松本保典の出演作品・プロフィール!ノリスケさんの声優?BLCDも!

松本保典

松本保典さんは、シグマ・セブン所属の男性声優です。

代表作としては『サザエさん』波野ノリスケ役、テイルズ オブ ジ アビス『ガイ・セシル』役などがあります。

今回Ludusでは松本保典さんについて、以下の内容を紹介いたします。

  • 松本保典さんのプロフィール
  • 松本保典さんが出演する代表作品
  • 松本保典さんのその他の出演作品
  • 松本保典さんの経歴
  • 松本保典さんのプライベートについて

この記事を読めば、声優・松本保典さんの出演している作品や、ご本人についての情報が詳しく分かります。

wikiにも書いていないプライベート情報も入れつつ紹介していきますので、そちらにも要注目です👀

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

松本保典さんのプロフィール

名前 松本 保典(まつもと やすのり)
性別 男性
血液型 O型
身長/体重 170cm/67kg
生年月日 1960年2月7日
出身地 千葉県
所属事務所 シグマ・セブン
Twitter 松本保典 (@ryouta3527) / Twitter

松本保典さんは、1987年にデビューをした声優さんです。

当初はぷろだくしょんバオバブに所属していましたが、現在は若本規夫さんなども所属しているシグマ・セブンで活動をおこなっています。

松本保典さんといえば、この後紹介する国民的アニメに出演している印象が強いと思いますが、それ以外では「金髪キャラがやたら多い」ということも言われていて、二枚目から三枚目のキャラクターまで幅広く演じられる声優さんです。

2020年には還暦を迎えられましたが、アニメ・ゲーム・吹き替えなどの分野で、今も現役バリバリの活躍を続けられています

松本保典さんの代表的な出演作品

出演作全体では「主人公のサポートキャラ」といったイメージが強い松本さんですが、今回はメインキャラを中心に代表作を紹介します。

もちろん、誰もが知る国民的アニメのキャラも入れていますよ。

サザエさん「波野ノリスケ」

created by Rinker
扶桑社
¥1,430
(2022/05/16 15:34:26時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 サザエさん
演じた役 波野ノリスケ
出演年 2000年

松本保典さんの代表作1つ目は『サザエさん』です。

松本保典さんはこの作品で、波平の甥である波野ノリスケ役(3代目)を演じています。

『サザエさん』は1969年より放送がスタートし、すでに50周年を迎えた超長寿番組ですが、松本さんは2000年よりノリスケ役を担当して現在も継続中。
すでに20年以上あの声が続いています。

ノリスケさんと言えば、にこやかな笑顔で図々しい発言を連発する性格が印象的ですが、声のおかげもあってか憎めなくて親しみやすいイメージも受けます。

準レギュラーと言ってもいい出番の多さなので、声を全く聴いたことがないという方はほとんどいないでしょう

ドラえもん「野比のび助」

出演作品 ドラえもん
演じた役 野比のび助
出演年 2005年

松本保典さんの代表作2つ目は『ドラえもん』です。

松本保典さんはこの作品でのび太の父親である野比のび助役(4代目)を演じています。

アニメの『ドラえもん』は、2005年にメインキャラの声優を総入れ替えして大きな話題になりました👀

特に注目が集まったのは主役の5人ではありましたが、松本さんもこのタイミングで前任者の中 庸助(なか ようすけ)さんから役を引き継いでいます。

厳しいお母さんとは対照的におおらかな性格で、若干頼りない部分はありながらも優しい雰囲気が声にも良く出ていますよね

テイルズ オブ ジ アビス「ガイ・セシル」

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥28,875
(2022/05/16 15:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 テイルズ オブ ジ アビス
演じた役 ガイ・セシル
出演年 2005年

松本保典さんの代表作3つ目は『テイルズ オブ ジ アビス』です。

松本保典さんはこの作品でメインキャラの1人であるガイ・セシル役を演じています。

『テイルズ オブ ジ アビス』は2005年に発売された有名RPGシリーズです。

「生まれた意味を知るRPG」という公式ジャンル名の通り、自分の生まれや存在意義に悩む
主人公が、時には味方であるはずのメンバーたちに見放されそうになりながらも成長していく物語となっています。

松本さんが演じたガイ・セシルは主人公たちと行動を共にするパーティキャラの1人で、人当たりのいい金髪イケメンです

割とギスギスすることも多かったパーティにおいてキャラ同士の関係を取り持つ貴重な存在でしたが、極度の女性恐怖症であったり音機関と呼ばれる機械マニアであったりと、個性的な面も持ち合わせています。

同じくこのゲームでメインキャラを務めた子安武人(こやす たけひと)さんとはぷろだくしょんバオバブ時代の同期でもあり、息の合った演技をたっぷり見られる作品でした😍

スレイヤーズ「ガウリイ=ガブリエフ」

created by Rinker
¥18,178
(2022/05/16 15:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 スレイヤーズ
演じた役 ガウリイ=ガブリエフ
出演年 1995年

松本保典さんの代表作4つ目は『スレイヤーズ』です。

松本保典さんはこの作品でガウリイ=ガブリエフ役を演じています。

『スレイヤーズ』は1990年から今も刊行され続けている小説を原作にして1995年より放送が開始された、コメディ風味のファンタジー作品です。

これまでにテレビアニメ5期、劇場版5作が制作されるなどの人気を誇り、主人公リナ=インバースを演じた林原めぐみさんの代表作ともなっています。

松本さんの演じたガウリイ=ガブリエフは、主人公リナの相棒とも言える存在です。
こちらもまた金髪キャラであり、松本さんの演じるキャラにおける金髪イメージはこの頃から付き始めていたような気もします。

また、スレイヤーズでは林原めぐみさんらが歌った主題歌をはじめとして楽曲にも注目が集まり、数々のキャラソンも発売されました。
キャラソンでは同じく主演を務めた緑川光(みどりかわ ひかる)さんや鈴木真仁(すずき まさみ)さんと共に、貴重な歌声を聴くこともできます🎤

ちなみに、アプリゲームテイルズ オブ ザ レイズ』では、スレイヤーズコラボにより上で紹介したガイとの共演も果たしており、金髪イケメン同士のツーショットを画面に収めることも可能でした。

三橋貴志「今日から俺は!!」

created by Rinker
東宝
¥13,212
(2022/05/16 15:34:29時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 今日から俺は!!
演じた役 三橋貴志
出演年 1993年

松本保典さんの代表作5つ目は『今日から俺は!!』です。

松本保典さんはこの作品で主人公の三橋 貴志(みつはし たかし)役を演じています。

『今日から俺は!!』はヤンキー漫画を原作としてOVAで展開された作品です。

内容はヤンキーの日常やバトルを描いたものですが、ギャグ・コメディ描写が中心となっているため、グロテスクな表現が苦手な方にも比較的おすすめしやすくなっています。

2018年以降の実写化で作品を知ったという方も多いと思いますが、人気の再燃により当時のOVAがBlu-rayBOXとしても再販売されました
興味のある方はそちらもチェックしてみてください👀

松本さんが演じた三橋は「金髪の悪魔」と恐れられているツッパリで、ケンカの実力以上に頭の回転の速さや卑怯な戦法を駆使して相手を追い詰めていきます。

普段は相手をバカにしたようなふざけた言動が目立ちますが、時には真面目で熱い一面を見せるなど主人公らしいところもある人気キャラクターです

松本保典さんのその他出演作品一覧

ここからは上で紹介しきれなかった出演作について、メインキャラを中心にして記載します。

他にドラマCD、BLCDなどにも数え切れないほど出演されていますので、気になる方は調べてみてください👀

アニメ(TV・劇場・OVA)

放送年 出演作品 演じた役
2021年 SK∞ エスケーエイト 南城虎次郎(ジョー)
2019年 進撃の巨人 エレン・クルーガー
2011年 テレビまんが 昭和物語 山崎有三
2009年 亡念のザムド 垣巣凍二郎
2009年 フレッシュプリキュア! ウエスター(西隼人)
2008年 ロボディーズ 風雲篇 部下A
2008年 Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- 柳原保
2007年 神霊狩/GHOST HOUND 駒玖珠孝仁
2007年 しおんの王 安岡信次
2007年 機動戦士ガンダム00 アレハンドロ・コーナー
2006年 シュヴァリエ 〜Le Chevalier D’Eon〜 サン・ジェルマン
2005年 ゾイドジェネシス ザイリン・ド・ザルツ
2005年 交響詩篇エウレカセブン ストナー
2004年 モンキーターンV 蒲生秀隆
2004年 神無月の巫女 ツバサ
2003年 鋼の錬金術師 ジャン・ハボック
2003年 さいころボット コンボック コンボック
2003年 コロッケ! ウスター
2003年 E’S OTHERWISE 勇基=篤川
2003年 犬夜叉 天下覇道の剣 刹那猛丸
2002年 炎の蜃気楼 千秋修平(安田長秀)
2002年 プリンセスチュチュ 猫先生
2002年 十二国記 桓魋
2002年 GetBackers-奪還屋- 王波児
2002年 ギルステイン カオス・ディスター
2001年 スターオーシャンEX ボーマン・ジーン
2001年 オフサイド 織田和仁
2000年 ラブひな 瀬田記康
2000年 へろへろくん へろへろパパ
2000年 グラビテーション 中野浩司
1999年 それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ カーティス・ローソン
1999年 ジバクくん
1999年 頭文字D シリーズ 秋山渉
1998年 熱沙の覇王ガンダーラ ユウキ・サイジョー
1998年 真ゲッターロボ 世界最後の日 ガイ(剴)
1996年 みどりのマキバオー アマゴワクチン
1996年 ソニック・ザ・ヘッジホッグ ナックルズ
1995年 NINKU -忍空- 黄純
1995年 YAMATO2520 アガ・セリーヌ
1994年 覇王大系リューナイト 月心
1994年 とっても!ラッキーマン 元祖ラッキーマン / ラッキー星 / ナレーション
1993年 疾風!アイアンリーガー マグナムエース
1993年 ガンバレ!SDガンダム大行進 騎士ガンダム
1992年 ファンタジーアドベンチャー 長靴をはいた猫の冒険 クスト
1992年 宇宙の騎士テッカマンブレード ノアル・ベルース
1992年 あしたへフリーキック 橘大地
1991年 横山光輝 三国志 曹操孟徳
1991年 太陽の勇者ファイバード 火鳥勇太郎(ファイバード)
1990年 鬼丸 ONIMARU 鬼丸
1990年 カラス天狗カブト カブト
1989年 The Borgman Last battle 響リョウ
1989年 アイドル伝説えり子 阿木星吾
1988年 機甲猟兵メロウリンク メロウリンク・アリティ
1988年 宇宙の戦士 ジュアン・リコ
1988年 超音戦士ボーグマン 響リョウ
1987年 マンガ日本経済入門(デビュー作) 上田

デビュー以来、有名作品にも次々と出演を重ねています。
サブキャラクターとして登場しても、非常に印象的な役回りが多いです

ゲーム作品

放送年 出演作品 演じた役
2020年 ファイアーエムブレム ヒーローズ トラバント
2019年 キングダム ハーツIII ヘラクレス
2018年 文豪とアルケミスト 山本有三
2010年 ガンダム無双3 騎士ガンダム
2007年 スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS フォルカ・アルバーク
2003年 サモンナイト3 カイル
2002年 絶体絶命都市 陣内晃二
1999年 マクロス VF-X2 エイジス・フォッカー
1998年 悠久幻想曲 2nd Album ルー・シモンズ
1998年 サンパギータ 主人公
1998年 サウザンドアームズ ムーザ・グリフォード
1998年 がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜 ゴエモン
1997年 ロックマンX4 ダブル
1997年 ベルデセルバ戦記 〜翼の勲章〜 ミサキ

ソシャゲを含め近年のゲームにもコンスタントに出ているので、今も声を聴き続けている方は多いのではないでしょうか。

吹き替え

放送年 出演作品 演じた役
2020年 ボー・ピープはどこに? ウッディ
2019年 ムーミン谷のなかまたち ムーミンパパ
2013年 ゴースト・エージェント/R.I.P.D. ニック・ウォーカー(ライアン・レイノルズ)
2013年 アダルトボーイズ遊遊白書 レニー・フェダー(アダム・サンドラー)
2012年 ウソツキは結婚のはじまり ダニー・マカビー(アダム・サンドラー)
2011年 グリーン・ランタン ハル・ジョーダン(ライアン・レイノルズ)
2009年 カールじいさんの空飛ぶ家 ダグ
2008年 ヒットマンズ・レクイエム レイ(コリン・ファレル)
2007年 再会の街で チャリ・ファインマン(アダム・サンドラー)
2007年 バベル リチャード・ジョーンズ(ブラッド・ピット)
2007年 Gガール 破壊的な彼女 マット・サンダース(ルーク・ウィルソン)
2006年 マイアミ・バイス ジェームズ・ソニー・クロケット(コリン・ファレル)
2002年 スパイダー パニック! クリス・マコーミック(デヴィッド・アークエット)
2002年 恋の方程式 あなたのハートにクリック2 スタンリー(ルーク・ウィルソン)
2001年 スポット スミス・ゴードン(デヴィッド・アークエット)
1998年 TAXiシリーズ エミリアン・クタン=ケルバレーク刑事(フレデリック・ディーファンタル)
1996年 ブロークン・アロー ライリー・ヘイル大尉(クリスチャン・スレーター)
1996年 セブン デイヴィッド・ミルズ刑事(ブラッド・ピット)
1995年 告発 ジェームズ・スタンフィル(クリスチャン・スレーター)
1992年 バットマン ロビン(ディック・グレイソン)
1992年 ホワイト・ファングシリーズ ジャック・コンロイ(イーサン・ホーク)
1991年 蒼き獣たち トニー(トニー・レオン)
1990年 いまを生きる トッド・アンダーソン(イーサン・ホーク)

外国映画での吹き替えも多く担当しています。

アダム・サンドラー、デヴィッド・アークエット、クリスチャン・スレーターなどの俳優は専属のように担当しているので、映画好きの方は意識してみてください。

松本保典さんの経歴を紹介

続いては、松本保典さんの経歴からエピソードをピックアップして紹介します。

声優としての活動を開始するまで

大学にいた頃は、映画の制作スタッフになりたいと考えていた松本さん。
しかし当時は良い募集が見つからず、役者になればスタッフにつながるかもしれないと思い劇団入りを目指します。

会社を辞めてまで劇団を志した松本さんは、バイトをしながら偶然にも声の仕事をしている方が多く所属する劇団へ入ることになります。

最初は顔出しが多かったものの、やがて声優としてのオーディションを受けるようになり、27歳の時にデビュー作である『マンガ日本経済入門』への出演を果たしました✨

幻となったワンピースへの出演

1999年頃、『サザエさん』のノリスケ役として出演が決まったのとほぼ同タイミングで、同じくアニメ化を控えていた『ONE PIECE』への出演も決まっていた松本さん。

しかし、収録日が重なるという理由によって『ONE PIECE』への出演を断っていたようです😭

松本さんが出演するところも少し聞いてみたかった気はしますが、相手が『サザエさん』では仕方がないところかもしれません。

松本さんの人気を裏付けるエピソードでした。

名だたるメンバーの中心に鎮座する松本保典さん

こちらは水樹 奈々(みずき なな)さんが座長を務めるイベント「水樹奈々大いに唄う」における一幕です。

舞台にてアドリブ満載の劇が展開されることが通例となっているこちらのイベントですが、これまでに全5回開催され、松本さんはその全てに出演しています

タイトル通り主役はもちろん水樹奈々さんなのですが、同じ事務所に所属していた繋がりもあって毎回招待されており、上の写真では完全に主役を奪う写りっぷりです👀

周りに慕われていることもよく分かりますね。

松本保典さんのプライベートについて

ここでは、松本保典さんのプライベートに関するような情報を2つ紹介します。

松本保典さんの結婚相手について

松本保典さんは、同じく声優である佐久間 純子(さくま じゅんこ)さんと結婚をされましたが、残念ながら2011年に亡くなられています。

また、その後になって再婚されたというような情報はありません

佐久間純子さんは生前『ガンパレード・マーチ』(壬生屋未央役)、『銀河お嬢様伝説ユナ3』(緋川亜子<閃光のアコ>役)などに出演されていました。

猫を飼っている松本保典さん

松本さんのツイートは、飼っているの写真を投稿することが非常に多いです😍

飼い始めた当初はよく噛まれていたとのことですが、上の写真ではものすごく懐いています。

Twitterではアイコンを猫の写真にしていてプロフィールに何も書いていないため、パッと見では本当に松本さんのアカウントかどうか分からないレベルですが、その分猫好きであることは十二分に伝わってきます。

松本保典さんについてまとめ

今回Ludusでは、松本保典さんについて紹介してきました。

どこか気の抜けた三枚目を演じることもあれば、イケメン金髪の二枚目を演じることもある松本保典さん。

ベテランでありながらも若々しく気さくな雰囲気を持っている声優さんですので、これからも幅広い世代にファンが増え続けていくでしょう

まつたろー
まつたろー
最後まで見ていただき、ありがとうございました。