「とりま」の意味とは?【ゲーム用語集】

とりま

「とりま」とは?

とりあえず、まあ」を略した若者言葉です。

「とりま」の発祥は2006年頃に生まれたギャル語だと言われており、彼女たちが話題を切り替えるときに「とりま○○」と使っていたことが当時の若者の間で流行し定着しました。

「とりま」は、会話の途中で話題を変える時だけではなく、こちらが発言することを強調したい時にも使用されます。
他には形容詞として使われることもあります。

「気軽」に使える俗語ですから、オンラインゲームでチームメンバーとコミュニケーションをとる時に重宝します。

チームの意見をまとめたい時(チームの目的を統一したい時)に「とりま、それで」とか、オンラインから抜ける時などに「とりま、抜けます」など気軽に使えます。

他には、簡易的な会話の相づちとしても使えます。

「○○とか、どう思う?」など返答に困るような話題を振られても、「とりま○○がいいよね」ように「とりま」を付与してオウム返しするだけでそれなりに聞こえます。

このように、会話の中に「とりま」を付与するだけで、賛同の意思を示しやすくもあり、否定しやすくもあり、会話の展開をコントロールしやすくなるので非常に便利です。

一時期”とりま”は死語と言われましたが現代においても若者の中で使われています。

”使われています”と表現しましたが、この「とりま」は日常の会話の中で使われることは少なく、親しい仲間内とのLINEや、Instagramなのコメントなど、文字でコミュニケーションを行う場で使われます。

注意点としては使う場所や使う相手には十分に気を付けなければなりません。年上の人や、目上の人には勿論のこと、真面目なシーンやビジネスシーンでは使わないようにしましょう。

  • ”とりま”ビール
  • わかんないから”とりま”調べてみる
  • ”とりま”LINEしておきます

「とりあえず」の意味で「とりあ」という類義語があり、「とりま」と同じように会話の中で使われることがあります。

ただし、「とりま」よりも認知度としては低いのであまり使用されていません。