てへぺろの意味とは?【ゲーム用語集】

てへぺろ

てへぺろとは?

てへぺろとは、照れ隠しとして使われる言葉です。

漫画やアニメなどで、照れてしまう出来事があったときや笑いでごまかしたいときなどに、「てへっ」っと笑ったり、舌を「ぺろっ」っとだしたりする表現から、照れ隠しとして「てへぺろ」という言葉がつくられました。

「てへぺろ」は、声優の日笠陽子さんが使い始めた言葉で、彼女が自身のブログで2009年ころから、「てへぺろ」を使用していることが確認できます。

2011年以降、AKB48の渡辺麻友さんやお笑い芸人、はんにゃの金田さんなどがテレビで使い始めたころから、女子中高生を中心に「てへぺろ」が流行り始め、2012年の女子中高生が選ぶ「ケータイ流行語大賞」では、金賞を獲得しました。

「てへぺろ」は、実際での会話よりネット上などのチャットで使用されることが多くなっています。

これは、「てへぺろ」が、自分がミスなどをしてしまい、相手に対して気まずい雰囲気になったときの照れ隠しとして、照れ笑いをしている状況を上手く文字であらわすことができているからだと考えられます。

また、「てへぺろ」を使用するときには、しばしば「(・ω<)」という顔文字が使用されています。

「てへぺろ(・ω<)」と顔文字と同時に使うことで、よりキャッチーでかわいらしい表現にすることができています。

  • 忘れ物しちゃった!てへぺろ(・ω<)
  • 塩と砂糖を間違えてしまいました~てへぺろ(・ω<)