ゲーム用語集

バズるの意味とは?【ゲーム用語集】

バズる

バズるとは?

バズるとは主にSNS(Twitter、Facebook等)などのインターネット上で多くの人の注目を集め、短期間で爆発的にある事柄(人、行動、言動等)が注目を集めることを言います。

簡単に言うと「バズる=人々の話題になる」と言うことです。

バズるの語源は、「バズマーケティング」と言うマーケティング用語からきているとされています。
バズマーケティングとは売りたい商品やサービスをSNSや口コミで広げて世間の人に商品のことを知ってもらって、買ってもらう手法のことです。

このバズるは英語で「Buzz」と書きます。

この「Buzz」の意味は、「蜂がブンブン飛び回る音」や「たくさんの人が一つの場所に集まり噂話をする」と言った意味があります。

このバズると言うのはどちらかというとポジティブな印象のイメージで使われることが多いです。

例えば、「コンビニのあのスイーツが美味しい」や「あの人の芸が面白い」など様々なポジティブなイメージに「バズる」が使われるのに対して、「あいつの行動は最悪だ」などといったネガティブなイメージのことが広まり口コミになるのは、「炎上」と表現されることが多いでしょう。

このバズると言う言葉にしっかりとした基準の数値はありません。

Twitterで言うと、自分の投稿が今までしてきた過去の投稿より2、3倍の人に「いいね」を押されたり、明らかに注目を浴びていると感じる時はバズっていると言っても良いでしょう。

バズるコツとしては、画面の向こうの相手に「これは面白い」や「これはみんなに教えてあげたい」と共感してもらうような事や言葉を投稿する事です。

これがなかなか難しいのですが、注意点としては「意外性が全くない」や「わかりにくい文章や写真」、「賛否両論が出てしまう話題」など自分だったらいいねを押さないような投稿は避けるべきだと思います。

他にもバズりやすい時間帯というものがあるそうで平日と休日でまた少し話は変わりますが、Twitterでは「5時・11時・15時・20時」がバズりやすいそうです。

理由としては、朝起きて携帯を触る時間の少し前(5時)や昼休みの食事の時に携帯を見る少し前(11時)などの人々が携帯を触る時間、つまりみんなが携帯を開きSNSを見る時間の少し前と言うのがポイントのようです。

eスポもバズって注目を集めてみたいものですね😊

  • 俺のこの前の投稿がバズっていいねが1万を突破した。
  • 昨日の夜にした投稿がバズって朝まで通知が鳴り止まなかった。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧