ゲーム用語集

レートの意味とは?【ゲーム用語集】

レート

レートの意味とは?

レート(rate)は英語で「割合」「比率」「相場」という意味があります。
元の語源はラテン語の『ratus』で、「計算する」という意味が「割合」や「比率」に変化していきました。

レートは、ゲームのほかにも旅行や投資、医療などさまざまな分野で使われている用語です。

ゲームで使われるレートには大きく2つの意味があります。
1つは、シューティングゲームで使われるフレームレート(frame rate)またはリフレッシュレート(refresh rate)です。

もう1つは、対戦型のゲームで使われるレーティングシステム(rating system)です。

フレームレートは1秒間に画面に情報出力される回数、リフレッシュレートは1秒間に画面が更新される回数をあらわしています。

どちらも回数が多いほど、画面上に表示される動きがなめらかになります。
シューティングゲームでは、敵の動きを予測して自分の行動を変えていく要素があるため、フレームレートを高く設定することが大切になってきます。

レーティングシステムは、個人の成績やランキングのことです。
レート戦と呼ばれることもあります。

勝敗によって自分と相手の点数の割合が増減し、全体の中の自分の成績がわかるシステムです。

旅行や投資で使われるレートは、為替(かわせ)レートのことです。
FX(Foreign Exchange)レートとも呼ばれています。

国境をこえた通貨の交換のことを為替といいます。
為替レートとは、通貨交換のさいに生じる取引価格のことです。

為替取引で使われる主な通貨にはドル、円、ユーロ、ポンドなどがあります。

医療でのレートは、ハートレート(Heart Rate)のことで、心拍数を意味します。

  • フレームレートを上げたほうが戦いやすくなる。
  • 自己最高レートを更新した。
  • 為替レートは、動きをあてるのが難しい。
  • ハートレートの基準値は、1分間に60~100回程度だ。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧