コミットの意味とは?【ゲーム用語集】

コミット

コミットとは?

コミットとは、名詞である「Commitment(コミットメント)」の略語で、目標に対して責任を持って深く関わる」という意味があります。

日本語の文章の中ではビジネスシーンで用いられることが多く、大抵は「積極的に関わる」「深く関わる」「責任を持って取り組む」といったニュアンスを込めて用いられます。

ITの分野では、「処理や変更などを確定させる・反映させる」といった意味で用いられることが多いです。
他にも、複数の処理をまとめて行う「トランザクション処理」において、結果が確定することを「コミットする」ともいいます。

また、「結果」「約束」「関与」のそれぞれにまつわる使い方があり、業界によって使われ方も異なります。

英語には動詞の「Commit(コミット)」という単語もあります。
「委託する」「引き受ける」「約束する」という意味で、Commitmentとほぼ同じ意味を持ちます。

Commitmentを略した「コミット」と、英単語の「Commit」は、ほぼ同じ意味ということになります。

ちなみに、パーソナルトレーニングジム経営のライザップ社は、「結果にコミットする」というキャッチコピーで有名ですね。

ライザップ社の「結果にコミットする」とは、「結果を出すために責任を引き受けて深く関わる」という意味を持ちます。

コミットの最も強い表現で「フルコミット」という言葉があります。
意味では「100%の全力を尽くす」といった捉え方です。

コミットの類義語として、「プロミス(Promise)」があります。

プロミスにも「約束」という意味がありますが、こちらは実体性を意識した言葉として認識されています。

コミットには約束だけでなく、「結果に責任を持つ」という意味が含まれており、こちらは本質性を意識した言葉として認識されています。

コミットの意味を正しく知ることで、IT分野やビジネスシーンで意図をうまく伝えたり、日常会話におけるフレーズの幅が増えたりします。

しかし、「コミットする」というのは結果を保証する言葉ではありません。

特にビジネスシーンでは、正しく認識していないのに軽い気持ちで「コミットする」と発言し、結果を成し遂げることができなかったとしたら、相手の信頼を裏切ることになってしまいます。

使用する時には、相手にそれなりの誠意と覚悟をもって発言するようにしましょう。

  • 今期は今まで以上の売り上げをコミットする。
  • コミットするには覚悟が必要だ。