声優・山口茜の出演作品・プロフィール!山口勝平との関係や出身も紹介!

山口茜

山口茜さんは、有限会社 悟空に所属する声優の一人です。
大人気の声優である山口勝平さんの娘であり、落語家としても活躍しています。
声優としての活動はまだ多くありませんが、これからますます活躍していくことが期待できますよ。

今回Ludusでは山口茜さんについて、以下の内容を紹介していきます。

  • 山口茜さんのプロフィール
  • 山口茜さんの代表的な出演作品
  • 山口茜さんのその他の出演作品一覧
  • 山口茜さんの経歴
  • 山口茜さんのプライベート
  • 山口茜さんと同姓同名の人物

山口茜さんは芸能一家に育ちながら、自らの道を切り開いて進んでいます。
本記事ではそんな山口茜さんのこれまでの活動を紹介するとともに、家族情報や好きなものなどプライベートな情報についてもお伝えしていきます。

また、インターネットで検索するとよく出てくる、同姓同名の人物についても少しご紹介します。

さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください✨

山口茜さんのプロフィール

名前 山口 茜
生年月日 1996年3月1日
出身地 東京都
所属事務所 有限会社 悟空
Twitter(ツイッター) 山口茜
YouTube(ユーチューブ) A-cubeの A-Tube

山口茜さんが所属する有限会社 悟空は、声優の山口勝平さんが代表を務めている声優事務所です。
山口勝平さんは山口茜さんの実のお父さんなので、その事務所に所属するのは自然な流れかもしれません。

また、「あかね」さんという名前については、公表されていないものの「らんま1/2」のヒロインが由来ではないかと言われています。
山口勝平さんが主人公の早乙女乱馬(さおとめらんま)役を演じていたので、ヒロインである天童あかねから名前を取った可能性は十分あるのではないでしょうか。

お顔立ちもとてもかわいい山口茜さんですが、意外と身長が高いようです。
明確な数字は出されていませんが、「大きいんだね」と驚かれるというエピソードを話していました。

現在は声優と落語家という2つの顔を持っている山口茜さん。
朗読劇などにも参加し、可愛らしい声を武器に活躍しています。

さくら
さくら
2021年12月時点で25歳とまだお若いので、これからの活躍が楽しみな声優さんですね❗

山口茜さんの代表的な出演作品

Eテレなど子ども向けアニメで活躍している山口茜さんですが、初めて山口勝平さんと共演した作品があります。
グッズ化もしている人気番組なので、知っている人もいるのではないでしょうか。

宇宙なんちゃら こてつくん「おたま」

created by Rinker
¥3,227
(2022/05/23 08:43:01時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 宇宙なんちゃら こてつくん
演じた役 おたま
放送年 2021年〜

舞台は未来、人類が月面に降り立った50年数後。
人間に差をつけられていたアニマル国の人々(?)が、宇宙開発を進めるために奮闘するストーリーです。

「われわれも月面に旗を立てるぞ!」というアニマル総理大臣の一言がきっかけで、アニマル国宇宙アカデミーが設立されました。
ここに通うこてつを中心に、様々なキャラクターが巻き起こすエピソードが楽しい作品です。

Eテレで放映されているアニメなので、ナップサックや手提げ、上靴袋などの子ども向けグッズも豊富ですよ。

山口茜さんが演じるおたまは、まじめで明るいけれど、そそっかしいところもあるという猫のキャラクターです。
少々なまっているのもチャームポイントですよ。
また、山口勝平さんはじいちゃん役で出演しています。

山口茜さんは役が決まった時に、「もうめちゃくちゃ嬉しくて夢みたい」と表現していました。
元々好きだった作品かつキャラクターだったとのことで、運命的ですね!

さくら
さくら
初の親子共演ということで、そこもお互いに嬉しかったでしょうね✨

山口茜さんのその他の出演作品

他にもいくつかの作品に出演している山口茜さん。
有名な作品もあるので、実は声を聞いたことがあるかもしれませんよ。

アニメ(テレビ・映画)

放送年 出演作品 演じた役
2020年 半妖の夜叉姫 幼い銀禍、半妖の子
2021年 半妖の夜叉姫2 男の子
2021年 深海のサバイバル! コン博士の少年時代
2021年 おじゃる丸 雷の子供、おばあさん

他にもラジオ番組「大崎フリーク」に出演したり、数々の舞台に出たりと、様々な方面で活躍しています。

山口茜さんの経歴

現在活躍の幅を広げている山口茜さんですが、これまでの経歴が気になるところですね。
なぜこの仕事を選んだのか、そしてアニメ以外の場ではどんな活躍をしているのか、詳しく見ていきましょう。

デビューするまで

山口茜さんは、お父さんである山口勝平さんが舞台に出ている姿を見て、お芝居に興味を持ったそうです。
そして劇団の養成所に入りました。

その後デッドストックユニオンの「答えは次のページに」、OKAMI企画の「SHIBARAKU」など、役者としていくつもの舞台に立っています。

また、お父さんのお仕事ということもあり、役者や声優という職業が山口茜さんにとって身近だったのか、幼稚園の頃から将来の夢は声優でした。
気づいたら「声優になりたい」という気持ちが育っていた…とインタビューで語っていましたが、山口茜さんは小さい頃の夢を見事に叶えたのですね。

ただ、もっと小さい頃はケーキ屋さんになりたかったとのこと。
結局、自由にケーキが食べられるわけではないことに気づいてやめたという、とても微笑ましいエピソードです。

実際に役者を目指し始めた頃は「あまり頼ってはいけない」という思いから、なかなか山口勝平さんに芝居についての相談をすることはなかったようです。
ですが同じ仕事をしていく中で、今では時々アドバイスをもらいながら良い関係で同じお仕事を続けられています。

山口茜さんが声優としてデビューした作品ははっきりしていませんが、「宇宙なんちゃら こてつくん」は初のレギュラー役、かつ親子初共演ということで嬉しさもひとしおだったことでしょう。

声優としての転機

2021年12月現在の代表作である「宇宙なんちゃらこてつくん」は、元々原作のWebマンガも読むほど好きな作品だったようです。

当時声優として活動し始めであった山口茜さんは、「大好きな作品のオーディションがあるなら受けてみたい」というダメもとのつもりでオーディションに臨みました。

合格の結果を聞いた時は、嬉しい反面おののいてしまったそうです。
Eテレという大きな舞台でレギュラーとして出演しているこの作品が、山口茜さんの声優としての転機となったことは間違いないでしょう。

山口勝平さんと一緒の現場であっても恥ずかしさなどはなく、楽しくお仕事できているとのこと。

事務所のボイスサンプルを聞くと、とても可愛らしくて明るい声なので、おたま役にもぴったりですよね❗

落語家としての活躍

声優、役者の他に落語家としての顔も持つ山口茜さん。
これまでもいくつもの寄席で噺をしてきました。

人情山口家は山口茜さん、山口勝平さん、そしてお兄さんである山口竜之介さんが3人揃う舞台です。
2021年7月に予定されていた分はコロナウイルス感染症の影響で中止となってしまいましたが、次回に期待するファンも多い人気の寄席です。

また、オトメカイは主催の立川志ら乃さんを除いた演者が全員女性という珍しい寄席です。
女優の真下玲奈さんなど、落語以外の分野で活躍している人も出演していますよ。

山口茜さんが直接目の前で話す、あるいは演じる姿が見られる落語、ぜひ見てみたいですね。

演劇ユニットA3(エーキューブ)とは

A3(エーキューブ)は、山口茜さんの他、大川亜耶さん、菊地歩さんの3人から成るユニットです。
朗読や配信、舞台などの様々なことに挑戦していくとのことで、YouTubeには朗読劇などの動画があげられています。

A3という由来は、Actor(役者)・Absorb(吸収する)・Ability(能力)の3つの頭文字から来ているとのことです。
メンバー3人の名前がAから始まるのもポイントかもしれませんね。

2020年7月以降は動画が更新されておらず、公式Twitterも情報の発信がほとんどありません。
大川亜耶さんは劇団扉座の準座員として活動中ですが、菊地歩さんについては現在の情報もありませんでした。

元気いっぱいで仲の良さそうな素敵な3人なので、今後の活動再開も期待したいところです。

さくら
さくら
何事にも全力で取り組んでいそうな様子が素敵ですよね❗

山口茜さんのプライベート

多分野でマルチな活動をしている山口茜さんですが、声優仲間でもある家族との関係や、好きなことなど私生活の様子も気になりますね。
ここではプライベートな山口茜さんの姿についてご紹介していきます。

山口勝平さんとはどんな関係?

上述の通りお父さんは山口勝平さんです。
名探偵コナンの工藤新一役、犬夜叉の犬夜叉役、ONE PIECEのウソップ役など数々の人気キャラクターを演じている、トップ声優です。

山口勝平さんはとても明るい性格のようで、山口茜さんも「優しくて面白いお父さん」と表現しています。
山口勝平さんのTwitterにはユーモラスな表現が豊富で、見ていて楽しくなってしまいますよ。

また、家族仲も良いようで、家でおしりたんていごっこをやっている…というエピソードが披露されたこともあります。
山口茜さんがブラウン役、山口勝平さんはマルチーズ所長役をしていたようですが、声優一家のごっこ遊びのレベルがとても気になりますね❗

そして実は父娘で似ているところがあるそうです。
それは台本にイラストを書き込むことで、2人とも楽しそうな表情や可愛らしい表情など、表現したい表情をメモしていたのです。

ある時山口勝平さんが「茜も書いてる!」と気がついたとのこと。
こうした仕事に対する向き合い方などにも親子の絆を感じますね。
ちなみに2人ともイラストはとても上手なようですよ。

兄妹仲はどんな感じ?

山口茜さんのお兄さんは、声優の山口竜之介さんです。
山口竜之介さんの所属事務所は、山口勝平さんが社長を務めており山口茜さんも所属している株式会社 悟空ではなく、アトミックモンキーです。

仕事に関するアドバイスについて、山口茜さんは「他の人に言われたら素直に聞けることでもお父さんに言われると聞けないこともある」、加えて「兄は特にそんな感じみたい」と表現しています。
もしかしたらこの辺りが別事務所を選んだ理由なのかもしれませんね。

とはいえ兄妹仲が悪いかというと、決してそんなことはありません。
落語「人情山口家」、朗読劇「朗読山口家」など、山口勝平さん・山口竜之介さん・山口茜さんの3人で出演した舞台はいくつもあります。

また、山崎茜さんは山崎竜之介さんがパーソナリティを務めるラジオ番組:大崎フリーク(FM SHINAGAWAにて毎週金曜日の20:30から放送中)に数回出演しました。
この時は品川区大崎の街情報だけでなく、兄妹の仲良しトークも楽しむことができましたよ。

さらに2020年度に山口竜之介さん、2021年度に山口茜さんがそれぞれ大崎駅の1日駅長に抜擢されました。
地元に密着した仕事を始め、仕事面でも兄妹で関わりを持つことができています。

趣味や特技について

事務所の公式プロフィールによると、山口茜さんの趣味や特技はイラスト落語だそうです。
落語は趣味や特技というよりお仕事だと思いますが、イラストが趣味というのは素敵ですね。

山口茜さんが描いた絵が披露される機会はまだないようですが、山口勝平さんはイラストも上手なことで有名です。
台本にもイラストの書込みをすると話していた山口茜さん、ぜひその腕前を披露してほしいところです✨

さくら
さくら
仕事を通して家族でつながりを持つことができるって素敵ですよね❗

山口茜さんと同姓同名の人物

インターネットで検索すると、別の人物であっても同列に表示されてしまうのでややこしいですよね。
ここでは山口茜さんと同姓同名の人物を3名ご紹介します。

バドミントン選手の山口茜さん

まず1人目は、再春館製薬所に所属しているバドミントン選手の山口茜さんです。

2015年の京都インターハイでは、史上初の3連覇を成し遂げた功績があります。
さらに2018年に世界ランキングで1位になりましたが、これがシングルスの選手としては日本初ということで大きな話題にもなりました。

また、2021年の東京オリンピックにも出場しましたが、惜しくも準々決勝で敗れてしまいました。

バドミントン選手の山口茜さんは1997年6月6日生まれということで、声優の山口茜さんとは2学年差です。
年の近い山口茜さんが、それぞれの場で活躍しているというのは凄いことですね。
ちなみにインスタグラムを使っているのはこちらの山口茜さんです。

声優の山口茜さん

そして2人目は、同じく声優というお仕事をしている山口茜さんです。
先までご紹介していた山口茜さんとこちらの山口茜さんを同一人物として紹介しているサイトもあるほどなので、やはり間違われやすいのではないでしょうか。

こちらの山口茜さんは、長崎県出身で以前はアイムエンタープライズ所属、現在はフリーとなっています。
1981年12月13日生まれなので、2021年12月時点で40歳となります。

2004年からテレビアニメ等で活躍しており、「オリビア」のハロルド役、「DANDOH!!」の青葉恭子役などを演じていました。
ただ、近年は公で活動している機会は少なくなっているようです。

年齢も出身も家庭環境も異なるお2人ですが、同じ声優業界の山口茜さんなのでお間違いないようにしてくださいね。

演出も手がける山口茜さん

3人目は、劇作家でありながら演出も手がけている山口茜さんです。
トリコ・A・プロデュースという団体を設立し、自らのプロデュースで演劇を上演していました。

2003年に第10回OMS戯曲賞大賞を受賞し、2006年には若手演出家コンクール最優秀賞を受賞したという、かなり才能のある人です。
さらに2015年にはサファリ・Pという劇団も立ち上げています。

他人(初期化する場合)へそで、嗅ぐなど独特なタイトルの劇が多く、深く考えさせられる作品になっています。
最新作は「へそで、嗅ぐ」で、こちらは脳性麻痺の方を主人公とした作品だそうですよ。

さくら
さくら
同姓同名の方がいるだけでなく、みなさん活躍しているなんて驚きです。山口茜さん、凄いですね…❗

山口茜さんについてまとめ

今回Ludusでは山口茜さんについて、声優をはじめ落語や舞台など、様々な場面で活躍する姿をご紹介してきました。
人気声優である山口勝平さんの娘であり、兄が山口竜之介さんという声優一家に育ちながらも、自分でしっかり道を見つけて努力していることが分かりましたね。

声優としての活動は始まってから日が浅いようなので、これからの活躍がとても楽しみですね。

この記事を読んで山口茜さんの出演する作品を見てみたい、この舞台を見てみたいという方は、ぜひその作品に触れていただけたらと思います。
そして、今後も山口茜さんがどんな活躍を見せてくれるのか楽しみに待ちつつ、TwitterやYouTubeをフォローしてください。

さくら
さくら
最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました❗