ASMRとは?【ゲーム用語集】

ASMR

ASMRとは?

ASMRとは『Autonomous Sensory Meridian Response』の頭文字をとった言葉です。

エーエスエムアールと読むのが一般的です。
他の読み方には、アスマー、エイスマー、アズマー、エイズマーがあります。

それぞれの単語の意味は『Autonomous=自律』『Sensory=感覚』『Meridian=絶頂』『Response=反応』です。
直訳すると、自律感覚絶頂反応という意味になります。

自律感覚絶頂反応というのは、聴覚や視覚への刺激によって感じる心地よい感覚のことです。
ASMRの心地よい感覚を聴覚や視覚から得ることで、睡眠導入やリラックス効果が期待できると言われています。

ASMRには、動画や音声のコンテンツがあります。
専用のマイクで録音された音源をイヤホンやヘッドホンで聴くことで、実物の音が耳元で再現されているような感覚を体感することができます。

また、ASMRの動画や音声を作成する人のことを『ASMRIST(アスマーリスト)』といいます。

ASMRには、どんなものがある?

ASMRの音源は、数十種類あると言われています。

人気のASMRの1つに、食べ物を噛むときの咀嚼音(そしゃくおん)があります。
食事中の咀嚼音を快く思わない人は多いと思いますが、耳元で聴くと自分が食べている感覚になり、心地よく感じる人もいるようです。

もう1つ、人気のASMRに耳かきの音があります。
耳かきの音は、実際に耳かきをされているように感じ、音だけで耳かきをしているときの心地よさを感じることができるという意見もあります。

他にも、スライムを握ったり切ったりする音やキーボードのタイピング音、料理を作る音、炭酸の音、焚き火(たきび)の音、雨音、海の音、ささやき声など多種多様なASMRがあります。

気をつけなければならないのは、すべての音源がすべての人にとって心地よいわけではないことです。
音源の種類によっては好き嫌いが分かれやすく、なかには気持ち悪いと感じる人もいます。

ASMRで睡眠の質を上げたい、ストレス解消をしたいという人は、雨音や海の音などの自然音から試してみるといいかもしれませんね。

いろんなジャンルを少しずつ聴きながら、自分に合ったコンテンツを見つけていきましょう。

  • ASMRを聴くようになってから、夜眠れるようになった。
  • 最近、ASMR動画を見るのにハマっている。
  • ASMRで配信する用のマイクを買った。