ぐうしこの意味とは?【ゲーム用語集】

ぐうしこ

ぐうしことは?

「ぐうしこ」とは、「えろい」という気持ちを表すときに使われる言葉です。

アニメや漫画のキャラクターなどに対して、「えろい」という性的な感情を抱いたときに、直接的な言葉以外で表現するために、男性のオタクを中心に使われ始めました。

「ぐうしこ」のあいまいさやキャッチーな雰囲気から、今では女性の間でも使われている言葉となっています。

他にも、「めちゃしこ」「どちゃしこ」などの表現も存在しています。

ぐうしこを理解するため、「ぐう」「しこ」に分けて考えることができます

まず、「しこ」ですが、男性の自慰行為の俗称「シコシコ」から派生したものです。
そのため、「ぐうしこ」のほかに、同じ意味で「しこい」と表現することもあります。

これらは、コンテンツに対して性的な魅力を感じたときに使われます。

また、「しこ」という言葉の派生として「シコリティ」という言葉もあります。
こちらは「しこ」と「クオリティ」が合わさったもので、魅力を感じる質が高いというときに使われます。

次に、「ぐう」ですが、「ぐうの音も出ない」という言葉が由来となっています。

こちらは、ネットの掲示板などで、「ぐうの音も出ないほど、畜生」という意味で「ぐう畜」という言葉が使われ始めたことがきっかけと言われています。
「とても」「すごく」という意味です。

ぐうしこ以外にも、とてもかわいいという意味の「ぐうかわ」や、とても優しくまさに聖人君主のようであるという意味の「ぐう聖」などといった言葉もあります。

当初ぐうしこは、男性が「えろい」という気持ちを表現するために、そのまま「えろい」という意味でつかわれていました。

しかし、SNSなどで言葉が広まると同時に女性もぐうしこという言葉を使い始めると、すこしずつ言葉のニュアンスが変わるようになっていきました

その結果として今では、直接なエロティシズムを感じた時というより、フェティシズムを感じた時に使うことが多いようです

また女性の中には、エロとは無関係に、ただ純粋に「好き」と感じたり「かっこいい」「かわいい」と感じたりした時にも「ぐうしこ」と使う人もいるそうです。

しかし表現の幅が広がった一方で、誤解も与えやすい言葉なので、使うときには注意や配慮が必要となっています。

  • ○○ちゃんぐうしこだわ~。
  • 今のシーンぐうしこだったので、10回リピートしました。
  • ○○のあの仕草ぐうしこ。