ゲーム配信におすすめのゲーミングPC!初心者向けも紹介!

ゲーミングpc 配信

ゲーミングPCでは配信を行うことができます。
今回LudusではゲーミングPCで配信をするにあたって以下の内容をお伝えします

  • 配信にもおすすめなゲーミングPCの特徴
  • 配信に使えるゲーミングPCの選び方
  • 配信に使えるゲーミングPCのおすすめ 3選
  • ゲーミングPCで配信するために必要なものは?
  • 人気ゲーム配信者のゲーミングPCスペック
  • ゲーム業界で働くには?おすすめの転職エージェント 2選
  • ゲーム業界を学ぼう!おすすめの専門学校 2選
さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください!

配信にもおすすめ!ゲーミングPCの特徴は?

ゲーミングPCはとても配信に向いているPCです。
ここでは一般的なPCとゲーミングPCとの違いを紹介します

ゲーミングPCと一般的なPCの違い

ゲーミングPCと一般的なPCの大きな違いは、グラフィックボードの有無や基本性能の高さなどがあげられます。

グラフィックボードは映像の演算処理を行うパーツで、CPUではまかなえない映像の処理をしてくれます。

グラフィックボードがない状態のPCでゲームをプレイすると、映像がカクついてしまいます。
そのため、ゲームのプレイにはゲーミングPCが必須ということですね

ゲーミングPCは動画編集がしやすい

ゲーミングPCは一般的なPCに比べ、CPUやメモリ・ストレージなどの基本スペックが高いです。
これらの性能が高いと、ゲーム実況の録画や編集がスムーズに行えます。

そういった作業をしたい人には必須のアイテムですね。

「ゲーミングpc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC
2022|ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】ゲーミングPCとは プロゲーマーの方達がゲームをプレイするために使用しているパソコン、ゲーミングPC。 ゲーミングPCとはよく聞...

配信に使えるゲーミングPCの選び方

ゲーム実況はもちろん、そのほかの配信に使うことができるゲーミングPCの選びかたを紹介します

配信に必要なPCのスペック

YouTubeをはじめ、さまざまなサイトで配信を行うときに必要なPCのスペックを紹介します。
ゲーミングPCによってスペックは様々で、どのPCを選ぶかというときに一番重要になります

CPUは第7世代以降のCore i5以上、ベストはCore i7

配信をするにあたってはCPUがもっとも重要です。
ゲームを録画する場合も、リアルタイムでライブ配信をする場合も、CPUの性能が高いほうが高画質にでき、かつ軽快に動作します

具体的には最低ラインはCore i5以上、ベストはCore i7で選んでみましょう。
同じCore i5でも世代によって性能が変わるので、第7世代以降がおすすめです

メモリは16GB以上

メモリはCPUほど重要ではありませんが、最低でも16GBはあった方がいいですね。
メモリが不足すると、起動までの時間がかかったり、動作が遅くなる原因にもなります😭

ストレージはSSDの500GB以上

ストレージゲームや撮影した動画を保存する際に必要になります。
動画の長さなどによって一本当たりの容量は異なりますが、500GB以上あると安心です🎮

GBU(グラフィックボード)

グラフィックボードはゲームをプレイするにあたっては必須の機能です。
ゲーム実況でなくても、動画編集のエフェクト等がガクガクになり、まともにプレビューできなかったり、ウィンドウの移動すらガクガクになる場合もあるので、最低限の性能は必要です

配信で使えるゲーミングPCの価格の相場

配信で使うことができる性能のゲーミングPCは、最低で10万円くらいから購入することができますが、どういう配信を行うかによってはそれ以上のスペックのPCが必要になります。

価格が高いと性能がいいとは一概には言えませんが、一つの目安として参考にしてみてください

10~14万円の比較的安い価格帯は、TVゲーム実況向き

10万円~14万円程度の価格のスペックのものは、ゲーミングPCの中でも安価な部類に入る購入しやすい価格のものです。

家庭用ゲーム機でプレイしたゲームを実況する場合にはこれくらいの価格のスペックのPCでも十分に配信を行うことができます👀

15万円前後 コスパに優れていて、PCゲーム実況にも対応

15万円程度のものは性能もよく、コスパがいいものがたくさんあります。
PCゲームをプレイしたい、かつ実配信もしたいという人には15万円前後のPCがおすすめです

16万以上は性能的に余裕あり

PCゲームの中には、かなり高性能のスペックが必要とされるものもたくさんあります。
そうしたゲームをプレイしながら録画や配信を行うには16万円以上の性能のものが安心です

配信するならデスクトップがおすすめ!

ゲーミングPCにはノート型のものもありますが、配信をするならデスクトップがおすすめです
デスクトップの場合、パーツ事の拡張ができたり、放熱機能がよかったりとノートPCよりも性能が優れている点がたくさんあります。

配信用のゲーミングPCは、デスクトップで揃えるようにしましょう😍

ゲーミングPCを買うならBTOショップへ

ゲーミングPCを買うならBTOショップがおすすめです。
BTOショップとは、「Build To Order」の頭文字をとった略称で、受注生産を意味します。

完成品の販売とは異なり、CPUやメモリ、ストレージなどのパーツや、延長保証などのサービスを自分好みにカスタマイズできるので、自分の好みに合わせたPCを作ることができます。

自分が必要な能力のPCを作れるというのはとても魅力的ですね

配信に使えるゲーミングPCのおすすめ 3選

配信に使うことができるゲーミングPCのおすすめを3つ紹介します

コスパに優れた配信用ゲーミングPC

ゲーミングPCはたくさんの種類がありますが、その中でもコスパに優れたゲーミングPCを紹介します

GALLERIA XA7C-R36(ドスパラ)

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 1TB NVMe SSD / HDD 無し

このモデルはTX 3060×Core i7-10700搭載のゲーミングPCで、一時はRTX 3060搭載モデルで税込み20万円を突破しましたが、今は3万円の大幅割引が適用となりおすすめしやすくなっています😍

G-Tune HN-Z-3070Ti(マウスコンピューター)

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-11700K プロセッサー
GPU GeForce RTX™ 3070 Ti
メモリ 32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ 512GB (NVMe)

G-Tune HN-Z-3070Tiはセールになると25万円台にまで下がり、選びやすいモデルとなっています。

NVMe対応SSDとHDDのデュアルストレージを採用しているため、総ストレージ容量が多く、動画の保存を行うような用途にも安心して対応できるところが魅力です😍

G-Tune PL-B(プレミアムモデル)

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i5-12400 プロセッサー
GPU GeForce® GTX 1650 (GDDR6版)
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ 512GB (NVMe)

このモデルは、TX 1650 GDDR6版×i5-11400F搭載でロークラスの性能を持ちます。

今では貴重となったキューブ型に魅力を感じる方は必見で、CPUがCore i5-11400からCore i5-11400Fへと換装され値引きが適用となっています😍

G-GEAR GA7A-G214/B (ツクモ)

OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen™ 7 5700G
GPU NVIDIA® GeForce RTX™ 3060 / 12GB (GDDR6)
メモリ 16GB ( 8GBx2枚) DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)

こちらのモデルは、CPUの性能が高くマルチタスク処理速度が早くできる点で優れています。
動画編集やゲームなどを、高速に処理するような場合でとても役に立つでしょう

初心者におすすめの配信用ゲーミングPC

初心者におすすめの配信用ゲーミングPCを紹介します

GALLERIA RM5C-R35(ドスパラ)

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i5-12400
GPU GeForce RTX 3050 8GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 500GB NVMe SSD / HDD 無し

このモデルはIntelの最新世代CPU、Core i5-12400とRTX 3050を搭載したミドルスペックモデルです。

予算20万円以下で人気のゲームもプレイできるスペックとなっています😍

GALLERIA RM5C-G60S(ドスパラ)

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i5-12400
GPU GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 500GB NVMe SSD / HDD 無し

初めてのゲーミングPCにこのモデルを選ぶ人もおり、ゲーム使用でのグラフィック性能も問題なく楽しめると好評です

LEVEL-M066-124-RBX(パソコン工房)

OS Windows 11 Home
CPU Core i5-12400
GPU GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
メモリ DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2)
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD

CPU性能が非常に高く6コア12スレッドというスペックながらCore i7-11700と同等の性能を誇るこのモデルは、ミドルクラスではトップクラスの性能なうえにコストも抑えられているので、初心者の方でも安心して購入できるでしょう

ゲーミングPCで配信するために必要なものは?

ゲーミングPCで配信するためにはPCのほかに必要なものがあります

配信に最低限必要なもの

配信に最低限必要なものは、配信ソフトとマイクなどのヘッドセットです。
それぞれがどのような役割があるのかと、おすすめの商品も紹介します

配信ソフト(キャプチャーソフト)

配信ソフトとは、PCゲームの画面を録画するためのソフトのことで、ゲームの実況をするには必要なもので、キャプチャーソフトとも言われています。

キャプチャーソフトは無料のものもたくさんあり、十分に対応できるだけの機能はありますが、有料版の場合は、Adobe Premiere Proがおすすめです

Adobe Premiere Proは無料版もありますが、有料版だと2,728 円/月 (税込)で利用ができます。
無料版は、体験版として7日間有料版の機能を試すことができるので、気になる方は一度試してみてください。

マイク、もしくはヘッドセット

ヘッドセットとは、マイクが搭載されたヘッドフォンやイヤホンのことを言います。
配信をするうえでマイクなどのヘッドセットは必須ですが、マイクとヘッドフォンが独立したものの方がおすすめです。

マイクを個別で揃えることで、音質がいいものを準備することができます

こちらは初心者でも比較的簡単に扱えるマイクです。
ヘッドフォンを差し込むこともできるので、自分の声を聴きながら配信をしたい人にもおすすめです。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥4,980
(2022/06/29 23:24:23時点 Amazon調べ-詳細)

これは、ワイヤレスヘッドホンの定番モデルで1回の充電で40時間再生可能なため、充電切れの心配がないほどの大容量さが魅力的です。

ワイヤレスながらもヘッドホンのサイズが小さく軽量設計なので、長時間の実況でも快適にプレイ出来ます。

配信中級者におすすめの拡張パーツ

配信中級者には、今の配信環境よりも快適に配信ができるようになるおすすめの拡張パーツを紹介します

もう1台のモニター(デュアルモニター化)

一般的には一台のモニターがあれば、十分配信をすることができるのですが、モニターを追加することで、格段に作業の効率が良くなります

例えば、ゲームの配信画面にコメントをのせると、ゲーム画面が小さくなってしまいますが、作業用のモニターとして2台目の方のモニターに映すことで画面をすっきりさせることができます

キャプチャーボード

キャプチャーボードはテレビゲームの画面をPCに映し出すためのものです。
これまでPCゲームの配信のみを行っていた人は、キャプチャーボードを購入することで、switchなどの家庭用ゲーム機の配信も可能になります😍

「キャプチャーボード」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

キャプチャーボード
2021|キャプチャーボード のおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】キャプチャーボードとは ゲームをよく遊ばれる方でも、キャプチャーボードという機器の名前を聞いたことがある方はあまりいらっしゃらないかも...

配信用のPC(2台目のパソコン)

予算や場所の余裕がある人はゲームのプレイに使うPCのほかに、配信用のPCを準備してみましょう。

配信用のPCはそこまでハイスペックなものは必要ありません。
PCを2台にすることのメリットは、メインPCの負荷を減らして快適な配信環境を構築することが出来ることです。

また、サンドボックス型ゲームでは、個人サーバーを建てることができます

コメント読み上げツール

配信中にコメントをこまめにみるが大変という人には、コメント読み上げツールがおすすめです。

コメントが打たれたら、自動で読み上げてくれるので、ゲームのプレイに集中することができます。

基本的に無料でダウンロードできるものがほとんどですし、設定で声色を変えることができるので好みの声に変えて利用してみましょう😍

人気ゲーム配信者のゲーミングPCスペック

人気ゲーム配信者どのようなスペックのゲーミングPCを使用しているかをまとめてみました😍

Ninja

Ninjaさんはアメリカ合衆国出身でPUBGなどの配信を行う世界的に有名なストリーマーです。
2018年から2020年にかけて数々の賞を受賞しており、実力も認められたストリーマーの一人です😍

マザーボード ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG MAXIMUS X FORMULA 【ATX】
CPU INTEL インテル CPU Corei9-9900K INTEL300シリーズChipsetマザーボード対応
GPU EVGA GeForce RTX 2080 Super Xc Ultra Gaming Graphics Card 8192 MB GDDR6 並行輸入品
メモリ G.Skill DDR4メモリ TridentZ RGBシリーズ 64GBKit(16GB×4枚組)
HDD Seagate BarraCuda 3.5″ 4TB 内蔵ハードディスク HDD 6Gb/s 256MB 5400rpm

Shroud

ShroudさんApex Legends・Fortnite・PUBGなどのFPSゲームをtwitchで配信しており、人気を集めているゲーム実況者です

マザーボード ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG MAXIMUS X FORMULA 【ATX】
CPU Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド
GPU NVIDIA GEFORCE RTX 2080 Ti Founders Edition
メモリ G.Skill Trident Z RGB F4-3200C16D-32GTZRX (DDR4-3200 16GB×2)
SSD Samsung 960 PRO Series – 2TB PCIe NVMe – M.2 Internal SSD (MZ-V6P2T0BW)

Hikakin

Hikakinさんは、もはや知らない人はいないのではないかというほど、知名度の高い元祖YouTuberですね。
ゲームの実況だけではなく、お料理動画など、様々なジャンルの動画を投稿しており、年齢を問わず多くの人から支持されています

CPU Core i9-9900K
GPU RTX 2080 SUPER
メモリ メモリ16GBを4枚で、64GB
SSD 2TBのM.2 PCle NVMe

カズゲームズ

カズゲームズでは主にマイクラなどのゲーム実況をしていますが、カズチャンネルやカズ飯など、さまざまなチャンネルを開設しています。

各チャンネルにも多くの登録者がおり、様々なジャンルで人気を集めています

マザーボード ROG STRIX Z370-G GAMING
CPU Core i7-8700K
GPU GTX1070TI搭載ビデオカード ROG-STRIX-GTX1070TI-A8G-GAMING
メモリ 8GB×2枚=16GB
SSD 2.5インチ内蔵型SSD 128GB PX-128S3C

加藤純一

加藤純一さんは、2009年からニコニコ動画で配信を始め、今やYouTubeなどでも人気の実況者として人気があります😍

マザーボード ROG STRIX Z590-A GAMING WIFI
CPU インテル Corei9-11900K
GPU ROG-STRIX-RTX3080-O10G-WHITE
メモリ Corsair DDR4-3200MHz VENGANCE RGB PRO SLシリーズ 32GB[16GB×2枚]×2
SSD Samsung 870 EVO 2TB 2.5内臓 SSD

渋谷ハル

渋谷ハルさんはVTuberで、主にApexなどのゲームの配信を行っている人気実況者です。
自身の実況だけではなく、大会の主催者として活躍することもあり、実況者の間でも知名度の高い人物です👀

OS Windows 10 Home 64bit
CPU 第9世代Intel Core i9-9900K(3.60GHz 8コア)
GPU NVIDIA GeForce RTX 2080 Super(8GB GDDR6)
メモリ 32GB(16GB×2)
SSD 1TB

ゲーム業界で働くには?おすすめの転職エージェント 2選

ゲーム業界で働きたいと思ったときにおすすめの転職エージェント2社を紹介します

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界専門の転職エージェントです。
キャリアアドバイザーは、みんなWEBやゲーム業界出身の方たちなので、とても心強いです。

専任のアドバイザーによる対応力も満足度が高いと評判です

G-JOBエージェント

G-JOBエージェント業界最多の求人数と経験・知識が豊富なコンサルタントによる転職エージェントです。

ゲーム企業の求人数はNo.1と言われており、様々な方面からの求人に対応しています。
理想の求人に出会える可能性もかなり高いでしょう😍

ゲーム業界を学ぼう!おすすめの専門学校 2選

ゲームをプレイするだけではなく、制作にも関わりたいという人には、専門の知識が学べる専門学校に通うのがおすすめです。

ゲーム制作にかかわる職種に就くことができるおすすめの専門学校を2校紹介しますので、気になる方は、ぜひ資料請求をしてみてくださいね😍

総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジ

総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジでは、専門的な技術や知識が得られるのはもちろん、受講方法を自分で選ぶことができるというメリットがあります

今務めている仕事の合間に学びたい、日中の受講が難しい、という人のために週末・夜間講座というものがあります。

半年から一年間のカリキュラムを自分で組むことができるというのは魅力的ですね

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院は、ゲームクリエイター学科やゲームプログラミング学科などがあり、ゲームの制作にかかわる仕事のノウハウを学ぶことができます。

ドラゴンクエストなど有名な作品を数多く世に出しているスクエアエニックスやSEGAなどの大手ゲーム会社への就職の実績もあるため、卒業後の進路も安心です

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

ゲーミングPCでの配信についてのまとめ

今回LudusではゲーミングPCでの配信について以下の内容をお伝えしました。

  • 配信にもおすすめなゲーミングPCの特徴
  • 配信に使えるゲーミングPCの選び方とおすすめPC
  • ゲーミングPCで配信するために必要なもの
  • 人気ゲーム配信者のゲーミングPCスペック
  • ゲーム業界で働くときにおすすめの転職エージェント 2選
  • ゲーム業界を学ぶことができるおすすめの専門学校 2選

ゲーミングPCに様々なものを追加で準備することで快適な環境で配信をすることができます。

ゲーミングPCを持っている人はぜひ配信も挑戦してみてくださいね😍

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました。