ゲーミングPCの寿命って何年?パーツごとの寿命や買い替え時も紹介!

ゲーミングPC 寿命

みなさんは、ゲームをするためのパソコンは、どういうものを使っていますか?
デスクトップパソコンやノートパソコンなど、種類は様々ですが、プレイするゲームによっては、求められるスペックなどが変わります。

その中でも、ゲームをするために考え抜かれて作られたゲーミングパソコンというのは、ゲームにおいてかなり高いスペックを誇ります。
今回Ludusでは、そういったゲーミングPCについてお話ししたいと思います。

  • ゲーミングPCの平均的な寿命って?
  • ゲーミングPCのパーツごとにも寿命はあるの?
  • ゲーミングPCの寿命を縮めないためには?
  • ゲーミングPCの延命をするには?
  • ゲーミングPCってノートパソコンとデスクトップどっちがいいの?
  • ゲーミングPCの故障前のサインって?
  • ゲーミングPCの買い替え時は?
  • ゲーミングPCの処分はどうするの?
さくら
さくら
上記に触れながらご紹介するので、最後まで読んでいってもらえるととっても嬉しいです!

ゲーミングPCの平均寿命

普通のPCとゲーミングPCのどちらを買うか選ぶ際に、寿命の違いなども考慮して買いたい人もたくさんいらっしゃると思います。
このゲーミングPCの寿命というのは、知恵袋などでも質問が相次ぐ問題で、購入する際に知っておくと役に立つ情報です👀

もともとゲーミングPCの寿命というのは、ゲームを行うという負荷がかかる動作をメインで行うため、一般的なPCよりも寿命が短いとされています。
ここではそういった性能的な寿命と、キーボードの耐久といった物理的な寿命について、分けてご説明いたします。

「性能的」な寿命

ここでいう性能的な寿命というのは、壊れて使えなくなるという意味ではなく、性能不足によって寿命を迎えるという意味です。
パソコンは、長期的に使用することが目的として作られていますが、それでも長い年月をかければ技術は向上していき、今のパソコンでは足りなくなることもあります。

例えば、「動作速度が遅くなった」や「かくついてゲームどころではない」などがそういった性能的な寿命といわれるものです。

ゲーミングPCというのは、性能で「ローエンド」「ミドルレンジ」「ハイエンド」と区分わけされており、最も性能と価格が高い「ハイエンド」なら4~5年ほどで、性能も価格も低い「ローエンド」や「ミドルモデル」であれば、2~3年程です。

性能的な寿命を迎えるとゲームが出来なくなるわけではありませんが、新しいゲームを快適にプレイするには少し劣ってしまいます。
ゲーミングPCの内部パーツは、日々性能が上がっていっており、今新しくても2年も経てばその時の最新のものの半分程の性能しかないこともあります。

こういった、内部パーツの性能が新しいゲームとあっていないことで、画質が下がったり、かくついてしまったりするのですが、これが気にならない場合は買い替えなくても問題なく使用し続けることができます

「物理的」な寿命

この物理的な寿命というのは、わかりやすくいえば故障のことです。
内部や外部問わずに何か一つでもパーツが壊れてしまい、正常に機能しなくなるとパソコンというのは、動作しなくなってしまいます。
そういった、故障による動作不良のことを物理的な寿命といいます。

パーツの故障のほかにも、長年の使用によるパーツの劣化が引き起こす「突然起動しなくなる」という場合もあります。

「頻繫にブルースクリーンが表示される」や「ゲームの起動や動画の編集といった負荷を掛けると落ちる」や「パソコンが起動しない」といった不具合が頻発する場合は寿命が近いということになります。

詳しくは下記でも触れますが、特に負荷がかかりやすく故障がしやすいのは、「ストレージ類」と「電源」と「グラフィックボード」の3つだと言われています。

「ゲーミングpc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC
2022|ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】ゲーミングPCとは プロゲーマーの方達がゲームをプレイするために使用しているパソコン、ゲーミングPC。 ゲーミングPCとはよく聞...

「ゲーミングPC とは」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC とは
ゲーミングPCの定義とは?おすすめモデル・選び方・PCとの違いも!プロゲーマーやストリーマー、ゲーム実況者の多くが使用するゲーミングPC。 最新のゲームを快適にプレイするためにゲーミングPCの購入を考...

ゲーミングPCのパーツごとの寿命

パソコン自体の寿命は上記した通りですが、内部のパーツも各種、寿命が違います。
負荷がかかりやすいパーツほど、寿命はどうしても短くなりがちですので、ここでは、各パーツの役割や寿命を下げてしまう要因についてお話ししたいと思います

グラフィックボード(グラボ)

グラフィックボードというのは、ゲームをする上での、映像関連の処理を全て請け負っているパーツで、ゲームのプレイを大きく左右するパーツです。
特に最新のゲームは3Ⅾグラフィックのものが多いです。

3Ⅾグラフィックのゲームは、「高画質」「高フレームレート」といった、映像処理が複雑なゲームが多く、グラフィックボードに大きな負荷がかかります。
特にゲームをメインで行うゲーミングPCの場合は、グラフィックボードを酷使するので、ゲーミングPCの寿命を削る原因になります。

負荷がかかりやすいとは言っても、そうなることが前提で作られているものなので、普通にゲームを楽しむ分にはめったに壊れないパーツですので、神経質になる必要はありませんが、ずっと使いっぱなしで酷使してしまうと、故障の原因になりますのでやめたほうがいいです。

電源ユニット

電源ユニットというのは、ゲーミング㍶の全体に必要となる電気の供給をするためのパーツで、ここが壊れてしまうと、全てのパーツが正常に機能しなくなってしまうほど、大切なパーツの一つです。

ゲーミングPCは基本的に、全てのパーツに負荷のかかるパソコンのため、消費電力が多くかかればかかるほど、電源を安定して供給するための電源ユニットに、それだけ大きな負担がかかります。

安定した電気の供給が求められ、それができないと途中で電源が落ちたり、処理が遅くなったりする原因になり、最悪の場合は起動さえできなくなってしまいます。
ゲーミングPCの使用中は、電源が入っていれば常に休まず働くことになるため、電源ユニットはパソコンの種類を問わずにかなり故障のしやすい箇所です。

ストレージ

ストレージには「HDD」と「SSD」があり、データの読み込みや書き込みを繰り返してくれる場所です。
主にはデータの保存先として使われており、画像に動画にゲームファイル、更には、WindowsといったOSのデータも含まれています。

そこにパソコンのデータのほとんどが保存されているわけですから、故障してしまうと、OSが起動しないといった状況に陥ってしまうため、が行えなくなってしまうとパソコンの使用が出来なくなってしまいます。

HDD

HDDというのは、Hard Disk Driveの略で、主にパソコンやサーバーのデータの保存、他にも、テレビの録画にも使われており、回転する円盤に磁気でデータの読み書きを行っています。

大容量のデータの扱いに適しているため、幅広く普及していっています。
価格と容量のコスパはいいのですが、衝撃や複数のファイルの取り扱いが弱いことや動作音が少しうるさいことが問題点としてあげられます。

寿命も短く「10000時間使用をすれば故障する」と言われており、更には物理的にも記録を残しているため、負荷がかかると消耗していってしまいます。

SSD

SSDというのは、Solid State Driveの略で、HDDと同じように扱うことのできる記憶装置の一つで、USBメモリーと同じように内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きを行っています。

衝撃と読み書きなどの処理に強く、動作音も静かで小型ですが、容量と価格のコスパが少し悪いことが問題点です。
HDDよりもSSDの方が寿命も長く、ゲーミングPCにはSSDが向いているとされています。

マザーボード

コンデンサが劣化することで故障を引き起こしやすく、コンデンサの故障がマザーボードの故障だとさえ言われるほどです。

一般的な105℃タイプの電解コンデンサであれば、「その環境で2000時間」が目安ですが、電解コンデンサの寿命は温度が密接に関係しているため、温度が例え10℃でも上がってしまうと、寿命は半分にもへってしまいますが、基本的には105℃もの高温化でパソコンを使うことはほとんどないと思うので、神経質になりすぎなくても大丈夫です。

平均的な温度は65℃ほどで、この温度で計算をすると、寿命は「32000時間」が目安で、これを年数に直すと「3.65年」ということになります。

さくら
さくら
このことから、マザーボードの平均的な寿命は4年ということになりますね!

メモリ

パソコンに搭載されているDRAMであれば「10の15乗回」の書き込みで寿命を迎えるとされています。
一見すると少なく見えますが、1秒に1回書き込んだとしてこの回数をこなすには「3億年」は待つことになるので、半永久的に使用することができます。

記載して通り書き込みで、故障することはありませんが、故障率はそこそこ高いことが特徴で、メーカーによっては「10年保証」をうたっていることが多いです。
書き込みでの故障のほかにも、熱や電圧の異常、ほこりなどによる故障なども原因に上がっています。

CPU

CPUの寿命は物理的に欠損が出ない限りは半永久的と言えます。
CPUには物理的に駆動している部分がなく、ソケットに乗っかているだけです。
熱による焼き付きといった故障の可能性も存在しますが、それ以外には劣化を引き起こす要因さえ存在しないです。

つまり簡単にいえば、常識の範囲内であれば問題なく、延々と使うことができるということにはなりますが、性能に限界を感じるのであれば、それは性能においての故障と考えてもいいのかもしれませんね👀

GPU

GPUコア単体ではなく、グラフィックボードのことを指し、グラフィックボードにもコンデンサが存在するため、こちらも上記と同様にコンデンサの寿命がグラフィックボードの故障と考えてもいいですが、少し注意が必要です。

それは、マザーボードよりも稼働時の温度が高いという点です。
温度が高ければその分寿命も短くなるので、マザーボードに比べてGPUの寿命は短いですので、よく使うのなら寿命は3年だと思っていたほうがいいです。

ゲーミングPCの寿命を縮めてしまう行為

パソコンは電子機器ですので、無茶な使い方を続けてしまうと、故障の原因になります。
ここでは、ゲーミングPCでの主に上げられる故障の理由をご紹介いたします。

低スペックのゲーミングPCで最新のゲームをプレイ

先ほど、性能が合わなければ事実上の故障と考えてもいいと言いましたが、そう言える理由はここにもあります。

スペックが合わないということは、パソコンに無理をさせているということです。
求めている操作とパソコンが合ってないと、パソコンがそこに合わせようと必死に稼働することになります。
そうなると、スペックの合っていないパーツが酷使され、故障の原因になります。

ゲームをしていない時間もマイニングなどで酷使

パソコンは電子機器ですので、休むことなく使い続けると、もちろん故障の原因になります。

特にこれは仮想通貨の話になるのですが、マイニングと呼ばれる行為を行うと、パソコンに莫大な仕事をさせることになるのでゲームがメインのゲーミングパソコンでは良くないです。

マイニングというのは、仮想通貨の取引の際に使用する、複雑な計算の作業に協力をして、その成功報酬として新規に発行された仮想通貨を得るという方法です。

これは、複雑な計算をするためにパソコンを使用することになりますので、ゲームで大変な処理をさせた後に、マイニングをすると、ずっとパソコンは働き続けることになってしまいます。

下記の記事では「ゲーム実況 pc」について詳しく解説しています。
ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム実況にオススメのPCを紹介
ゲーム実況にオススメのPCは?スペック・選び方・配信方法も解説!ゲーム実況をする際に何かとPCが必要になってきます。 実況用のPCを選ぶ際にどういったものを選べばいいのか、機能を沢山つけると高く...

ゲーミングPCの寿命を延ばす方法

パソコンはずっと稼働させ続けると、故障の原因になることは、上記いたしましたが、では、逆に寿命を延ばすにはどういった方法があるのでしょうか?
それは、電源をマメに切るということですが、他にも、長く使い続けるための方法はあります。

今回は、そういったパソコンを長く使い続けるための方法についてお話ししたいと思います。

パーツ交換やメンテナンスをする

壊れているパーツや、本調子が出ないパーツを使い続けると、そこから故障に繋がることもあります。
そこから、腐ったみかんのように、調子の悪さが伝染し他のパーツも不具合が起こってしまうこともよくあります。

何かパソコンを使っていて、不具合を感じた際にメンテナンスをして、パーツの調子が悪い時は、悩まずに即交換をしたほうがいいです。
特に、電源などは他のパーツと繋がっていて、壊れると他のパーツにも影響が出やすいので、電源の交換は非常に重要なポイントです。

料金はその時は高くなってしまいますが、長い目で見れば損は確実にないので、パソコンの寿命を長く持たせるための方法の一つです。

掃除をして埃をためない

パソコンの掃除をするのは、最も簡単で効果のある方法です。
特に内部はどう対処をして気を付けていても、埃が溜まっていってしまいます。
その埃がパーツの冷却を妨げ熱がこもってしまい、最悪の場合は発火してしまう恐れもあります。

3か月に1度はメンテナスも兼ねてパソコンの蓋を開けて、内部に溜まったほこりを取り除くことで、パソコンの寿命を伸ばすことができ、定期的なメンテナンスのきっかけにもなります。

熱対策をする

先ほども記載した通り、パソコンが故障する原因の一つとして、熱がこもることも挙げられます。
熱の対策をするには、夏場に使う際はエアコンを入れて余分な熱は放出することが有効的です。

パソコン用のクーラーも普及していっていますので、パソコン本体を直接冷やすこともできます。

さくら
さくら
安いものなら1000円で手に入りますので、ぜひ!試してみてはいかがですか!

電源パーツは高性能なものを選ぶ

これは、買うときに気を付けてほしいところで、これさえ気を付けていれば寿命を長持ちさせることができます。

電源パーツはパソコンの心臓のようなもので、ここが壊れてしまい止まってしまうと、パソコンは起動が出来なくなり、使うことが出来なくなってしまいます。
そうなると完全にパソコンの使用ができなくなるので、購入する際は電源パーツの性能を見て決めたほうが長く使い続けることができます。

ゲーミングPCでもノートPC型は寿命が短い

ゲーミングPCを買う際に、ノートパソコンにするのか、デスクトップにするのかは悩むところだとは思います。
ノートパソコンには、薄くて持ち運びやすいという利点がありますが、機能や性能適なデメリットも存在します。

ここでは、そういったノートパソコンとデスクトップパソコンを比較しながら、デメリットになる点についてお話ししたいと思います。

ノートPCはデスクトップに比べ熱がこもりやすい

ゲームをプレイしている際に、どうしても発生する熱を、パソコンが上手に逃がすことが出来なければ、使用中のパソコンのパフォーマンスは低下してしまい、処理速度が下がってしまったり、かくつくという問題を引き起こします。

デスクトップのゲーミングPCはよほど冷却機能が低くない限り、熱でのゲーム中の性能低下や、温度が原因で壊れやすいということは無いのに変わって、ノートPCだと狭いスペースにパーツが密集しているうえに、熱を逃がすための排熱口も狭いため、圧倒的に排熱量に差が出てしまいます。

ノートPCはパーツ交換ができない

デスクトップパソコンはキーボード、モニターなどパーツが離れているので、自由にカスタマイズをしたり、内部のパーツを好みのものに変えたりすることができます。
それと比べて、ノートパソコンというのは、全てのパーツがほとんど一体型ですので、出来上がったもののパーツの交換などは容易に行うことができません

交換が容易にはできないため、使っていて何か不具合を感じた際に、パーツの配置を変えたり、部品の交換をしたりは行うことができないという点は、非常にノートパソコン特有のデメリットの一つです。

ゲーミングPCの寿命が近づいているサイン

何事にもそうなってしまう前のサインというのは存在し、このサインを見逃さずにどうにか対処をすることで、故障してしまうことを未然に防ぐことができる場合があります。
そのサインは「エラー系」「バッテリーの消費量」「本体が熱くなる」「ディスプレイの不具合」という風に分けることができます。

例えば、エラー系だと「画面のフリーズ」「起動しない」「意図していないシャットダウンや再起動が発生する」といったことが起こり、バッテリーの消費量は充電してもすぐに切れてしまうことなどが挙げられます。

他にも、本体が熱くなる場合は、排熱がうまくいっていなかったり、ディスプレイの不具合は画面が映らなかったり、点滅することや、他にも全体的に暗くなることなども挙げられます。

ゲーミングPCの買い替えの目安

ゲーミングPCは、完全に起動しなくなってしまわない限りは、修理をすれば使い続けることができますが、では一体買い替え時というのはいつに当たるのでしょうか。
ここでは、そういった買い替え時のサインについてお話ししたいと思います。

動作にストレスを感じるようになったとき

パーツの部位に起こる物理的な寿命というのは、交換さえすれば、後々何ともないことの方が多いのですが、性能的な寿命はそうもいきません。
使っていて「かくつくな」「ロードが長いな」と感じた際に、ストレスにならない場合は構わないのですが、それによってイライラしたりする場合は、買い替え時です。

複数のパーツが壊れたとき・古くなったとき

パーツが何か一つでも不具合が生じた場合は、他のパーツにも同じように不具合が起きていないかを確認したほうがいいです。
そして、確認してみて、他にも複数のパーツが壊れそうになっていたり、古くなっているなと感じた際は、買い替え時です。

それは、パーツの交換にもお金が掛かりますので、その全てを修理するよりも買い替えたほうが遥かにメリットが多く安いことの方が多いからです。

さくら
さくら
使うのは自分なので、気持ちよく使えたら嬉しいですね!

ゲーミングPCが突然寿命を迎える前に日頃から備える

上記したように、壊れる前はサインがあることの方が多いのは多いのですが、それに気づけなかったり、サインがもしなくても困らないようにバックアップはしっかりとこまめにしておくことがオススメです。

ダウンロードでデータの復元ができるゲームの場合は、アカウントの引継ぎ設定をしておいたりと、日ごろから何があってもいいように備えておきたいですね!

さくら
さくら
備えあれば患いなしの精神がすっごく大切ですね!

ゲーミングPCが寿命を迎えたら正しく処分

ゲーミングPCというのは、原則として家庭ごみでの処分は行うことができません。
それはなぜなのかというと、リサイクル法が適用されるからです。
リサイクル法が適用されることで、簡単に家庭での処分は出来なくなり、メーカーに回収してもらうか、地元自治体指定の一般廃棄処分業者に持っていくかの2択になります。

ゲーミングPCの寿命を最終的に決めるのは「運」

ここまで、故障を引き起こす原因や、そうなる前のサインについてお話ししましたが、結局のところいつ壊れてしまうかというのは、運要素の強い所になります。
運が良ければ多少手荒に扱っていても長く使うことができますが、運が悪ければ、どれだけ高いお金を出していいものを買ってもすぐに簡単に壊れてしまう場合もあります。

桜ころみんというⅤチューバの方は、Core i9、メモリ64G、GeForceRTX2080といった高スペックな50万円をもするパソコンを購入したそうなのですが、なんと1か月ほどで壊れてしまったそうです😭

詳しくは下記の動画で聞けますので、よろしければ桜ころみんさんの動画も視聴していただければ嬉しいです!

【悲報】50万円のゲーミングPCが1か月で故障…だから、行ってきた。 – YouTube

ゲーミングPCの寿命を気にせずゲームに集中したいなら専門学校がおススメ

ゲーミングPCの寿命を気にせずに、ずっと思うように使い続けたいのなら、eスポーツの選手になってみてはどうでしょうか
eスポーツの選手は決して、簡単な職業ではありませんが、寿命が気になってしまうほどゲームに集中したいのであれば、専門学校に通ってみることがオススメです。

専門学校に行けば、必要な知識を身に着けながら、目一杯ゲームに集中することができます。
学ぶことで選択肢も増えていきますので、専門学校に行くということはいいことづくめと言うわけです。

ここまで読んで、興味が沸いた人におすすめなのが、ヒューマンアカデミーのeスポーツカレッジです。
この学校は、最新のゲーミングデバイスを完備したeスポーツ専用ルームが校舎ごとにあり、常に最新の設備と機材でゲームをプレイし練習することができます。

常に最新のデバイスを体験することができるため、オンラインゲームでの長いロード時間を待ったり、タイムラグなどでミスで死んでしまったりすることを防ぐことができます。
そういったストレスがないことで、より集中しやすい環境を作っているというわけです。

ゲーミングPCの寿命のまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回Ludusでは、ゲーミングPCの寿命についてお話ししました!

  • 寿命が気になっている人はかなり多い
  • 「性能的な寿命」と「物理的な寿命」がある
  • パーツごとにも寿命が違う
  • 電源ユニットが壊れると他が使えなくなることも
  • 故障を防ぐには「無茶な使い方は絶対にダメ」「電源はマメに切ろう」「メンテナンスを怠らない」が大事
  • ノートパソコンの方が寿命は短い
  • 操作などにストレスを感じるなら買い替え時
  • バックアップは適度に取ろう!
  • 故障するかは寿命よりも運要素が強め
  • 集中してゲームをプレイするならヒューマンアカデミー eスポーツカレッジがオススメ!

家での基本のデバイスはデスクトップパソコンにしておいて、持ち運ぶときはノートパソコンなど、適材適所で変えていくとゲームをプレイしやすく、更にはストレスを感じにくくてオススメです。
ここまで読んでくださりありがとうございました🙇‍

さくら
さくら
自分に合ったパソコンでみんなで楽しくゲームをプレイしたいですね!