RMTの意味とは?【ゲーム用語集】

RMT

RMTとは?

RMTとはリアル・マネー・トレード(real money trade)の略で、オンラインゲーム内の通貨やアイテム、またはアカウントそのものを現実の通貨や物品、電子マネーを使って取引する事です。

法律的には問題がないとされていますが、日本国内のほとんどのゲームでは利用規約によって禁止されています。

ゲーム(特にRPG)においては、長時間のプレイによるキャラ育成や、レアアイテムの収集が、攻略の為の手段として組み込まれています。
他のプレイヤーより強くなる事が目的の一つとなっているオンラインゲームではそれらの必要性は更に高まり、ゲームに費やす時間や試行回数を現金で購入するRMTは、オンラインゲームの発展と共に行われてきました。

ゲームに時間を費やせるプレイヤーと、強くなりたいが時間をかけられないプレイヤー間の、需要と供給で成立するRMTですが、多くのゲームで禁止されている理由は何でしょうか。

それはRMTが広がる事で、ゲームバランスや公平性の維持が難しくなったり、不正ツールや詐欺による被害が蔓延するためだとされています。

このためRMTは利用規約で禁止されている事がほとんどで、それを破るとアカウント停止(BAN)などの重いペナルティが科せられます。

  • RMTで強くなって楽しいの?
  • 勝ちたいけどRMTだけはしたくない!
  • ランキング1位のアカウントがRMTでBANされたぞ