きょどるの意味とは?【ゲーム用語集】

きょどる

きょどるとは?

きょどるとは「挙動不審になる」を省略した表現です。
「落ち着きがない心理状態で、周囲に怪しまれる様子」という意味になります。

挙動不審の省略形「きょど」に、動詞化するための接尾語「る」を加えて「きょどる」になりました。

「名詞+る」の構造をしている言葉には「きょどる」以外にも「サボる」や「パシる」などがあります。
サボるは、破壊行為を意味する「サボタージュ」に、接尾語「る」を加えて成り立っています。

このような「名詞+る」の構造を持つ言葉は、若者の間で広く使われるようになりました。
その経緯で「きょどる」も世間に広まったというわけです。

実際にこの言葉を使う場合、いつも落ち着きがない友人などに「お前いつもきょどっているよな」と言ってみましょう。
もちろん、これを言われて傷つく人もいるので、よく考えて使う必要があります。

似た意味を持つ言葉に「おどおどしている」「狼狽える」があります。
「おどおどするな」や「狼狽えるな」と言いたい時に「きょどるな」と言い換えることも可能です。

  • ○○君っていつも、きょどっているよね
  • すぐにきょどってしまう癖を治したい
  • クラスのみんなに嫌われていないか、毎日きょどっている