクトの作業内容を定義することを「プロジェクトスコープ」と言いビジネスシーンで使われます。

次にゲーム用語の「スコープ」ですが「倍率を変えて一部分を見る望遠鏡」を指しており、主にサバイバルゲームやFPSで使用されます。

スナイパーライフルなどの狙撃銃を使用した長距離精密射撃を行う際に装備されます。

遠距離のターゲットが肉眼で見えにくい、または見えない時に標的を拡大し狙いを定めることが出来ます。

スコープの構造の特徴として、接眼レンズと対物レンズの間にズームリング、フォーカスリング、が組み込まれており、精密な調整が可能になっています。

また、より精密に照準を調整できるサイドフォーカスノブや、暗闇でも照準が可能なイルミネーション機能を備えたものもあります。

スコープを使用することのデメリットとしては、基本的には精密射撃が前提となり、その場に留まって狙いを定めるので、いざという場合(敵に見つかった場合)に俊敏な行動ができません。

さらには、スコープを使用した照準は片目を閉じた状態で行うのため、周囲の状況把握が困難になります。

サバイバルゲームでスコープを選ぶ際は、まずは4倍程度のスコープを使ってみて感触を確かめると良いです。

そして、より遠距離で狙撃したいなら倍率を大きくし、近距離で使いたいのであれば1~2倍程度のものを選ぶと良いです。

  • 作業スコープを明確にして実行しましょう
  • ノンスコープでヘッドショットを決めました
  • エアガン用のスコープは取り回しやすいものを選びしょう