野村道子の出演作品・プロフィール!2代目しずかちゃん役の声優を紹介!

野村道子

野村道子さんは賢プロダクションに所属する声優です。

現在は声優業よりもイベントの企画・プロデュースや若手の育成に力をいれておられます。

今回Ludusでは野村道子さんについて以下のことをご紹介していきます。

  • 野村道子さんのプロフィール
  • 野村道子さんの代表的な出演作品
  • 野村道子さんのその他の出演作品
  • 野村道子さんの経歴
  • 野村道子さんの声優以外の活動
  • 野村道子さんのプロフィール

この記事を読むと野村道子さんの今までの活躍から現在までのことを知ることができますよ。

花音
花音
最後まで読んでいってくれてもいいわよ!

野村道子さんのプロフィール

読み方 のむら みちこ
本名 内海 道子(うつみ みちこ)
愛称 ミッチィ
生年月日 1938年3月31日
出身地 神奈川県横浜市
身長 150cm
血液型 A型
趣味 ダンス、太極拳
配偶者 内海 賢二(2013年死去)
事務所 賢プロダクション(相談役)
公式ブログ みっち日記

野村道子さんは賢プロダクションに所属する声優です。
賢プロダクションには甲斐田裕子さんやかないみかさん、小西克幸さんなど多くの声優が所属しています。

野村道子さんは少女の役やかわいらしいキャラクターの声などを多く担当されていました。

1984年に夫の内海賢二さんが立ち上げた賢プロダクションを支えるために、声優の仕事はレギュラーのみに絞っています。
そして2005年からはプロダクション経営の方へ力を入れており、現在は事務所の相談役として在籍されています。

また若手の教育にも力を入れており、賢プロダクションの付属養成所・オフィスデュオの代表も務められています。

野村道子さんの代表的な出演作品

ここからは野村道子さんの代表的な作品をご紹介します。

国民的なアニメのキャラクターを担当されていたので、声を聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

さるとびエッちゃん

出演作品 さるとびエッちゃん
演じた役 猿飛エツ子
放送年 1971年

野村道子さんの代表的な作品1作目はさるとびエッちゃんです。

この中で主人公の猿飛エツ子を演じられています。

エッちゃんこと猿飛エツ子は怪力で猛スピードで走り、動物とも話もできる不思議な女の子です。そのエッちゃんが転校先の三つ葉小学校で色々な騒動を巻き起こすコメディ作品となっています。

小っちゃくて不思議な女の子に野村道子さんの可愛らしい声がとても合っています。

みつばちマーヤの冒険「マーヤ」

出演作品 みつばちマーヤの冒険
演じた役 マーヤ
放送年 1975年

野村道子さんの代表的な作品2作目はみつばちマーヤの冒険です。

この中で主人公のマーヤを演じられています。

外の世界にあこがれるマーヤはある日ミツバチの国を飛び出してしまします。追いかけてきた友達のウィリーと一緒にバッタやカブトムシなど多くの友達を作りながら旅をしていきます。

みつばちマーヤの冒険は続編もでているのですが、野村道子さんは第1作目のみマーヤの声を担当されています。
ちょっとおしゃまな女の子の役は野村道子さんのはまり役ですね❗️

ドラえもん「源静香」

出演作品 ドラえもん
演じた役 源静香
放送年 1979年~2005年

野村道子さんの代表的な作品3作目はドラえもんです。

この中で源静香(しずかちゃん)を演じられています。

ある日、ネコ型ロボットのドラえもんが何をやってもできないダメな少年・のび太を立派にするために22世紀の未来からやってきました。
未来の道具を使って2人が様々な笑いと感動を巻き起こす生活ギャグアニメです。

しずかちゃんはのび太のクラスメイトで、野村道子さんは2代目として約26年間声の担当をされてきました。

しずかちゃんを演じられていた時は、声が老けないように若くいようという緊張感をもっておられたそうです。
またしずかちゃんがのび太を呼ぶとき、以前はのび太くんやのびちゃんなどバラバラだったのを「のび太さん」で統一したのは野村道子さんだそうです。
この設定はアニメから漫画に逆輸入されていたり、後任のかかずゆみさんにも受け継がれています。

サザエさん「磯野ワカメ」

created by Rinker
扶桑社
¥1,430
(2022/05/17 17:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 サザエさん
演じた役 磯野ワカメ
放送年 1976年~2005年

野村道子さんの代表的な作品4作目はサザエさんです。

この中でサザエさんの妹の磯野ワカメを演じられています。

サザエさんことフグ田サザエをはじめとした磯野家やフグ田家が、家族や身近な人たちと織りなす日常を描いた作品です。

野村道子さんはワカメちゃんの2代目の声優として29年間もの間、声を担当してきました。

ドラえもんの声優一斉交代の際にプロダクション業務に専念するため、同時にサザエさんも降板されたそうです。

花音
花音
29年も女の子の声を担当するなんてやるじゃない!

けんぷファー「ハラキリトラ」

出演作品 けんぷファー
演じた役 ハラキリトラ
放送年 2009年~2011年

野村道子さんの代表的な作品5作目はけんぷファーです。

この中で主人公ナツルのアドバイザーである、ハラキリトラを演じられています。

ごく普通の男子高校生である瀬能ナツルは、ある朝目が覚めると女になっていました。
さらに突然しゃべりだした贓物アニマルのハラキリトラから戦うための存在であるケンプファーに選ばれたと告げられます。
そして次々と襲いかかるケンプファーの美少女たちによってナツルは否応なしに戦いに巻き込まれていきます。

ハラキリトラは腹切りをした片目アイパッチが特徴的なトラのぬいぐるみです。
原作のライトノベルの中で昔のしずかちゃんのような声と設定されていることで、野村道子さんがキャスティングされました。
このとき、野村道子さんが声優として活動するのはサザエさんやドラえもんを降板して以降4年ぶりのこととなっています。

この役が決まったとき野村道子さんは、阪神タイガースのファンなので役がトラと聞いて「やるぞー!」と思ったそうですよ。
どこまでしずかちゃんに寄せていくか難しい場面もあったようですが、楽しくアフレコされたようです。

野村道子さんのその他の出演作品

野村道子さんの代表作以外の出演作品をご紹介します。

アニメ(TV・映画・OVA)

放送年 出演作品 演じた役
2012年 リトル・チャロ~東北編~ シズ
1983年 ピュア島の仲間たち コーナ
1982年 パタリロ! プララ、ココ
1982年 あさりちゃん 藪小路いばら(2代目)、友人、同級生
1980年 まんがことわざ辞典 トキ
1979年 銀河鉄道999 レーデ、ミア、ナミナミ、娘
1978年 ピンクレディー物語 栄光の天使たち ミー
1975年 一休さん おそで
1974年 カリメロ プリシラ(初代)
1973年 バビル2世 古見由美子
1972年 魔法使いチャッピー チャッピー・ハンスト・シャルル・グリム・アンド・イソップ・エトセトラ(代役)
1971年 タイガーマスク 若月ルリ子(2代目)
1970年 昆虫物語 みなしごハッチ アーヤ
1969年 ハクション大魔王 さくら、星ゆり子
1969年 アタックNo.1 三原ゆみ子、八木沢桂(2代目)
1968年 魔法使いサリー ポニー・ブリオン、病気の少女
1967年 パーマン サブ
1967年 マッハGoGoGo 志村ミチ(3代目)
1966年 おそ松くん
1965年 ジャングル大帝
1963年 鉄腕アトム

一度は名前を聞いたことのありそうな有名アニメに多く出演されていますね。

吹き替え(映画・ドラマ・人形劇)

放送年 出演作品 演じた役
1977年 スローターハウス5 モンタナ・ワイルドハック
1972年 王様と私 タプティム(東京12ch版)
1967年 プリズナーNo.6 おとぎ話 バーの女
1966年 スパイ大作戦 誘拐に挑戦しろ サンディ
1966年 宇宙大作戦 アンジェラ・マーティーニ少尉
1965年 スーパーカー ジジ(フジテレビ版)
1965年 サンダーバード すばらしいクリスマスプレゼント 看護師ニモ
1964年 0011ナポレオン・ソロ エイプリル・ダンサー、モニカ
1964年 奥さまは魔女 木の精ジュリー
エリックの青春

ドラマ・ナレーション等

放送年 出演作品 演じた役
2015年 ドラえもん、母になる~大山のぶ代物語~ 番組出演
最終神話戦争イデアオペラ オリジナルCD エグゼクティブプロデューサー
いきなり黄金伝説 ナレーション
フジテレビ お天気お姉さん
1965年 太閤記 おきぬ

活動を始めたころは女優としてドラマに出演したり、お天気お姉さんとして活動したりと、様々な活動をされていたようです。

野村道子さんの経歴

ここからは野村道子さんの声優になったきっかけから現在までの経歴をご紹介します。

声優をめざしたきっかけ

野村道子さんは小さい頃からラジオドラマが好きで、学生時代は演劇部に所属しており演じる事に興味があったようです。
そして高校3年生の時には東京アナウンスアカデミーが設立した劇団の役者の養成所へ通い始めます。

その後は養成所の講師を務めていたプロデューサーの番組に出演していましたが、20代前半の時に、フジテレビの天気キャスターオーディションに合格し、3年間初代お天気お姉さんとして活躍されます。

しかしお天気お姉さんの活動を始めたことで、朝から始まるドラマの撮影に参加できなくなり、代わりに声だけの仕事が増えていきました。

事務所も劇団三王、近鉄劇場、東京俳優生活協同組合、T・A・P、青二プロダクションと色々なところへ移籍しています。

多くの賞を受賞

声優として活動を始め、可愛らしい声を活かした少女役やマスコットキャラクターを中心に活動されてきました。

その中でもドラえもんのしずかちゃん役を26年間務めた功績を称えられて多くの賞を受賞されています。

2005年第14回日本映画批評家大賞で田山力也賞、2006年に第11回アニメーション神戸で特別賞、2007年に東京国際アニメフェア2007で第3回功労賞をドラえもんのレギュラー声優陣(大山のぶ代さん、小原乃梨子さん、たてかべ和也さん、肝付兼太さん)と共に受賞されています。

また、個人としては2016年に第10回声優アワード功労賞を受賞されています。

新たな試みの朗読歌劇

野村道子さんは色々な朗読劇などを企画やプロデュースされています。

2020年の初めから新型コロナの影響で色々なイベントが中止されていく中、人前で演じて、人にみられて成長するから発表する場がないといけないと考えていたそうです。

その後少しずつイベント開催が緩和されてきたころに2年間温めていた朗読劇とオペラをコラボさせた朗読歌劇を企画・プロデュースされています。

2020年冬に上演した第1回は好評で無事に成功を収め、2022年の年明けには第2回が上演される予定となっています。
成功すればシリーズ化して年明けの恒例イベントにしたいと思っていたようで、この先も続いていくと素敵ですね

花音
花音
新しいこと始めるなんてすごいじゃない!

野村道子さんの声優以外の活動

野村道子さんは声優業とは別に1984年からプロダクションの経営などに携わっています。

賢プロダクションの経営

1984年に野村道子さんの夫の内海賢二さんが賢プロダクションを設立したものの、経営には無頓着だったようです。
そこで内海賢二さんに助けを求められた野村道子さんは賢プロダクションに移籍し、声優業もセーブして経営を支えていきます。

事務所経営はスタッフの裏切り等もあり厳しい時期もあったようですが、長男の内海賢太郎さんも入社し、3人で立て直していこうと頑張ってこられたようです。

現在、賢プロダクションは息子の内海賢太郎さんが社長を務め、野村道子さんは相談役を務めています。

付属養成所オフィスデュオ

1998年には賢プロダクションの付属養成所・オフィスデュオを開講し、野村道子さんは養成所の代表として若手の育成にも力をいれています。

意図的に個性の強い人を生徒に採用しているようで、野村道子さん曰く自分のスタイルを変えない子は強くて魅力があるから、どう料理しようか楽しみなのだそうです。

オフィスデュオの出身者としては代永翼さんや阿部敦さん、伊藤静さんなどがおられ、他にも数多くの生徒を輩出されています。

オフィスデュオに興味がある方はぜひ公式HPをのぞいてみてください!

声優 e-Learning システム SPOTの発起人

SPOTとはSEI-YU PERSONAL ONLINE TRAININGの略で自宅などでパソコンやスマートフォンを通してオンラインで授業が受けられる声優 e-Learning システムです。
2020年に第1期生が募集され開講しています。

野村道子さんが声優になりたいけれど家が遠くて通えないという声が多いので、自宅で声優の勉強ができるようにオンラインの学校ができないかと各声優事務所に相談したのがSPOTを開講するきっかけとなったそうです。

アクロスエンタテインメント、賢プロダクション、ステイラック、ムーブマンの4社の声優プロダクションがバックアップし、現役声優によるマンツーマン授業を受けることができます。

声優を目指している方や興味がある方は一度SPOTのHPTwitterなどをチェックしてみてくださいね👀

野村道子さんのプライベート

ここからは野村道子さんのプライベートについてご紹介します。

おしどり夫婦

野村道子さんは1973年にマッハGoGoGoで共演した声優の内海賢二さんとご結婚されています。

元々内海賢二さんは野村道子さんにとって男友達の1人でしたが、内海さんの方から熱心なアプローチを受けて交際を始め、結婚に至ったそうです。
結婚当時はお互い多忙であったため入籍のみをし、4年後にハワイ旅行へ行った際に挙式をされています。

業界内でもオシドリ夫婦で有名だったそうで、ドラえもんの収録の時は毎回内海賢二さんがスタジオまで迎えに行っていたそうです。
野村道子さんは2013年に内海賢二さんが死去された時は憔悴され、周りの人たちもとても心配されたそうです。

今も寂しさを感じられているようですが、最近では孫の成長を楽しみながら前へと進んでるようですね。

ドラえもん声優陣との絆

ドラえもんのレギュラー声優陣とは同年代であったこともあり仲がよかったようです。
特にドラえもん役の大山のぶ代さんやのび太役の小原乃梨子さんとは公私共に親交があったそうです。

1回目の収録の時は小原さんが風邪のために中止となり、代わりに食事会をしたことで仲間意識が強まり、その後26年間ずっと共に過ごしてきたことで家族のような感覚になってきたそうです。

レギュラーメンバー一新のために一緒に降板した時も、最後の収録の時にいつか同窓会をしようと約束し寂しさはなかったのですが、その後大山のぶ代さんが認知症を発症し、続けてたてかべ和也さん、肝付兼太さんが亡くなられたことで野村道子さんはかなり堪えたそうです。

同窓会は開かれることはありませんでしたが、野村道子さんはその絆を大切にし、残りの人生を声優界に恩返しする気持ちで今も頑張られています。

野村道子さんのまとめ

今回Ludusでは野村道子さんについてご紹介してきました。

現在82歳という年齢ですが、プロダクションの運営や後進の育成に力を注いでおり、その中で新しい試みを企画したりと積極的にご活躍されています。

声優業もご本人曰く開店休業中とのことなので、もしかするとまたどこかで声を聞ける機会もあるかもしれませんね。

野村道子さんのこれからのご活躍が気になる方は、野村道子さんのブログや賢プロダクションの公式Twitterなどをチェックしてみてください!

花音
花音
最後まで読むなんてさすがね!