フレームレートの意味とは?リフレッシュレートの意味との違いとは?【ゲーム用語集】

フレームレート

フレームレートとは?

フレームレート(frame rate)は1秒間に画面に表示される静止画の数のことです。
単位は、FPS(frames per second)であらわします。

フレームレートの値が大きいほど、画面に表示される動きがなめらかになります。

自然な動きに見えるフレームレートは、24~30FPSと言われています。
テレビは30FPS、最近のゲームは60FPSに設定されているものが一般的です。

『Apex Legends』など敵の動きを予測して自分の行動を決めるゲームでは、フレームレートを高く設定することで戦いが有利になります。

  • フレームレートは、目的別に設定を決めたほうがいい。
  • フレームレートを上げると戦いやすくなる。
  • ゲームのフレームレートは60FPSに設定するのがおすすめ。

リフレッシュレートとは?

リフレッシュレート(refresh rate)は1秒間に画面が切り替わる回数のことです。
単位は、Hz(hertz / ヘルツ)であらわします。

リフレッシュレートの値が大きいほど、画面の動きがなめらかになります。

フレームレートは動画の性能をあらわすのに対し、リフレッシュレートはディスプレイの性能をあらわします。

フレームレートとリフレッシュレートは、どちらかが高ければ画面がなめらかになるわけではなく、用途に応じてそれぞれ設定する必要があります。

テレビやパソコンは、60Hz以上に設定されているものが一般的です。
プロゲーマーの多くは、144~240Hzのディスプレイを使用しています。
そのため、FPSゲーム(ファーストパーソン・シューティングゲーム)のリフレッシュレートは144Hz以上がよいと認識されています。

  • リフレッシュレートが低いと頭痛や眼精疲労の原因になる。
  • ゲーム用のパソコンでは、リフレッシュレートの値が大切。
  • 基本的なリフレッシュレートの値は、60Hz(ヘルツ)だ。