オマージュの意味とは?パロディやパクリとの違いは?【ゲーム用語集】

オマージュ

オマージュとは?

オマージュ(Hommage)とは、言葉自体はフランス語で、尊敬や敬意、献辞、賛辞を意味します。
英語で言うと、「リスペクト(Respect)」が大体同じ意味になります。

発音はカタカナ表記の「オマージュ」に近く、フランス語では語頭の“H”を発音しません。
英語では「homage」と表記されます。

オマージュは、アーティストやその作品に影響を受け、尊敬や敬意を込めたうえで、模範したような作品を作ることを指す用語になります。

オマージュという言葉は様々な分野で使用されており、映画の分野では「オマージュ作品」、絵画芸術の分野では「オマージュアート」、音楽の分野では「オマージュ曲」があります。

オマージュの類語として、「パロディ」があります。

パロディはオマージュとは違い、必ずしも尊敬や敬意を込めて行われるとは限りません。
どちらかというと、対象作品への尊敬や敬意が欠落したパロディも多いです。

しかし、必ずしも尊敬や敬意が欠落しなければいけないというわけではなく、元ネタ(オリジナル作品)を意図的にユーモアで茶化したものはパロディと言われます。

また、オマージュやパロディに似た行為として、「パクリ(盗作)」があります。

元ネタをそのままコピー、またはトレースしたということが、誰の目から見てもわかること、または疑わしいと思われるもの対して使われます。

「オマージュ」「パロディ」「パクリ」の違いを簡単にまとめると、以下のようなものになります。

  • オマージュ:元ネタに対して「尊敬」「敬意」の念が込められている。
  • パロディ:元ネタに対して批判・揶揄・風刺を目的に模範しているが、ユーモアで茶化したものも当てはまる。
  • パクリ:利益のために元ネタの作品を盗用している。

元ネタには原則として著作権があり、上記3つの違いを判断するのは第三者になります。

元ネタの著作権者の承諾を得ずにその作品を盗用した場合、著作権侵害に引っかかる可能性があります。

オマージュという言葉を使用する場合は、必ず尊敬や敬意がなければいけません

しかし、作成した本人がどんなに尊敬や敬意を込めたオマージュ作品であっても、場合によっては第三者や著作権者が見ると盗作だと疑われてしまう可能性もあるのです。

独断によるオマージュ作品・パロディ作品の創作は、リスクがあることを認識して行いましょう。

  • オマージュは、元ネタがわかると更に面白いです。
  • 「ドラゴンボール」は「西遊記」のオマージュと言えます。