SNSなどで使用するidkの意味とは?【ゲーム用語集】

idk

idkとは?

idkは”I don’t know”のそれぞれの単語の頭文字「I」「d」「k」を取ってできた言葉です。
そのため意味は「分かりません」「知りません」になります。

SNSやネット上のチャットにおいてよく使われるネットスラングです。
英語圏の人たちの間で、特によく使用されます。
何かを質問されて、答えられない時に「idk」と打つだけで、相手に”I don’t know”と伝えることができるのです。

例えば、宿題の問題の解き方を友達に聞かれたけれど、自分も分からない場合に「idk」という風な返答をします。
この場合、idkだけだと素っ気ないので「そこ難しいから僕も解けなかった」などと、言葉を付け加えた方が良いでしょう。

もちろん英語でのやり取りだけでなく、日本人同士でもある程度通じると思います。
ただし、英語やスラングに疎い人には伝わらないかもしれないので、普通に「分かりません」と答える方が無難です。

あくまでもネットスラングなので、ビジネス上のやり取りなど、フォーマルな場での使用はNGです。
友達同士など、カジュアルな場で使うようにしましょう。

idkに似た言葉で「idc」もよく使われます。
”I don’t care”の略語で、意味は「気にしない」「知らない」です。

idkやidcのような、頭文字を取ってできた略語は他にも多数存在します。

よく知られているものだと「OMG」があります。
これは”Oh My God”の略語です。

では「Y」は何の略語かご存知ですか?
答えは”Why”です。
よく使う疑問詞をたった1文字で表せられるのは便利ですね。

英語圏のSNS上での投稿やコメントを見てみると、これらの様な略語は想像以上に使われています。
略語をたくさん知っていると、ネイティブのポストも読みやすくなるので、出会ったら逐一調べてみましょう。

  • 質問者「数学のここの答え分かる?」
  • 回答者「idk、そこマジで難しい」