GeForce RTX 3080搭載おすすめゲーミングPC9選!

ゲーミングpc 3080

ゲーミングPCに搭載しておけば、ほぼ全てのゲームを快適にプレイできると言っても過言ではないのがGPUの「GeForce RTX 3080」です。
「高いけど買いたい」という方も多いのではないでしょうか。

今回Ludusでは、そんなGeForce RTX 3080について詳しく紹介します。
取り扱う内容は以下の通りです。

  • NVIDIA製グラボ「GeForce RTX 3080」とは
  • GeForce RTX 3080のスペックについて
  • GeForce RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCを紹介
  • GeForce RTX 3060と相性の良いCPUについて
  • ゲーミングPCのおすすめセール時期について

GPU(グラフィックボード)に詳しくないという方にも、分かりやすく用語などを説明していきます。

まつたろー
まつたろー
最後まで見ていただければ幸いです。

「GeForce RTX 3080」とは

まずはGeForce RTX 3080というGPUの概要や位置付けについて紹介します。

NVIDIAのRTX3000シリーズのGPU

GPUの開発メーカーであるNVIDIAは2018年ごろから「RTX」シリーズという、リアルタイムレイトレーシング技術(RT)を搭載した製品をリリースし始めました。

「レイトレーシング」は光の反射や屈折といった描写をおこなう技術のことで、搭載することでPCにかかる負荷は大きくなりますが、ゲーム中の表現力が飛躍的に上昇します。

そのレイトレーシングを実現した「RTX」の3000シリーズは現在のゲーミングPCにおける主流GPUとなっており、3050~3090までが存在しています。

数字が上がるごとに性能がアップするため、今回紹介する3080はかなり上位の性能を持つモデルです。

GPUとは

そもそもグラフィックボード(GPU)は、画像や映像の処理に特化した演算装置のことを指します。

一般のPCでは汎用的な演算処理をおこなうCPUに内蔵されている形だったり、そもそも付いていなかったりすることもありますが、画像・動画の処理が必須となるゲーミングPCの場合は性能の良いGPUが入っていることがほとんどです。

GPUの性能を表す指標としては以下のようなものがありますので、性能にこだわりたい方は用語を覚えておきましょう。

  • (CUDA)コア数:多いほど処理を同時に並行しておこなえる
  • ベースクロック:処理速度を示す値
  • ブーストクロック:負荷が大きくかかったときに引き上げられる限界処理速度
  • メモリサイズ:映像処理データを一時的に溜めておける容量。大きいほど処理能力が高い

NVIDIAとは

GeForce RTXシリーズを開発しているのはNVIDIA(エヌヴィディア)というメーカーです。

グラフィックボード業界の現状は、このNVIDIAとAMDという大手2社がシェアをほぼ独占しており、製品を選ぶ際はほぼ2択という状況になっています。

性能的には甲乙つけがたい2社ですが、NVIDIAの方が初心者~上級者向けまで幅広い商品を高いコストパフォーマンスで展開しており、特にBTOメーカーが販売するセット商品においては高いシェアを誇ります。

ゲーミングPCを購入する際は、NVIDIA製のGPUを確実に目にすることになるでしょう。

「ゲーミングpc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC
2022|ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】ゲーミングPCとは プロゲーマーの方達がゲームをプレイするために使用しているパソコン、ゲーミングPC。 ゲーミングPCとはよく聞...

「ゲーミングPC セット」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC セット
ゲーミングPCセット一式の金額はいくら?ゲーム別のおすすめも紹介!ゲームを楽しむには家庭用ゲーム機でも十分ですが、より美麗なグラフィックや高いフレームレートでプレイしたいのであれば、ゲーミングPCが最適...

「GeForce RTX 3080」のスペックは?

続いてはGeForce RTX 3080の価格・性能を詳しく見ていきましょう。

価格

価格については、NVIDIAの公式ホームページで109,800円となっています。
ただし、近年の半導体不足などが原因で、実売価格としては値上がりが発生しています。

記事作成時(2022年6月1日)は最安値でも120,800円(ドスパラ)となっており、平均的には13万円~20万円程度で売られていることが多いようです。

参考として、下のモデルとなるRTX3060は6万円~7万円、RTX3070は8万円~9万円程度で売られています。

性能

GeForce RTX 3080(デスクトップ版)の性能を数値的に表すと以下のようになります。

  • CUDAコア数:8960 / 8704
  • ベースクロック:1.26GHz/1.44GHz
  • ブーストクロック:1.71GHz
  • メモリサイズ:12 GB / 10 GB

※メモリサイズ12GBと10GBの2タイプがあるため、左が12GB版 / 右が10GB版としてどちらも記載しています。

指標の一つとなるCUDAコア数について、RTX3000シリーズの変遷を簡単にまとめます。
3070と比較すると、3080で一気に増加しているのが分かりますでしょうか。

型番 CUDAコア数
RTX3090 10496
RTX3080Ti 10240
RTX3080 8960 / 8704
RTX3070 5888
RTX3060 3584

このRTX3080は、ゲームプレイにおいて4K・8Kでの快適なプレイが視野に入る性能を持ちます(実際には、モニターやCPUの性能も必要になってくるので注意しましょう)。

「GeForce RTX 3080」搭載のおすすめノートゲーミングPC3選!

RTX3090を搭載したノートPCは現在までに発売されていないので、これから紹介するRTX 3080搭載のおすすめゲーミングノートPCは、ノート型としては実質最高スペックとなります。

ASUS「ROG Zephyrus G15 GA503QS」

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 9 5900HS
メモリ 32GB DDR4
ストレージ SSD:1TB
ディスプレイ 15.6型 ワイドTFTカラー液晶
価格(税込) 329,800円

モニターの解像度は2,560×1,440ドットまで対応しており、165Hzという高リフレッシュレート(1秒間の描画回数)を実現しています。

それでいて重量は約1.99kgという軽さなので、持ち運びも苦になりません。

iiyama「LEVEL-17FG104-117K-VAZX」

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-11700K
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ SSD:500GB
ディスプレイ 17.3型(非光沢カラー液晶)
価格(税込) 374,980

17.3型というディスプレイの大きさが特徴的です。

画質はフルHD(1920×1080ドット)で、144Hzの高リフレッシュレートに対応しています。

HP「OMEN 17-ck0037TX エクストリームモデル【S2】」

OS Windows 11 Pro 64ビット
CPU インテル Core i9-11900H
メモリ 32GB(16GB×2)
ストレージ SSD:1TB
ディスプレイ 17.3型(QHD非光沢)
価格(税込) 432,300円

こちらも大型ディスプレイで、リフレッシュレートは165Hzです。

全体的に性能の高いパーツが使われた贅沢な作りとなっています。

「GeForce RTX 3080」搭載のおすすめデスクトップゲーミングPC3選!

続いてはデスクトップ型の紹介をします。

ちなみに、搭載されているRTX 3080は全て10GBタイプのものです。

マウスコンピューター「G-Tune EP-A」

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 7 5800X
メモリ 32GB(16GB×2) DDR4
ストレージ SSD:1TB
HDD:4TB
価格(税込) 379,800

メモリやストレージ容量に余裕があるので、クリエーター活動にもおすすめできるゲーミングPCです。

CPUはカスタマイズで「AMD Ryzen 9 5900X / AMD Ryzen 9 5950X」に変更することもできるようになっています。

DELL「Alienware Aurora R13プラチナ」

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7 12700KF
メモリ 16GB(8GB×2) DDR5
ストレージ SSD:512GB
価格(税込) 386,384円

CPU・メモリ・ストレージなどは細かくカスタマイズ可能となっており、1万円単位で価格の調整も利くのが嬉しいポイントです。

TSUKUMO(ツクモ)「G-GEAR neo GX7J-D213/ZB」

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-12700KF
メモリ 32GB(16GB×2) DDR4
ストレージ SSD:1TB
価格(税込) 369,800円

非常にバランスの取れたコスパの良いモデルです。

メモリ・ストレージの他、CPUクーラーもカスタマイズ可能で、水冷式に変更するなどの選択ができます。

「GeForce RTX 3080」搭載の安いゲーミングPC3選!

RTX 3080自体が高価なパーツなので、自然とゲーミングPC一式も高くなってしまうものなのですが、「少しでも安く買いたい」という方へ30万円前後で販売されているモデルを紹介します。

※値引き有りの商品も含みますので、ご覧になったタイミングで価格が変動している可能性もあります。

Lenovo「Legion 760」

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ SSD:1TB
ディスプレイ 16.0型 WQXGA IPS 光沢なし
価格(税込) 273,126円

こちらはノート型のモデルで、ディスプレイのリフレッシュレートは165Hzです。
他のパーツもGPUに負けない性能を持ちながら、27万円という低価格になりました。

※Web限定商品の割引価格です。

Lenovo「Legion T750i」

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i9-10900K
メモリ 32GB(16GB×2) DDR4
ストレージ SSD:2TB
価格(税込) 278,837円

普通なら40万円程度してもおかしくないスペックですが、確認したタイミングでは30万円以下で販売されていました。
しばらくすれば売り切れ必至と思われます。

※Web限定商品の割引価格です。

ガレリア「Z-Series ZA7C-R38」

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-12700K
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4
ストレージ SSD:1TB
価格(税込) 319,980

最後はドスパラが販売するブランド「ガレリア」より高コスパのモデルです。

セールなどが無くても安定した安さを誇るメーカーとなっています。

「ゲーミングpc 30万」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングpc 30万
予算30万円のゲーミングPCのおすすめは?スペックの目安も紹介!ゲーミングPCは、性能によって値段がピンからキリまであります。 最初に予算を決めてから選ぶという方も多いのではないでしょうか。 ...

「GeForce RTX 3080」と相性の良いCPUは?

相性の良いCPUというものは特にありませんが、ゲーミングPCを購入する際はGPU・CPUを一つのセットとして考え、両者の間に性能差が大きく発生しないように気を付けましょう

性能の低いCPUを組み合わせてしまうとボトルネックが発生し、RTX 3080のパフォーマンスが十分に発揮できない恐れがありますので、ここでは性能差が生まれにくいおすすめCPUを紹介します

AMD Ryzen 7 5800X3D

デスクトップ用 / ノート用 デスクトップ用
コア数 8
スレッド数 16
基本周波数(クロック) 3.40GHz
最大周波数 4.50GHz
熱設計電力(TDP) 105W

データを一次保存するためのL3キャッシュメモリと呼ばれる領域を広く取ったことにより、通常のRyzen 7 5800Xよりもゲーム性能が大幅に上がったモデルです。

インテルのCore i9-12900Kにもパフォーマンスでは匹敵すると言われています。

Intel Core i7-11700K

デスクトップ用 / ノート用 デスクトップ用
コア数 8
スレッド数 16
基本周波数(クロック) 3.60GHz
最大周波数 5.00GHz
熱設計電力(TDP) 125W

単体では4万円台で購入可能なコスパの良い製品です。

4K出力もサポートしており、RTX3080にも負けない性能を持っています。

Intel Core i9-9920X

デスクトップ用 / ノート用 デスクトップ用
コア数 12
スレッド数 24
基本周波数(クロック) 3.50GHz
最大周波数 4.40GHz
熱設計電力(TDP) 165W

思う存分GPUの性能を発揮させたいという方におすすめの高性能CPUです。

実売価格が10万円以上するのと、消費電力が大きくなりやすいことには注意してください。

AMD Ryzen 9 6900HS

デスクトップ用 / ノート用 ノート用
コア数 8
スレッド数 16
基本周波数(クロック) 3.30GHz
最大周波数 4.90GHz
熱設計電力(TDP) 35W

こちらは、2022年に発売されたばかりのノートPC用CPUです。

省電力性を重視しつつ、高いパフォーマンスを維持しているのが特徴となります。

Intel Core i7-12700H

デスクトップ用 / ノート用 ノート用
コア数 14
スレッド数 20
基本周波数(クロック) 3.50GHz
最大周波数 4.70GHz
熱設計電力(TDP) 45W

高性能コアと高効率コアをハイブリッドで採用していることで、性能と省電力性を両立したモデルになりました。
スレッド数が中途半端になっているのも、コアを2種類使っている影響です。

Core i9-11900Hなどと比べても高いパフォーマンスを出すことが多く、現状でトップクラスの性能を持ちます

「GeForce RTX 3080」搭載ゲーミングPCのセールの時期はいつ?

RTX 3080を搭載した高額モデルであれば、セールの時期に5万円~10万円安くなることが多いです。

少しでもお得にゲーミングPCを購入するために、おすすめのセール時期についても知っておきましょう。

年末年始セール

年末年始セール特に商品が安くなりやすいタイミングなので、確実にチェックしましょう。

物によっては半額近くまで値下がりすることもあります。

新生活セール

引っ越しが多い4月前後には、新生活セールが開催されます。

休みや収入がある時期ではないので見逃しやすいですが、チェックを欠かさないようにしましょう。

クリスマスセール

12月には、名称を変えながら何度もセールがおこなわれます。

クリスマス・冬のボーナス・歳末といったキーワードは見逃さないようにしましょう。

GeForce RTX 3080搭載ゲーミングPCについてのまとめ

今回Ludusでは、GeForce RTX 3080についてお届けしました。
最後に、この記事の内容を整理しましょう。

  • RTX 3080は、高いシェアを誇る開発メーカーNVIDIAが出しているRTX3000シリーズの高スペックGPU
  • 実売価格は12万円~と高額だが、4Kでのゲームプレイも可能になる性能を持つ
  • カスタマイズや自作をする場合は、CPUとの性能差が大きくならないように組み合わせる必要がある
  • RTX 3080搭載のゲーミングPCは通常35万円~40万円程度するが、タイミングが良ければ30万円を切ることもある
  • おすすめのセールタイミングは「年末年始」「新生活応援」「クリスマス」など

RTX3080搭載のゲーミングPCはかなり高額な買い物になります。
性能や他パーツとの組み合わせ、セール時期などを慎重に見極めましょう。

まつたろー
まつたろー
ここまでご覧いただき、感謝いたします。