2万円で自作ゲーミングPCはきつい?初心者におすすめはBTO!

ゲーミングpc 2万円

ゲーミングPCを購入したくても一般的なPCに比べて値段が高いためなかなか手に入れることが難しいです。

ゲーミングPC自体は自作でも手に入れることが可能なので完成品を購入する場合に比べて低予算で手に入れられますが、実際には自作ゲーミングPCと完成品のゲーミングPCどちらが良いのでしょうか。

今回Ludusでは以下のことについて紹介していきます。

  • 自作ゲーミングPCの作り方
  • 2万円でゲーミングPCは作られるのか
  • おすすめのゲーミングについて

ゲーミングPCの購入について考えている人にはおすすめの内容となっています。

さくら
さくら
最後まで読んでもらえると嬉しいです!

自作ゲーミングPCのメリット・デメリット

自作ゲーミングPCのメリット・デメリットについて紹介していきます。
自作ゲーミングPCでは自分自身の知識や技術がゲーミングPCの出来上がりに直接影響してくるので理解することが大切です。

メリット

まずはゲーミングPCを自作する場合のメリットについて紹介していきます。

自分の好きなパーツを選べる

自分の好きなパーツを選べるので性能だけでなく見た目などにもこだわってゲーミングPCを作れることが可能です。

また、ゲーミングPCはゲーム以外にも動画編集やイラストなどにも使用できるので自分自身がどのようなことがしたいかによって、採用するパーツも変わってきます。

自分が好きなパーツを選べることが自作ゲーミングPCの最大のメリットです。
また、ゲーミングPCを使っている間に性能に満足できなくなったらアップグレードすることもできます。

安い中古品を活用できる

自作ゲーミングPCであれば安い中古品を活用できるので、同じ予算の完成品のPCに比べて高性能のゲーミングPCを手に入れることが可能です。

ゲーミングPCのパーツの中古品自体は専門店以外にもフリマサイトなどでも取引されているので、普段からこまめにサイトを確認することによって自分が欲しいパーツが出品・販売されていることがあります。

場合によっては新品よりも半額以下の値段で手に入れることもできるので、高性能のゲーミングPCを低予算で組むことも夢ではありません。

PCのメンテナンスができるようになる

自作ゲーミングを組み立てるためにはゲーミングPCに対する知識や技術が必要になるので、自分自身でゲーミングPCをメンテナンスができるようになります。

また、ゲーミングPCが不調になった場合でもどの部品に不具合が発生してどのような対応をすれば問題を解決できるかを理解ができるので、本来であれば専門店などで修理依頼を出さなければいけない部分を自分自身でメンテナンスが可能です。

修理依頼を出さなくても良いので結果的に支出を減らすことにも繋がります。

デメリット

次にゲーミングPCを自作する場合のデメリットについて紹介していきます。

組み立ての詳しい知識の理解・時間・労力が必要

組み立ての詳しい知識の理解・時間・労力がゲーミングPCを自作するうえでは必要不可欠な条件です。

組み立ての知識だけでなくパーツに対しての知識・技術も必要なので自作ゲーミングPCを組み立てるためには組み立てまでに様々なことを勉強しなければゲーミングPCを完成させるのは難しいです。

総合的な知識を身に着けつつ組み立てるための道具なども揃えなければいけないので、労力やパーツ代以外の部分での支出が発生します。

時期やパーツによってはBTOパソコンより高い

低予算で自作ゲーミングPCを組み立てることが目的の場合でも時期やパーツによってはBTOパソコンよりも高くなってしまう可能性があります。

PCパーツにはそれぞれ相性があるので単純に安いパーツを組み合わせれば簡単にゲーミングPCができるわけでなく、相性の良いパーツ同士を探して購入した場合には割高になることも珍しくありません。

また、時期によっては定価よりもパーツ自体の値段が高くなってしまうのでBTOパソコンと性能が変わらなくても割高になる可能性が高いです。

組み立てに失敗して故障する危険がある

自作ゲーミングPCでは自分自身で組み立てる必要があるので、組み立てに失敗して故障する危険もあります。

自作ゲーミングPCの組み立てではパーツ自体に保証がないので、組み立てに失敗してパーツなどを破損させてしまった場合には買いなおすなどをする可能性もあるので、最終的な予算が高くなってしまうことも考えておくことがおすすめです。

初めてのゲーミングPCの組み立てではなにが原因で失敗したかも理解できないこともあるので、組み立てをする際には経験者と一緒にするなどしてリスク管理が大切です。

「ゲーミングpc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC
2022|ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】ゲーミングPCとは プロゲーマーの方達がゲームをプレイするために使用しているパソコン、ゲーミングPC。 ゲーミングPCとはよく聞...

「ゲーミングPC とは」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC とは
ゲーミングPCの定義とは?おすすめモデル・選び方・PCとの違いも!プロゲーマーやストリーマー、ゲーム実況者の多くが使用するゲーミングPC。 最新のゲームを快適にプレイするためにゲーミングPCの購入を考...

【2022年現在】2万円でゲーミングPC自作はほぼ不可能

2022現在では2万円でゲーミングPCの自作はほぼ不可能です。
基本的には知り合いなどから無償でパーツを譲ってもらう場合などを除いて自分自身でパーツを集めて自作するのはハッキリ言って2万円で自作することが難しいです。

2万円以内に収めるには中古PC・パーツが必須

2万円以内に収めるためには中古PC・パーツが必須ですが、中古パーツではジャンク品が混じっていることも多いだけでなく、欲しいパーツ自体を探すための努力も必要になってきます。

必要パーツ数も多いので目星をつけるだけでも大きな労力を要します。

中古品は供給・価格の変動が不安定

中古品は供給・価格の変動が不安定なのも2万円以内でゲーミングPCを組み立てるのが難しい原因といえます。

例えば自分が欲しいパーツをどれだけ探しても市場に出てこない場合や市場に出てきても新品とあまり変わらない金額で販売されていることも多いです。

予算2万円の自作ゲーミングPCの注意点

予算2万円の自作ゲーミングPCの注意点はいくつかありますが、予算2万円ではゲーミングPCとしては十分な性能を持っているとは言い難いことがほとんどです。

最低限のゲーム機能

予算2万円でパーツを集めてゲーミングPCを組み立てた場合にはそれぞれのパーツの性能が十分な能力を持っていないことが多いので、ゲーム機能としては最低限のレベルのことも珍しくありません。

そのためゲーム自体の容量が大きいものはプレイできないことがあります。

最低10万円は必要

ゲーミングPCとして十分な性能を持っているものを組み立てようとすれば、最低でも予算10万円は必要です。

どれだけ中古品でパーツを集めてもそれぞれの最低価格から考えても、ゲーミングPCとして十分な性能を得るためには予算10万円は準備してください。

「ゲーミングPC 10万」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC 10万
10万円前後のおすすめのゲーミングPCは?選び方・基礎知識も紹介!パソコンを購入したいと考えているけれど、何を見たらいいのか全く分からないという方も多いのではないでしょうか❗ どのくらいのスペック(性...

ゲーミングPCは自作よりもBTOで購入しよう

ゲーミングPCは自作するよりもBTOで購入する方が品質保証もしてくれるだけでなく、不具合があった場合でも対応をしてもらえるので初心者には特におすすめです。

初心者はBTOパソコン購入がおすすめ

初心者は自分でゲーミングPCを組み立てるために様々な知識や技術を身に着ける手間を考えれば、BTOパソコンを購入することがおすすめです。
BTOパソコンであれば手元に届いてからすぐに使用が出来るので特別な知識や技術は必要ありません。

BTOパソコンとは

BTOパソコンとはBuild TO Orderの略で受注生産のことを指します。
受注生産なので基本的なスペック以外でも要望を出して追加料金を支払えば様々なパーツの変更にも対応してくれます。

自作PCはリスクが大きい

自作PCは失敗をした時の保証がないのでリスクが大きいです。
折角パーツを揃えても組み立ての段階で失敗をしてしまうともう一度最初からやり直さなければいけないので、失敗した時の精神的なダメージもあります。

BTOパソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンにもメリット・デメリットがあるのでそれぞれ紹介していきます。

メリット

まずはBTOパソコンのメリットについて紹介していきます。

自作PCと値段がほぼ変わらない

BTOパソコンは自作PCと値段がほぼ変わらないことも多いです。
理由としては自作PCでは自分自身でパーツを集める必要がありますが、BTOパソコンではメーカーが十分なパーツを集めることができます。

また、BTOパソコンメーカではセールを年に数回行っていることがほとんどなのでセールを狙って購入をすれば定価よりも低価格で購入が可能です。

動作保証がついているため安心

BTOパソコンではメーカーが動作保証をしてくれているので安心してゲーミングPCを使用することができます。

万が一BTOパソコンで動作不良が発生した際にはメーカーに連絡をすれば無償で再度動作確認と修理を行ってくれるので、確実に動くゲーミングPCを手に入れることが可能です。

また、メーカーによって保証期間は違いますが購入から一年以内であれば無償で修理してくれることがほとんどです。

組み立てを全てショップがやるので楽

組み立てを全てショップでやってくれるということは専門家がゲーミングPCを組み立ててくれるので、自分自身ですることがないので楽といえます。

また、専門家が組み立ててくれるのでゲーミングPCを使用していく中で不具合が発生しずらいだけでなく、不具合が発生した場合ではサポートを受けられるので安心して任せることが可能です。

自宅に届くまでが早い・すぐに使える

BTOパソコンは受注生産なので時間がかかると思われがちですが、実際には注文をしてから最短翌日には発送をしてくれるので注文後すぐに手元に届きます。

また、注文をしてから手元に届いたタイミングではすでに使えるように組み立ても完了しているので簡単な設定や設置をするだけで起動ができます。

自分でゲーミングPCを組み立てるのは面倒くさいが今すぐにゲーミングPCが欲しい場合にはおすすめです。

デメリット

次にBTOパソコンのデメリットについて紹介していきます。

自作PCよりパーツの選択肢が限られる

自作PCよりもパーツの選択肢が限られるので自作する場合に比べて自由度は低いと言えます。
自作であればどのパーツを使うかは個人の自由ですが、BTOパソコンではそうはいきません。

BTOパソコンではある程度まではカスタムの依頼ができますが、使用できるパーツに関してはメーカー側が指定していることがほとんどです。

メーカー指定内では自由にカスタムができますが、どうしても変更できない部品があることも理解して注文してください。

販売価格に組み立てコストが含まれている

BTOパソコンでは販売価格に組み立てコストが含まれているので、純粋なパーツだけを集めて組み立てる場合と比べると組み立てコスト分料金が高くなっています。

自作をすればメーカーに支払う組み立てコストが不必要になるので、純粋にパーツ代だけでゲーミングPCを手に入れることが可能ですが、専門家が組み立ててくれるコストと考えれば決して高いコストではないです。

組み立てコストを支払っているので責任を持って組み立てをしてくれます。

ゲーミングPC購入におすすめのBTO専門店

ゲーミングPCを購入する際におすすめの専門店についても紹介していきます。

ドスパラ

BTOパソコンメーカー内で特に人気が高く、ハイスペックゲーミングPCでもコストパフォーマンスに優れているので性能面・品質面の両方から考えても高評価です。

また、サポート体制も非常に充実しているので初めてのゲーミングPCにはおすすめです。

マウスコンピューター

マウスコンピューターは国内生産にこだわっているので品質が常に高いレベルを保っているので、動作不良や不良品の割合が低いのが魅力です。

デザインもシンプルなものが多いので、ビジネスシーンなどでも活躍できます。

TSUKUMO

TSUKUMOは他のBTOパソコンメーカーの商品と比べてもカスタマイズをできる部分が多いのが魅力的です。

少しずつゲーミングPCを自分でカスタマイズできるので、将来的にはゲーミングPCの自作などを考えているのであればTSUKUMOで勉強する方法もあります。

【予算10~15万円向け】おすすめゲーミングPC

ゲーミングPCでコストパフォーマンスに優れているのは10~15万円です。
今回は10~15万円でおすすめのゲーミングPCについて紹介していきます。

GALLERIA RL5C-R35T

ノートゲーミングPCなので持ち運びなどに優れており、性能的にも一般的なゲームであれば十分にプレイすることが可能です。
グラフィックにこだわっているのが特徴で美麗な画面で様々なことができます。

GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載

ゲーミングノートPCですが他のデスクトップゲーミングPCよりも優れた性能を持っているだけでなく、メモリやストレージも容量が大きいものを搭載しているのでストレスがありません。

G-Tune PL-B-1050Ti

ゲーミングPCの中でもコンパクトなデザインになっているので、場所を選ばずに設置ができます。

また、ゲーミングケースにはハンドルがついているので室内での持ち運びにも向いているだけでなく、シックなデザインで雰囲気に溶けこみます。

G-Tune PM-A-1050Ti

ゲーミングPCとして拡張性に優れているので、スペックに物足りなさを感じた場合にはカスタマイズをして性能を高めることができます。

カスタマイズする楽しさを知りたいのであれば特におすすめができるゲーミングPCです。

G-GEAR GA5J-B221/B

注文をしてから完成して納品するまでの期間が短いので、今すぐでもゲーミングPCが欲しい人にはおすすめです。

また、拡張することを想定してのデザインになっており、自分自身でできることの幅が一般的なゲーミングPCに比べて大きくなっています。

2万円の自作ゲーミングPCについてまとめ

今回Ludusでは以下のことを紹介してきました。

  • ゲーミングPCの自作について
  • 2万円ではゲーミングPCを組み立てるのは厳しい
  • BTOパソコンの特徴について

低予算でゲーミングPCを組み立てることはできますが、様々なリスクを考えると専門店などでBTOパソコンを購入したほうが安全性が高く、その後のサポートもしてくれるので総合的にはBTOパソコンを購入するのがおすすめです。

さくら
さくら
最後まで読んでくださってありがとうございました!