ゲーミングPCに使うモニターを解説!ゲーミングモニターの選び方・おすすめは?

ゲーミングPC モニター

2022年4月現在において、コロナ禍による外出自粛の要請を理由にゲームをし始める方が増えています。

自宅で腰を据える時間ができたため、スマホゲームではなくゲーミングPCや据え置き型ゲームで遊ぶ方も多いです。

このような時勢から、より快適にゲームをプレイするためにゲーミングモニターを購入する方が増えていることを知っていますでしょうか?

そこで今回Ludusでは、ゲーミングPCとモニターについて以下の内容をご紹介させていただきます。

  • ゲーミングモニターの概要
  • ゲーミングモニターの選び方
  • ゲーミングモニターが人気のメーカーについて
  • おすすめのゲーミングモニター13選
  • モニター購入後にすべきことについて

おすすめするゲーミングモニターのスペックやモニターの繋ぎ方などを記載していますので、気になる方やゲーム初心者の方はぜひ最後まで見ていってください!

そら
そら
ぜひ最後まで見ていってね~!

ゲーミングモニターとは?

ここでは、ゲーミングモニターの概要についてご紹介させていただきます。

ゲーミングモニターとは、ゲーミングPC(ゲーミングパソコン)やSwitchなどのゲーム機におけるプレイ映像を映し出せるゲーム用の液晶モニターのことです。

ゲーミングPC用モニターと記載されている商品が多いですが、ゲーム機でも問題なく使用できるので、ご安心ください。

テレビにゲーム映像を映し出す場合と比べて、解像度が高くて遅延も少ないので快適にゲームができるメリットがあります。

コンセントの差込口があれば簡単に使用でき、デスクトップPCだけでなくノートPCにも対応しているので使いやすいです

湾曲のモニターや消費ワット数が少ないモニター、無線対応で配線が不要なモニターなど多種多様であり、多くのメーカーが販売しています。

ゲーミングモニターの相場は、2万~5万円です。

安い値段のものや中古で格安のモニターもありますが、性能が低くてコスパが悪いこともありますので、慎重に選びましょう😵

キーボード付きやマウス付きといった別の機材が付いてくるセットもありますので、ゲームを今から始めてみたいという方におすすめです!

そら
そら
ゲーミングモニターは、接続次第で3画面で使用できたりもするみたいだね!

「ゲーミングpc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングPC
2022|ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】ゲーミングPCとは プロゲーマーの方達がゲームをプレイするために使用しているパソコン、ゲーミングPC。 ゲーミングPCとはよく聞...

「ゲーミングモニター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーミングモニター
2022|ゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】こちらの記事では、ゲーミングモニターのおすすめ15選を紹介しています。サイズや解像度、リフレッシュレート、応答速度、パネルの種類など、ゲーミングモニターの選び方についてもわかりやすく解説しています。購入で悩んでいる方にぜひ読んでもらいたい記事です。...

ゲーミングモニターの選び方

ここでは、ゲーミングモニターを選ぶ際のポイントについてご紹介させていただきます。

ポイントとなる項目ごとに説明しているので、漏れなくチェックしてみてください!

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは、モニターが1秒間において新しい画像を何枚描画できるかを示す指標です。

描画できる画像の枚数が多い程、映像に遅延が無く快適にゲームができます。

リフレッシュレートの単位はHz(ヘルツ)であり、フォートナイトの様なTPSゲームやAPEXの様なFPS系ゲームでは、144Hz以上のモニターでないと快適に遊べません😵

75Hzのモニターなども多数販売していますが、展開の速いアクションゲームをする際は144Hz以上のリフレッシュレートが必要だと覚えておきましょう!

また240Hz以上のモニターの場合、ゲームを出力するPC側の性能が240fpsのものでなければ、モニターのリフレッシュレートを生かしきれません。
そのため240Hz以上のモニターは、ガレリアなどの高性能PCをお持ちで予算のある方におすすめです

そら
そら
PCの性能も考えなくちゃいけないんだね!

モニターのサイズ

モニターを選ぶ際は、モニターの液晶部分のサイズが自分の視界に入りきるサイズにしましょう。

モニターが大きすぎてしまうとプレイ面でデメリットが生じてしまうからです。

おすすめのサイズは24~27インチです。

モニターを置く位置やモニターとの距離感によって適正サイズが変わるので、モニターを購入する際はモニターを置く場所と自分が座る位置を想定しておきましょう!

解像度

解像度とは、モニターに表示される画像や映像における画素の密度です。

画素と呼ばれる小さな色情報が配列されることで色を表現しており、その密度が濃い程解像度が高くなります。

動くスピードが速いFPSなどのアクションゲームをプレイする際は、コマの処理スピードを表すフレームレートを安定させるために、フルHD(1,920×1,080)と呼ばれる解像度が高いモニターを使う方が多いです。

またグラフィックが綺麗なゲームをプレイする場合は、WQHD(2,560×1,440)以上の解像度があるモニターを推奨します!

そら
そら
最近では、4K(4,096×2,160)も人気だね!

応答速度

応答速度とは、映像信号がモニターに届いてから、モニターでの色が変わるために要する時間のことです。

応答速度が速い程、映像の切り替わりがスムーズになるので、快適にプレイできます

さらに、一般的な応答速度は白色から黒色への切り替わりを表す指標であり、その中間色での切り替わりを表す指標を「GtoG応答速度」と言います。

ほとんどのゲームは映像がモノクロではないため、GtoG応答速度が特に重要です!
またMPRT応答速度と呼ばれる指標も重要であり、これは映像のぼやけや残像を計測する指標です。

これらの応答速度はモニターのリフレッシュレートと密接な関係であり、リフレッシュレートに合った応答速度が無いと、対戦ゲームであれば相手を見落とす原因になります。

そこで応答速度で選ぶ際は、遅くともGtoG応答速度が5ms以下のものを選ぶことをおすすめします。

パネルの種類

ゲーミングモニターに使用されるパネルには種類があるので、違いや性能を個別で紹介いたします。

TN

TNパネルは、最も昔から使用されているパネルであり、応答速度が速いという特徴があります。

価格も他のパネルと比べて安いので、TNパネルを使用しているモニターは比較的安いです。

応答速度が速いので、展開や動きが速いFPSゲームや格闘ゲームと相性が良いです

デメリットとしては、視野角が狭くなることと色の発色が他のパネルと比べて悪いことが挙げられます。

そのため、綺麗なグラフィック面を楽しむゲームには不向きのパネルと言えます。

IPS

IPSパネルは、液晶テレビでよく使用されており、発色の良さと鮮やかさが特徴的なパネルです。

グラフィックを楽しむゲームをする際は、発色が良いIPSパネルが最もおすすめです

また視野角にも優れているので、多人数で様々な方向から見ても違和感が無いことから、パーティーゲームにも向いています。

デメリットとしては、コントラストの表現性が少し低いので、映像が若干白っぽく見えてしまうことが挙げられます。

VA

VAパネルは、2022年において主流となっており、黒のコントラスト性能が高い特徴があります。

黒のコントラストをはっきりと表現できて高級感ある映像を流せるので、映画の様な映像美を誇るゲームと相性が良いです。

デメリットとしては、視野角が狭いことと応答速度が遅いことが挙げられます。

応答速度が遅いことから、GtoG応答速度が重要となるFPSゲームや格闘ゲームには向いておりません。

どちらかと言えばゲームではなく、映像作品用のパネルと言えるでしょう。

接続方法

ゲーミングモニターの接続方法には種類があるので、個別で紹介いたします。

HDMI

HDMIとは、1本の接続ケーブルやコードを繋ぐことで、音声信号や映像信号を送れる接続方法です。
接続端子も様々な形状に対応したものがあるので、多くの機器で採用されています。

下記に3パターンでのフルHDにおける最大リフレッシュレートを記載するので、確認してください!

  • HDMI 1.4 → 120Hz
  • HDMI 2.0b → 144Hz
  • HDMI 2.1 → 240Hz

DisplayPort

DisplayPortとは、デスクトップPC専用の接続方法です。

4Kや8Kにも対応しているので、スペックが高い接続方法と言えます。

下記に2パターンずつでのフルHDと4Kにおける最大リフレッシュレートを記載するので、確認してください!

  • DisplayPort 1.2 フルHD → 240Hz
  • DisplayPort 1.2 4K → 50Hz
  • DisplayPort 1.4 フルHD → 240Hz
  • DisplayPort 1.4 4K → 120Hz

Type‐C

Type‐Cは、2022年4月現在において、最も主流となっている接続方法です。

端子の形が両端とも同じなので、ケーブルの向きや方向に縛られずに接続できるメリットがあります。

下記にフルHDにおける最大リフレッシュレートを記載するので、確認してください!

  • Type‐C → 144Hz

DVI

DVIは、多くのPCで採用されている接続方法です。
シングルリンクトデュアルリンクの2種類があります。

リフレッシュレートが他の接続方法と比べて低いので、最近のモニターには付いていないことが多いです。

D-sub

D-subとは、多くのPCで採用されている接続方法です。

ですが2022年4月現在においてD-subを採用している機器は少なく、モニターにも接続端子が付いていないことが多いです。

VESA対応

VESA対応とは、モニターとモニターアームにあるネジ穴の標準規格のことです。

VESA対応されたモニターとモニターアームのネジ穴は一致する様に作られているので、取り付けが簡単にできます

モニターアームを使用すると、モニターの高さや角度を自由に変えられるので、プレイ環境が変わっても対応しやすいです!

その他ゲーム機能

ゲーミングモニターの中には、ゲームに特化した機能が付いているモデルもあります。

例えばFPSゲームにおいて、画面の中央に照準を表示させられる機能などです。

ゲームを有利に進める機能が付いたモニターもあるので、モニターを選ぶ際に確認してみましょう!

そら
そら
ゲームを有利にする機能が付いているモデルもあるんだね!

ゲーミングモニターの人気メーカー

ここでは、ゲーミングモニターを販売している人気のメーカーについてご紹介させていただきます。

BenQ

BenQは、台湾に本社がある電子機器メーカーです。

社員数が2万人を超える大企業であり、アメリカや日本にも拠点を築いております。

液晶ディスプレイの生産数が世界で3位というトップシェアを誇っており、多くの方が世界中で使用しています

輝度を自動で環境に合わせて調節する機能が付いており、最高峰の映像美を楽しめる点が魅力的です。

ASUS

ASUSは、台湾に本拠地があるPCと関連商品を販売する会社です。

日本でも法人化しており、サポートだけでなく直営店も進出しています。

ROGシリーズなどのゲーミングPCが有名であり、ゲーム好きで知らない方がいない程の知名度を誇っています

モニターの強みは、1ms以下という驚異的な応答速度です。

Acer

Acerは、台湾に本社があるPCと関連商品を販売する会社です。

PCの出荷数が世界で2位という高いシェアを誇り、世界的なPCメーカーとして知られています

日本にも進出しており、NECや日立といった大企業に主要部品を提供しています。

ゲーム用に意識してモニターが製造されており、長時間プレイでも目が疲れにくい点が特徴的です。

MSi

MSiは、台湾に本社があるPCと関連商品を販売する会社です。

マザーボードやビデオカードのシェアが世界でトップクラスであり、多くの企業で使用されています!

世界各国に拠点を置いており、グローバルな経営戦略を展開している企業です。

モニターの特徴として、豊かな色彩表現とリフレッシュレートの安定した高さが挙げられます。

LG

LGは、韓国に本拠点がある電子機器や通信製品を製造する会社です。

LGグループという財閥系企業の1つであり、7万人を超える従業員を雇っています!

NECや日立といった日本の大企業と技術提携を結んでおり、日本でも知名度が高い企業です。

応答速度の速さと鮮やかな映像美を両立させた高品質のモニターを製造しています。

Dell

Dellは、アメリカに本拠地がある多国籍企業であり、PCと関連商品を販売する会社です。

世界最大級の技術会社であり、世界各国で16万人を超える圧倒的な社員数を誇ります

日本でも法人化しており、多くの企業でDell製のPCが使用される程の高いシェアがあります。

モニターは、高いリフレッシュレートと高品質のスピーカーが特徴的です。

アイ・オー・データ

アイ・オー・データは、石川県に本社があるPCの周辺機器を取り扱う会社です。

シャープやNECといった大企業のPCに対応した周辺機器を製造していることで、国内で高い知名度を誇っています!

全国の主要都市に拠点を設けており、サポート体制も万全な企業です。

モニターの特徴として、広視野角を誇る視認性の良さが挙げられます。

Pixio

Pixioは、アメリカのコアゲーマーによって設立されたゲーミングモニター製造メーカーです。

オンラインでの直接販売によって間接コストを減らすことで、高品質・低価格を実現している会社です。

日本でも法人化しており、モバイルアクセサリーを提供しております。

モニターの特徴として、驚異的な発色力とリフレッシュレートの高さが挙げられます。

おすすめゲーミングモニター

ここでは、13個に厳選したおすすめのゲーミングモニターについてご紹介させていただきます。

大きさや価格、性能などを表にまとめていますので、ぜひ確認してください!

BenQ ZOWIE XL2546K

商品名 BenQ ZOWIE XL2546K
価格 69,400円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 240Hz

場所を取りにくい設計がされており、様々な環境に合わせて柔軟にセットアップできるモニターです。

DyAc⁺™テクノロジーによって、アクションゲームでの激しい動きのブレを抑制する機能が付いています。

Amazonや楽天のランキングでも上位を位置する人気のモニターです

価格は少し高めですが、それに見合った高品質の性能を誇っています。

BenQ ZOWIE XL2411K

商品名 BenQ ZOWIE XL2411K
価格 32,700円
サイズ 24インチ
リフレッシュレート 144Hz

PS5などの最新ゲーム機による120fpsに対応したリフレッシュレートを有しており、コンシューマー機との相性が良いモニターです。

ゲームタイトルやゲームマップ毎に設定を変更できるので、特にFPSゲームに適しています。

耐久性のある液晶を使用しているので、持ち運びも安心して行えます。

BenQ MOBIUZ EX2510S

商品名 BenQ MOBIUZ EX2510S
価格 37,620円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 165Hz

迫力と奥行きがある高品質の音声を体感できる内臓スピーカーが搭載されており、ゲームの世界に入り込めるような没入感を楽しめるモニターです。

目の疲労や頭痛などを抑える効果があるeye-careという技術も盛り込まれており、長時間ゲームをプレイするゲーマーに向いています。

価格も3万円台と安いので、学生でも購入しやすいモニターです!

LG UltraGear 27GP750-B

商品名 LG UltraGear 27GP750-B
価格 43,414円
サイズ 27インチ
リフレッシュレート 240Hz

240Hzという高いリフレッシュレートと1msという応答速度の速さが特徴的なモニターです。

発色が鮮やかなIPSパネルも採用しており、綺麗な映像美を残像感の無い画質で楽しめるFPSやアクションゲーム向けの性能を誇ります

画面のフレームも細いので、映像への没入感も高いです。

価格もモニターの相場平均であり、モニター選びを悩んでいる方におすすめです!

アイ・オー・データ GigaCrysta LCD-GC272HXDB

商品名 アイ・オー・データ GigaCrysta LCD-GC272HXDB
価格 44,500円
サイズ 27インチ
リフレッシュレート 165Hz

画像のズレが少ないゲーム映像を楽しめるディスプレイが搭載されているモニターです。

リフレッシュレートも165Hzと高く、FPSやアクションゲームといった動きが速いゲームを快適に遊べます。

広視野角のADSパネルを採用しており、どの角度から見ても変わらない発色や映像美を楽しめます。

価格もモニターの相場平均程度なので、無理なく購入できるモニターです!

アイ・オー・データ GigaCrysta LCD-GC243HXDB

商品名 アイ・オー・データ GigaCrysta LCD-GC243HXDB
価格 31,680円
サイズ 23.8インチ
リフレッシュレート 165Hz

0.05フレームという遅延が少ないモードや暗い環境で使いやすいNight Clear Visionを搭載しているモニターです。

バーストモードというグラフィックを犠牲にして、応答速度を高める機能があるので、より速さを求める方におすすめです

色やコントラストの調節もしやすく、グラフィックを楽しむゲームにも対応しています。

価格もリーズナブルなので、学生でも購入しやすいです。

ASUS TUF Gaming VG259QR

商品名 ASUS TUF Gaming VG259QR
価格 38,800円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 165Hz

ASUS独自の技術によって1ms以下の応答速度を有しており、画面のぼやけやモーションブラーを取り除いたモニターです。

「Shadow Boost」というコントラスト技術によって、画像の明暗をはっきりさせた映像美を堪能できます!

モニターの高さや角度も自在に変更でき、あらゆる環境に適応できるデザインをしています。

リーズナブルな価格も魅力的です。

ASUS VG258QR-J

商品名 ASUS VG258QR-J
価格 31,400円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 165Hz

0.5msという驚異的な応答速度の速さが特徴的なモニターです。

残像感が無い映像を楽しめる液晶パネルを搭載しているので、FPSゲームや格闘ゲームといった動きの速いゲームと相性が良いです。

また、コントローラーやキーボードからの入力遅延が軽減される機能も搭載されています。

他のモニターでは味わえない快適さを体感できます

Acer SigmaLine KG251QIbmiipx

商品名 Acer SigmaLine KG251QIbmiipx
価格 38,380円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 240Hz

0.5msという圧倒的な応答速度の速さと240Hzというリフレッシュレートが特徴的なモニターです。

残像が少ない滑らかな映像をフレームが薄いディスプレイによる没入感とともに楽しめます。

ゲームジャンルに応じた映像モードがあるので、どのゲームにも適応しています。

3万円台という購入しやすい価格なので、モニター初購入の方にもおすすめです!

Acer Predator X25 X25bmiiprzx

商品名 Acer Predator X25 X25bmiiprzx
価格 87,973円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 360Hz

リフレッシュレート360Hzという特徴があり、入力遅延が無いスピード感を体感できるモニターです。

デュアルドライバー型のIPSパネルを採用しており、高速の応答速度と鮮やかな映像美を両立しています。

自動で周囲の明るさに合わせて輝度を変化させる機能も付いており、ストレスなくプレイできます。

8万円台という高めの価格なので、予算がある方におすすめです。

Acer VG240YSbmiipfx

商品名 Acer VG240YSbmiipfx
価格 29,800円
サイズ 23.8インチ
リフレッシュレート 165Hz

黒色の強弱を調整することによって、ゲームの視認性を高める性能があるモニターです。

ブルーライトシールドがディスプレイに搭載されているので、目の疲れや頭痛を引き起こしにくいです。

リフレッシュレートも高いので、快適なゲームプレイを楽しめます。

価格が2万円台と相場平均より低めなので、初めてモニターを購入する方やライトユーザーにおすすめです

Dell ALIENWARE AW2521HF

商品名 Dell ALIENWARE AW2521HF
価格 58,980円
サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 240Hz

あらゆる角度から見ても鮮明な映像美が楽しめるIPSパネルを搭載したモニターです。

最大240Hzという高いリフレッシュレートを有しており、FPSゲームや格闘ゲームといった展開の速いゲームに適しています。

過熱を防ぐ換気システムも構築されており、長時間稼働での負荷がかかりにくい強みがあります。

少し高めの価格ですが、価格に見合った高品質の性能を誇るモニターです

Dell S2421HGF

商品名 Dell S2421HGF
価格 26,304円
サイズ 23.8インチ
リフレッシュレート 144Hz

144Hzという高いリフレッシュレートによって、スムーズでカクツキの無い快適なプレイを楽しめるモニターです。

独自の通気口がモニター背部に搭載されており、長時間のプレイにおいても高いパフォーマンスを発揮できます。

ケーブルスロットの搭載とスタイリッシュなデザインによって、省スペース化できる利点があります。

価格が安いので、初めて購入する方におすすめできるモニターです!

モニターを買ったらすること

ここでは、モニターを購入後に行うことについてご紹介させていただきます。

1.モニターはグラフィックボードに繋げよう

まず、モニターを購入後はグラフィックボードに繋げてみましょう。

そこで注意したいのが、オンボードではなくグラフィックボードに繋げるということです。

理由としては、オンボード接続では映像が上手く映らない可能性があることやグラフィックボード未使用でゲームすることになるといった2点が挙げられます。

音が出ない不具合や、「信号無し」「シグナルが検出されません」といった文言が出ないようにグラフィックボードに接続しましょう!

また2台以上の複数モニターを使用する際は、ゲーム用のメインモニターはDisplayPort、2台目のモニターはHDMIに挿しましょう。

ソース画像を表示

2.PCでリフレッシュレートの設定をしよう

次に、PC上でリフレッシュレートの設定をしましょう。

モニターが高いリフレッシュレートを再現できる機能を有していても、PC上の設定を変えていないとデフォルトの60Hzになってしまいます。

設定の方法は、右クリック→メニュー下側のディスプレイ設定→左側のメニュー上側のディスプレイ→下までスクロールしてディスプレイの詳細設定→下の方にリフレッシュレートで設定できます。

そら
そら
ノーシグナルと出ないように気を付けよう!

本格的にプロゲーマーを目指すなら専門学校

本気でプロゲーマーを目指している方には、専門学校への入学をおすすめします。

総合学園ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジでは、現役のプロゲーマー直接指導を受けられる授業があるので、ノウハウを学べます。

プロになるためのトライアウトが受けやすい環境も魅力的です。

学校見学や体験授業が土日に開かれているので、気になる方はぜひ体験してみてください!

「プロゲーマー 専門学校」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

プロゲーマー専門学校
プロゲーマーになれる人気のゲーム専門学校を紹介!入試や学費、ゲームカリキュラムを徹底比較!本記事をご覧いただき、知ることができる情報はこちらです👇 プロゲーマーという職業の人気の高まりについて プロゲーマー...

ゲーミングPCに使うモニターのまとめ

今回Ludusでは、ゲーミングPCとモニターについて以下の内容をご紹介させていただきました。

  • ゲーミングモニターはテレビと比べて遅延が少ないので、快適にプレイできる
  • ゲーミングモニターはリフレッシュレートや応答速度を確認して購入すべきである
  • ゲーミングモニターを製造するメーカーは多く、それぞれのモニターに強みがある
  • おすすめのゲーミングモニターは多く、目的や重要視する機能によって選ぶべきである
  • モニター購入後は、オンボードではなくグラフィックボードにケーブルを繋ぐ

ゲームをする人口が増えており、快適にプレイできるゲーミングモニターの注目度が上がっています。

より高性能なモニターが続々発売されているので、今後に期待したいですね👀

この記事を見てゲーミングモニターに興味を持った方は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか!

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね!