ひでぶの意味とは?

ひでぶ

ひでぶとは?

ひでぶとは、1984年よりアニメもTV放映されていた漫画「北斗の拳」のキャラクター「ハート」の断末魔の叫びです。

この他に有名な断末魔としては、あべしがあります。

ハートというキャラクターは、KINGを名乗るシンの部下の一人です。
どんな攻撃も吸収してしまう”拳法殺し”といわれた脂肪の塊のような肉体を持っています。

しかし、主人公ケンシロウと戦った際、その厚い脂肪の塊を高速なパンチで掻き分けられ、繰り出された北斗柔破斬により爆死します。

  • お前はもう死んでいる。ひぃ、ひでぶ!

北斗の拳の作画を担当した原哲夫氏は、この言葉の由来として「ひで」(痛てぇ)と体の破裂する音「ぶ」を合成させたものだとコメントしています。

また、アニメ北斗の拳に登場する雑魚キャラのユニークな断末魔は根強い人気があり、声優の千葉繁さん演じる雑魚キャラは特に人気があります。