10万円のゲーミングPCでAPEXはプレイできる?おすすめPCも紹介!

10manyen gamingpc apex

基本無料のFPSタイトルの中でも高い人気を誇るApex Legends。
ApexをきっかけにゲーミングPCの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、ゲーミングPCは家庭用ゲーム機に比べてかなり高額な買い物です。
価格の幅も広く、安く購入したとしてもApexがプレイできなければ本末転倒になってしまいますよね…。

そこで今回Ludusでは、Apex LegendsをプレイするためのゲーミングPCについて以下の内容をお伝えします。

  • Apex Legendsの必要スペック
  • Apex LegendsをプレイするゲーミングPCの選び方
  • 10万円のゲーミングPCでApex Legendsはプレイできるのか
  • 10万円前後で購入できるApex LegendsにおすすめのゲーミングPC
  • 予算10万円でApex LegendsがプレイできるPCは自作できるのか

この記事では、予算10万円前後で手に入るゲーミングPCに焦点を当てています。

ApexをPCでプレイしたい方や、初めてゲーミングPCの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

まつたろー
まつたろー
最後まで記事をご覧になることを推奨します。

Apex Legendsをプレイするために必要なゲーミングPCスペック

まず最初に、エレクトロニック・アーツ(EA)が公開しているApex LegendsのPC動作環境をご紹介します。

今後のアップデートによっては要求スペックが変更される可能性もありますので、最新の情報を必ずチェックするようにしてください

出典:「エーペックスレジェンズ」動作環境 – EA公式サイト

最低スペック

「Apex Legends」必要動作環境
OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
RAM 6GB
GPU NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
GPU RAM 1GB
ストレージ 22GB以上の空き容量

フォートナイトと比べると要求スペックが高いとされるApexですが、最低スペックはかなり低め

このスペックを満たすゲーミングPCであればプレイ自体は可能ですが、高画質や高フレームレートでプレイするにはスペック不足です。
高フレームレートの相手に対しては、不利になってしまう場面が出てくることを理解しておきましょう。

推奨スペック

「Apex Legends」推奨動作環境
OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel i5 3570Tおよび同等品
RAM 8GB
GPU Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPU RAM 8GB
ストレージ 22GB以上の空き容量

Apexの推奨スペックは、「滑らかな60fpsのフレームレートで最高のプレイ体験を楽しむため」に設定されたスペックです。

60fpsはPS4やSwitchなどの家庭用ゲーム機と同じフレームレートになります。
普通にプレイするには十分な環境ですが、PC勢には144fpsや240fpsでプレイしているプレイヤーが多いということを頭に入れておいてください。

まつたろー
まつたろー
ストレス無くプレイするためには推奨動作環境以上のPCを用意したいですね。

Apex LegendsをプレイするゲーミングPCの選び方

この項目では、Apex用のゲーミングPCを選ぶ際に特に重視したいパーツについて解説します👀

ゲーミングPCを購入する際は、以下のパーツのスペックに注目して選ぶようにしましょう。

GPUの性能

ゲーミングPCにおいて、最も高額で重視されるパーツがGPU(グラフィックボード)です。

GPUはPCのグラフィック処理を担う重要なパーツ。
GPUの性能がそのPCのグラフィック・フレームレート性能を左右します

目安ではありますが、以下にHD環境でのフレームレートと推奨GPUをまとめました。

フレームレート 推奨GPU
60fps GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290(公式推奨)
144fps GeForce RTX 3060
240fps GeForce RTX 3080

公式推奨の「Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290」は、数世代前のモデルです。
平均で60fpsを出力することはできても負荷の高い場面でフレームレートが落ち込む可能性があるため、少し高いスペックのGPUを選択することをおすすめします。

HDD・SSD

PCのデータを保存する役割を担うのがストレージです。
ストレージにはHDDとSSDがあり、ゲーミングPCには主にSSDが用いられます

SSDはHDDよりも読み書きが高速なため、ゲーム起動やMAP移動のローディング時間が短くなるのが利点です。
デメリットとして、SSDはHDDよりも単価あたりの容量が少なく、大容量のモデルは高額になってしまいます。

Apexをプレイするのに必要な空き容量は22GBですが、他のゲームをプレイすることも考えると500GB以上のSSDがおすすめですよ。

10万円のゲーミングPCでApex Legendsはプレイできる?

結論から言うと、Apex Legendsは10万円のゲーミングPCでも快適にプレイすることが可能です。

ゲーミングPCを扱うBTOショップでは、10万円前後からコスパの高いエントリーモデルがラインナップされています。
ApexをフルHD環境・60fpsでプレイするだけであればエントリーモデルで十分です。

解像度を下げれば144fpsでプレイすることもできるので、画質を気にしないという方は試してみるのもよいでしょう。

ただし、ゲーム配信を考えている場合は注意が必要です。
高画質での配信は難しいことに加え、配信ソフトやキャプチャーソフトを同時に起動するため、エントリーモデル帯のPCではスペックに余裕がありません。

高画質高フレームレートでのプレイやゲーム配信を考えている方は、15万円以上のミドルレンジ帯モデルを検討することをおすすめします。

Apex Legendsのプレイにおすすめ!予算10万円のゲーミングPC

この項目では、Apex Legendsをプレイすることのできる10万円前後のおすすめゲーミングPCをご紹介します👀

G-Tune ミニタワーPM-A-WA

メーカー名 マウスコンピューター
製品名 G-Tune ミニタワー PM-A-WA
CPU AMD Ryzen 5 3600
グラフィックボード GeForce GTX 1650 (GDDR6版)
ストレージ M.2 SSD 256GB (NVMe)
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド G-Tuneのライトゲーマー向けモデルです。

CPU・GPUともにコスパの高いローエンドクラスのパーツを採用。
Apexの低設定・フルHD環境であれば、平均フレームレートが100fps前後といったスペックになります。

ランスの良い構成ですが、SSDが256GBで最低限の容量になっていることには注意が必要です。

ゲーミングPCを初めて購入するという方に特におすすめのモデルとなっています❗️

G-Tune ミニタワーPL-B-1050Ti

メーカー名 マウスコンピューター
製品名 G-Tune ミニタワー PL-B-1050Ti
CPU Intel Core i5-11400F
グラフィックボード GeForce GTX 1050Ti
ストレージ M.2 SSD 256GB (NVMe)
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)

G-Tuneのエントリーモデル帯の中でもスペックを落としてコストを抑えたモデルです。

GPUにはローエンドモデルの「GeForce GTX 1050Ti」を採用。
ApexのフルHD環境で常時60fpsを維持することは難しいですが、設定を落とすことに抵抗がない方であればおすすめです。

とにかくコスパ重視で、ゲームはプレイさえできれば問題ないという方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか❗️

G-GEAR mini GI5A-B211/T

メーカー名 TSUKUMO
製品名 G-GEAR mini GI5A-B211/T
APU AMD Ryzen 5 5600G
ストレージ M.2 SSD 500GB
メモリ 16GB (8GBx2枚) DDR4-3200

BTOショップ TSUKUMOのゲーミングPCブランド G-GEARのエントリーモデル。

AMD社のAPU「Ryzen 5 5600G」を採用した、グラフィックカードを搭載していないゲーミングPCです。

APUとは、CPUに内蔵GPUが統合したデバイス。
低コスト化、省電力化といったメリットの代わりにGPUの性能自体は控えめになっています。

ApexのフルHD環境では平均フレームレート60fpsに届かない程度のスペックになります。
本格的にプレイするのであれば、解像度を下げるなどの妥協が必要です。

コスパ重視でゲームの解像度を下げることに抵抗のない方は、こちらのモデルを検討してみてはいかがでしょうか❗️

GALLERIA R-Series RL5C-G50

メーカー名 ドスパラ
製品名 GALLERIA R-Series RL5C-G50
CPU Intel Core i5-11400H
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB + インテル UHDグラフィックス
ストレージ 512GB NVMe SSD
ディスプレイサイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
リフレッシュレート 120Hz
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
駆動時間 約 5.3 時間

ドスパラ GALLERIAのゲーミングノートの中でスタンダードモデルとして人気のRシリーズ。
「RL5C-G50」はその中でも一番低価格のモデルです。

CPUに「Intel Core i5-11400H」、グラフィックボードに「GeForce GTX 1650」を採用。
ApexのフルHD環境であれば100fps前後でプレイすることができるでしょう。

ディスプレイが120Hzに対応しているのも嬉しい点ですね。

低価格ですが様々なゲームを快適にプレイできるライトユーザーにおすすめのゲーミングノートです❗️

Lenovo Legion550Pi (第10世代インテル)

メーカー名 Lenovo
製品名 Legion550Pi (第10世代インテル)
CPU Intel Core i5-10300H
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR6
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
ディスプレイサイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
リフレッシュレート 144Hz
メモリ 8 GB DDR4-2933MHz (SODIMM)
駆動時間 約8.5時間

ノートPCで有名なLenovoのゲーミングブランド Legionのゲーミングノート「550Pi」。
様々な構成が存在しますが、こちらは「Intel Core i5-10300H」と「GeForce GTX 1650」を組み合わせた一番低価格のモデルです。

ApexのフルHD環境なら、常時60fps以上に期待できます。

ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzに対応。
Apexより要求スペックの低いフォートナイトなどのタイトルをプレイする際には嬉しいですね。

サブPCとしてもおすすめしやすい高コスパのゲーミングノートです❗️

予算10万円でApex LegendsをプレイするゲーミングPCは自作できる?

限られた予算の中でゲーミングPCを手に入れるには、「ゲーミングPCを自作する」という方法もあります。

例えば、「Core i3 12100F」と「GeForce RTX 3050」を組み合わせた構成も10万円前後で組むことが可能。(2022年7月現在)
この構成であれば、ApexのフルHD・最低設定の環境で240fpsを出力することもでき、BTOショップのモデルよりも高スペックのPCを組むことができます。

ただし、自作するにはPCに対する知識が必要。
トラブルの処理も自分でしないといけないため、初心者の方にはおすすめできません

自作PCの主なメリットとデメリットは以下の通り。

メリット コストが安くすむ
構成を自由に選択できる
デメリット トラブルが起こりやすい
保証を受けることができない

PCの自作は組立時のミスやパーツの相性など、思わぬところでトラブルが起こりがちです。
トラブルを回避するためにも、最初の一台はBTOショップでの購入をおすすめします

どうしても自作で安くゲーミングPCを手に入れたいという方は、構成や組み方の紹介しているサイトをしっかりと参考にするようにしてくださいね。

まつたろー
まつたろー
YouTubeでは識者の方が自作PCに関する動画を出してくれているので、ぜひチェックしてみましょう。

Apex LegendsをプレイするためのPCまとめ

今回Ludusでは、Apex LegendsをプレイするためのゲーミングPCについて以下の内容をお伝えしました。

  • Apexをプレイするには推奨スペック以上のゲーミングPCを用意したい
  • ApexをプレイするゲーミングPCはGPUの性能、ストレージに注目して選ぶ
  • BTOショップの10万円前後のゲーミングPCでApexをプレイすることが可能
  • 自作なら10万円でApexを高フレームレートでプレイできるPCを組めるが、初心者にはハードルが高め

基本無料のFPSタイトルの中では、比較的要求スペックが高いApex。

BTOショップで10万円前後のゲーミングPCだと、家庭用ゲーム機と同じ60fpsから100fpsでのプレイが期待できます
60fpsでのプレイに物足りなくなってきたら、CPUやGPUを上位スペックのものに換装して144fps・240fpsを目指してみるのもよいですね。

ぜひ自分にあったゲーミングPCを手に入れて、PC版のApexを存分に楽しんでください❗️

まつたろー
まつたろー
最後まで記事をご覧くださり、ありがとうございました。