モッパンの意味とは?ASMRの意味との違いは?【ゲーム用語集】

モッパン

モッパンとは?

韓国発祥のモッパンとは、飲食するシーンを配信する動画コンテンツのことです。

言葉の由来は韓国語で、「食べる=먹다(モクタ)」の「モクと、「放送=방송(バンソン)」の「バン」を合わせた造語になります。

日本人が「먹방(モクバン)」の実際の発音を聞くと「モッパン」に聞こえることから、この言葉が生まれました。

モッパンの始まりは、2008年に韓国ナンバー1のライブストリーミングプラットフォーム「AfreecaTV」からスタートし、2年後の2010年ごろから人気が出始めたとされています。

韓国の細身の人気YouTuberがモッパン動画を投稿し始めたことで、美味しそうに食べる姿が視聴者にヒットし、モッパンブームが生まれました。

現在では、YouTubeで「モッパン」を検索をしてみると、韓国人YouTuberが韓国グルメを食べている動画がたくさん出てきます。
最近では韓国人YouTuberだけでなく、日本人YouTuberもこのモッパン動画を使っています。

モッパン動画の見どころは、何といってもその食べ方ではないでしょうか。

大きなスプーンに、他の人では考えられないほどの大口で、しかも一口で頬張ります。
ただ食べているだけの動画ですが、見ていてとても気持ちがよく、人気を集めています!

モッパンと似た意味として、ASMRという言葉があります。

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略語で、「人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚」を指します。

モッパンとASMRの違いを簡単に言い換えると、

  • モッパン=視覚的に食事シーンに特化し「食べる姿を見せる動画」
  • ASMR=感覚的に音に特化し「食べてる音を聞かせる動画」

ということになります。

ちなみに、モッパンは日本食を食べる番組も当てはまります。
日本で2012年から放送が始まったドラマ『孤独のグルメ』は、食ドラマブームを巻き起こした「モッパン」ドラマの代表格と言えるでしょう。

  • 「孤独のグルメ」はモッパンだけあって、見ていると食べたくなる。
  • モッパン動画は本当に美味しそうに食べるので、見ているだけで気持ちがいい。

モッパンの人気Youtuberといえば、韓国人のBokiさんが有名です。

色んな種類のモッパン動画を投稿しているので、モッパンがどんなものなのか知りたい方は、Bokiさんの動画をお勧めします。