本名陽子の出演作品・プロフィール!耳をすませばやプリキュアも紹介!

本名陽子

本名陽子さんは、リマックスに所属する声優、女優、歌手、ナレーターです。

アニメのキャラクターや吹き替えで演じていたり、テレビドラマに女優として出演もされています。

今回Ludusでは本名陽子さんについて以下の事をご紹介していきます。

  • 本名陽子さんのプロフィール
  • 本名陽子さんの代表的な出演作品
  • 本名陽子さんのその他の出演作品
  • 本名陽子さんの経歴
  • 本名陽子さんのプライベート

この記事を読めばwiki以上に本名陽子さんのことを知ることができますよ!

そら
そら
最後まで見ていってね~

本名陽子さんのプロフィール

読み方 ほんな ようこ
出生地 埼玉県草加市
血液型 O型
生年月日 1979年1月7日
身長 161cm
特技 書道、テニス、ピアノ
趣味 料理、ドライブ、語学の勉強(中・伊・露)、地図を眺めること
資格 整理整頓アドバイザー2級、普通自動車免許
事務所 リマックス
Twitter @honnayoko
公式オフィシャルブログ ほんなのほんね

本名陽子さんはリマックスに所属する声優であり、女優や歌でも活躍されています。
同じ事務所には高乃麗さんや佐倉薫さんなどが所属されています。

本名陽子さんは元々子役出身で、昔は舞台やCM、ドラマなどで活躍されていました。
声優として活動を始めたのは中学生の時で、ジブリ作品に多く出演されています。

現在も声優の仕事に加えて舞台に出演したり、音楽ユニット「宇宙時計」を結成して作詞作曲などを行ったりなどマルチな活動を行っています。

本名陽子さんの代表的な出演作品

ここからは本名陽子さんの代表的な出演作品をご紹介します。

耳をすませば「月島雫」

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,809
(2022/05/19 00:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 耳をすませば
演じた役 月島雫
放送年 1995年

本名陽子さんの代表作品1作目は耳をすませばです。

この中で主人公の月島雫を演じられています。

読書が好きな中学3年生の月島雫は、図書貸し出しカードに天沢聖司という名がたびたびあることに気づき、どんな人なのか思いをめぐらします。
その後天沢聖司と出会い、最初はやな奴だと反発していましたが、夢へと進んでいく彼にだんだん惹かれていきます。

月島雫を演じた時、本名陽子さんは15歳で等身大の演技が見られますよ。
主題歌として歌っていたカントリーロードも必聴です🎤

ちなみに天沢聖司役の高橋一生さんとは同じジブリ作品のおもひでぽろぽろでも共演しています!

恋する天使アンジェリーク「エンジュ」

created by Rinker
メディアファクトリー
¥7,780
(2022/05/19 00:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 恋する天使アンジェリーク
演じた役 エンジュ
放送年 2006年

本名陽子さんの代表作品2作目は恋する天使アンジェリークです。

この中で主人公のエンジュを演じられています。

恋する天使アンジェリークはコーエーの恋愛シュミレーションゲーム、アンジェリーク エトワールを原作としたアニメ作品です。

女王が宇宙を統べる世界に住む少女エンジュは突然宇宙を救う伝説のエトワールに選ばれてしまいます。
女王に仕える守護聖らの協力を受けつつ、新しい聖獣の宇宙の育成の手助けをしていきます。

エンジュはアニメ版では自分には取り柄がないと思い込み引っ込み思案な性格の女の子です。

等身大の女の子という役柄に本名陽子さんの真っすぐな演技が合っています❗️

ふたりはプリキュア「美墨なぎさ・キュアブラック」

出演作品 ふたりはプリキュア
演じた役 美墨なぎさ・キュアブラック
放送年 2004~06年

本名陽子さんの代表作品3作目はふたりはプリキュアです。

この中で主人公の1人美墨なぎさ・キュアブラックを演じられています。

光の園から虹の園(地球)に逃げてきた妖精たちと偶然出会った中学生の美墨なぎさと雪代ほのかは、伝説の戦士プリキュアへ変身する力を与えられます。
そして悪の勢力・ドツクゾーンが光の園から奪ったプリズムストーンを奪還する戦いに挑む物語です。

美墨なぎさはスポーツ万能で強い正義感を持った活発な女の子です。妖精のメップルがパートナーです。

最初、本名陽子さんは雪代ほのか役でオーディションを受けていたそうで、反対にほのか役のゆかなさんは美墨なぎさ役で受けていたそうです。
ちょうどオーディションで声を当てていた相手がゆかなさんだったらしく、その時に役を交換してみたら、その交換した役柄で受かったそうです。

そら
そら
本名陽子さんにとって大きな転機となった作品らしいよ~

機動戦士ガンダム00「スメラギ・李・ノリエガ」

出演作品 機動戦士ガンダム00
演じた役 スメラギ・李・ノリエガ
放送年 2007年

本名陽子さんの代表作品4作目は機動戦士ガンダム00です。

この中でスメラギ・李・ノリエガを演じられています。

ガンダムシリーズ12作目にあたる作品で、西暦2037年の己の威信と繁栄のために終わりのない戦いを続ける世界が舞台となっています。
そんな中武力による戦争の根絶を掲げる私設武装組織、ソレスタルビーイングが現れ、ガンダムによる全戦争行為への武力介入が始まります。

スメラギ・李・ノリエガはソレスタルビーイングの宇宙輸送船・プトレマイオスの乗員で作戦立案を行う戦術予報士です。
アメリカ出身の日系スペイン人で、決断力に優れプトレマイオスチームの全体の指揮をとっています。

これまでのキャラは学生の女の子を演じる事が多かったですが、スメラギ・李・ノリエガは本名陽子さんの大人な演技が見られますよ。

本名陽子さんのその他の出演作品

次は本名陽子さんの代表的な作品以外のものをご紹介します。

知っている作品があるかチェックしてみてくださいね。

アニメ(TV・映画・OVA)

放送年 出演作品 演じた役
2022年 平家物語 平経子
2021年 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション クレア・ボヤンス
2021年 平穏時代の韋駄天たち ブランディ
2021年 パズドラ 翔子先生
2020年 LISTENERS リスナーズ ウェンディ
2019年 爆釣バーハンター セクシー原人
2018年 ソードアート・オンライン アリシゼーション 謎の声/シャーロット
2017年 鬼灯の冷徹 五官王
2016年 宇宙パトロールルル子 ララ子・ゴッドスピード、ブラウニー
2015年 金田一少年の事件簿R 白樹紅音
2014年 サザエさん 女の子、美奈子
2013年 ダンボール戦機WARS キャサリン・ルース
2012年 名探偵コナン 甲斐谷貴和子、弁崎素江、加賀美しのぶ
2011年 とある魔術の禁書目録 ワシリーサ、おばさん
2009年 鉄のラインバレル 森次百合子
2006年 .hack//Roots アスタ
2005年 英國戀物語エマ サラ、アニー
2002年 猫の恩返し チカ
1993年 クレヨンしんちゃん ゆきこ
1991年 おもひでぽろぽろ 岡島タエ子(小学5年時)

猫の恩返しなどのジブリ作品やコナン、サザエさんなどの有名作品にも出演されています。

最近ではヒロアカの最新映画のオリジナルキャラクターとして出演され注目されていました。

ゲーム

放送年 出演作品 演じた役
2018年 グランブルーファンタジー グレイス
2015年 ミリ姫大戦 -Militärische Mädchen− カッツァーゴ、リベルエーリ
2015年 ペルソナ4 ダンシング・オールナイト 佐山ともえ
2011年 謎惑館~音の間に間に~
2009年 クレヨンしんちゃん 嵐の呼ぶ ねんどろろ~ん大変身! コロンちゃん、ウン=コロン
2009年 闘真伝 シルヴァ・ベッティ
2009年 C-1 Battle ロロ
2008年 タツノコ VS.CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES 想鐘サキ
2008年 ふしぎ遊戯 朱雀異聞 房宿
2007年 忌火起草 早瀬愛美
2004年 みんなのGOLF ポータブル ユメリ
2002年 パンツァードラグーン オルタ オルタ

ドラマCD

放送年 出演作品 演じた役
2016年 賢者の弟子を名乗る賢者 マリアナ
2013年 闇のパープル・アイ-慎也と小田切篇- 曽根原薫子
2009年 カーニヴァル シリーズ イヴァ
2006年 新鬼武者~柳生十兵衛 茜の旅立ち~ 木村助九郎
ぱにぽに セカンドシリーズ Vol.1 ~ベッキー不在!新聞部杯主役争奪大会!!~編 秋山乙女

吹き替え(映画・ドラマ)

放送年 出演作品 演じた役
2021年 イエロージャケッツ ショーナ
2020年 透明人間 セシリア・カシュ
2019年 ザ・キッチン クレア・ウォルシュ
2017年 ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 ジューン/オブフレッド
2016年 封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド 妲己
2013年 悪の法則 ローラ
2012年 アメイジング・スパイダーマン グウェン・ステイシー
2012年 バトルシップ サマンサ・シェーン
2012年 プリティ・リトル・ライアーズ アリソン・ディローレンティス
2010年 新ビバリーヒルズ青春白書 アニー・ウィルソン
2006年 イン・ヤン・ヨー! イン
2006年 アトミック・ベティ ベティ
2005年 ベートーベン ライス・ニュートン(BS2版)
2004年 マーニーと魔法の所 マーニー・マクブライド
2004年 24-TWENTY FOUR-リブ・アナザー・デイ ケイト・モーガン
2002年 レ・ミゼラブル(テレビドラマ版) コゼット

吹き替えではアメリカの女優エリザベス・モスさんと中国の女優ファン・ビンビンさんを担当されており、その他にも主役から端役まで幅広く演じられています。

ナレーション・音声ガイド

放送年 出演作品 演じた役
2012年 ~日中国交正常化40周年記念~地上の天宮 北京・故宮博物院展 音声ガイド
2009年 ボルケーゼ美術館展 音声ガイド
2008年 NHK高校講座オリエンテーション2008
2006年 ふるさと発スペシャル
2004年 BSマンガ世話第31弾
マツモトキヨシ e! 店頭ナレーション
東京富士美術館常設展 音声ガイド
ジブリ美術館ライブラリー ナレーション
美術館の音声ガイドの声を多く担当されています。

ラジオ

放送年 出演作品 演じた役
2013年 キボウラジオ 文化放送(ゲスト)
2010年 朗読 香峯子抄〜夫・池田大作と歩んだひとすじの道〜 RFラジオ日本・ぎふチャン・ラジオ関西
2006年 TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY 火曜日 FM PORT
1996年 本名陽子のYOKO DE PARADAISE 文化放送
1992年 FMシアター「大切な子どもたち」 NHK‐FM

テレビドラマ(実写)

放送年 出演作品 演じた役
2006年 警視庁捜査一課9係 マキ
1993年 はぐれ刑事純情派 和田明日香
1991年 特救指令ソルブレイン 水沢ユカ
1991年 あばれ八州御用旅
1990年 裸の大将放浪記 後藤マチコ
1989年 電脳警察サイバーコップ ユカリ
1988年 仮面ライダーBLACK RX 小泉千種
1987年 銭形平次  お千代
1987年 仮面ライダーBLACK ユキ
1986年 暴れん坊将軍Ⅱ お君
1985年 巨獣特捜ジャスピオン
1984年 新大江戸捜査網

多くは子役時代に出演されていたものですが、舞台なども続けられているので今後の活躍に期待したいですね。

舞台

放送年 出演作品 演じた役
2013年 +GOLD FISH
2010年 ラストコーラス 水前寺亜紀
2008年 銀座通りのデカプリオ 康子先生
2008年 歌の翼にキミを乗せ フミ
2006年 ちんどん~アカンときこそ、笑わんまいけ♪~ 上原陽子
2006年 サクラ大戦シリーズ 吉野杏里
一人旅 貞吉
レ・ミゼラブル リトルコゼット

本名陽子さんの今までの経歴

ここからは本名陽子さんが声優になったきっかけや現在のお仕事など、経歴についてご紹介します。

子役時代

本名陽子さんは子供のころ激しい人見知りだったようで、それを心配した親の勧めで4歳から劇団日本児童に入団してます。
中学卒業まで劇団に所属しており、ドラマや映画、CMなど約180本に出演されています。

主な活躍としては舞台ではレ・ミゼラブルのリトルコゼット役を演じられています。
また、テレビでは仮面ライダーblackシリーズでゲスト出演されていました。

その後、創価大学文学部外国語学科(ロシア語専攻)への進学を理由に芸能活動を休止し、学業に専念されています。

声優としての活動再開

大学卒業後はWAHAHA本舗の裏方の仕事に携わったことをきっかけとして、声の仕事を再開されました。

ただ、子役のころに声優の仕事をしてたとはいえ、独学で勉強していたこともあったことでオーディションに受かるのが難しかったようです。

ふたりはプリキュアに受かるまでの1年間ぐらいはオーディションに落ち続けていて、プリキュアに受からなければ声優の仕事自体を辞めてしまおうと思っていたぐらいだったようです。

本名陽子さんはプリキュアに出演したことで今までになかった一面を引き出してもらったと語っていて、その後はアニメ作品はもちろんの事、吹き替えなど様々な作品で活躍されています。

そら
そら
若い頃はとても苦労があったんだね~

歌手としての活躍

本名陽子さんは音楽活動もされています。

一番有名なものは、子役時代にジブリ作品で歌ったカントリーロード(耳をすませば)ではないでしょうか。

映画の主題歌であるカントリーロードはジョン・デンバーの原曲「Take Me Home, Country Road」とは歌詞が違っています。
原曲では故郷に帰りたいと歌っているのに、雫が劇中でつけた訳詞では故郷に帰れないと意味が真逆になった類似の曲となっていますよ。

他にはふたりはプリキュアの美墨なぎさ名義の曲やサクラ大戦Ⅴの吉野杏里名義の曲など歌われています。

また本名陽子名義で1996年にオリジナルアルバム、2008年、2009年にそれぞれミニアルバムを出しています。
2枚目のミニアルバムFioreでは本名陽子さんが作詞作曲された楽曲も収録されていることにも注目です👀

本名陽子さんのプライベートや趣味

ここまでは本名陽子さんの仕事に関してご紹介してきました。

ここからは趣味やプライベートの事についてご紹介していきます。

結婚や子供は?

本名陽子さんは2014年に一般男性の方と結婚されています。
そして2015年6月20日には長女、2017年5月5日には長男を出産しています。

ちなみに2人目の妊娠報告は金曜ロードショーで放送された耳をすませばをみながら実況するニコニコ生放送で生報告されたそうです。
その際に1度流産したことも告白していて、とても辛かったけどもう1度授かったから大切にしていきたいと思ったそうです。

2人のお子さんの様子は時々Twitterに上がっているので確認してみてくださいね❗️

料理好き

本名陽子さんの趣味に料理とあり、色々なものを自家製で作っているようですね。

ぬか漬けも自分で作っていたり、春菊の天ぷらや娘さんのとってきたジャガイモを調理したりと、時々Twitterで上がっています。

外国語が堪能

本名陽子さんの特技にはイタリア語、ロシア語とあり外国語が堪能なようです。

大学で外国語学科に通っていたことがあったり、海外旅行にも行かれていたようなのでそこで習得されたのでしょう。

仕事面でもそのイタリア語の堪能さを買われて、アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅱ」や「カンピオーネ!」ではイタリア語監修として参加されています。

本名陽子さんについてまとめ

今回Ludusでは本名陽子さんについてご紹介してきました。

子供のころから活躍されている本名陽子さんですが、現在も声優やナレーション、舞台など幅広く活躍されています。

もし今回の記事で本名陽子さんに興味を持たれた方はご本人のTwitter(ツイッター)のフォローや公式ブログのチェックをよろしくお願いいたします❗️

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね~