間宮くるみの出演作品・プロフィール!うーたんやハム太郎の声優?

間宮くるみ

間宮くるみさんは、81プロデュースに所属している声優です。

かわいらしい地声を活かしたキャラクターを主に担当し、数多くのアニメ作品などに参加しています。

今回Ludusでは、間宮くるみさんについて、以下のような内容を紹介していきます。

  • 間宮くるみさんのプロフィール
  • 間宮くるみさんが出演する代表作品
  • 間宮くるみさんのその他の出演作品
  • 間宮くるみさんの経歴
  • 間宮くるみさんの趣味やプライベートについて

この記事を読むと、間宮くるみさんが、以前どういった作品に出演していたのか、現在はどのように活躍されているのかがわかります。

記事を読んで、間宮くるみさんが出演するアニメや作品に興味をもった方は、ぜひ本編を見てみてくださいね👀

そら
そら
最後まで読んでくれると嬉しいな!

間宮くるみさんのプロフィール

フリガナ マミヤ クルミ
性別 女性
身長 158cm
血液型 O型
生年月日 1976年11月10日
出身地 滋賀県
出身学校 滋賀県立野洲高等学校
所属事務所 81プロデュース
趣味 バドミントン

間宮くるみさんは、81プロデュースに所属している声優です。

こちらの事務所は、声優活動にとどまらない自由な表現の場所をめざした南沢道義代表取締役社長(2021年現在)やその他のスタッフたちによって、1981年に設立されました。

81プロデュースに所属している声優さんは、伊東健人さんや斉藤壮馬さん、加藤英美里さんなど、数多くの有名作品を担当している方がそろっています。

間宮くるみさんは、かわいい動物やキャラクターの声を、長期間にわたって演じ続けることが多い声優です。
一度聞いたら忘れられない独特な声も、大きな魅力ですね

間宮くるみさんの声は、今もアニメ・幼児向け番組で、たくさんのファンに愛されています。

声優の仕事以外にも、吹替えや朗読などを担当することがあるので、「あれ?この声…」と思った方もいるのではないでしょうか。

今回は、間宮くるみさんが出演した作品とキャラクターを、たくさん紹介していきます❗️

間宮くるみさんの代表的な出演作品

間宮くるみさんの代表的な出演作品を挙げていきます。

みなさんご存知のキャラクターもいると思いますよ。

この記事で初めて知ったキャラクターについても、興味がわいたら、ぜひアニメ本編も視聴してみてくださいね。

では、さっそく見ていきましょう。

いないいないばあっ!「うーたん」

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥2,973
(2022/10/04 03:54:22時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 いないいないばあっ!
演じた役 うーたん
放送年 2003年~2021年現在

間宮くるみさんの代表的な出演作品、1つ目は「いないいないばあっ!」です。

間宮くるみさんは、「いないいないばあっ!」でうーたんを演じています。

「いないいないばあっ!」は、NHK Eテレで1996年4月から放送されている、0~2歳の赤ちゃん向けの番組です。
うーたんは、小さな妖精の人形キャラクターとして、2003年からこちらの番組に登場しました。
それから18年もの長い間、間宮くるみさんが声優を担当しています。

そら
そら
歌が好きだから、うーたんという名前らしいよ~

番組の中では、メインキャラクターのワンワンや歌のおねえさん(女の子)と一緒に歌ったり踊ったりと、元気な姿を見せています。
かわいい声と動き、やんちゃで明るい性格が、乳幼児に大人気のキャラクターです。

また、うーたんは「いないいないばあっ!ワンワンわんだーらんど」という、全国各地を回るステージ公演にも出演し、多くの親子を楽しませています。

「ワンワンわんだーらんど」は、新型コロナウイルスの影響により、2020年度の公演は全公演を中止したものの、2021年度では数回の公演が行われました。

「いないいないばあっ!」にうーたんが登場してから15年以上が経ち、かつてうーたんを見て育った子供たちも、大きく成長していることでしょう。
これからも、うーたんの活躍に期待ですね❗️

とっとこハム太郎「ハム太郎」

出演作品 とっとこハム太郎
演じた役 ハム太郎
放送年 2000年~2013年

間宮くるみさんの代表的な出演作品、2つ目は「とっとこハム太郎」です。

間宮くるみさんは、「とっとこハム太郎」で主人公のハム太郎を演じています。

同名の原作漫画は、2000年に子ども向け漫画として連載が開始されました。
ストーリーには、ハムスターのハム太郎と、その周りの人々やハムスターを中心に、日常や友情などの話が多く盛り込まれています。

テレビアニメでのハム太郎は、春名家で飼われています。
「へけっ」「てちてち」「はむはー」などのハム語を使って、仲の良いハムスターたちと日々さまざまな冒険を繰り広げている姿が愛らしいキャラクターです。

「とっとこハム太郎」も、前の項目で紹介した「いないいないばあっ!」と同じく非常に長いシリーズで、13年間放送されました。

また、劇場版も2001年~2004年の間に計4作が上映されていて、多くの子どもたちを楽しませていました。

やさしくて頑張り屋さん、おっちょこちょいだけど勇気もある…
そんな性格のハム太郎は、今でも多くの人の記憶に残る、魅力的なキャラクターと言えるでしょう。

ONE PIECE「レオ」

出演作品 ONE PIECE
演じた役 レオ
放送年 2014~2019年

間宮くるみさんの代表的な出演作品、3つ目は「ONE PIECE」です。

間宮くるみさんは、「ONE PIECE」でレオを演じています。

原作の漫画「ONE PIECE」は、1997年から週刊少年ジャンプで連載が始まり、2021年9月現在で既刊が100巻となる、老若男女問わず大人気のシリーズです。

「ONE PIECE」アニメは、1999年から2021年現在までテレビで放送されています。
また劇場版でも、2019年に第14作目となる「ONE PIECE STAMPEDE」が公開されました。
特に劇場版14作目の興行収入は、歴代2位の55.5億円となり、多くの人々に愛されている作品です。

間宮くるみさんの演じるレオは、「ONE PIECE」原作単行本では71巻、アニメでは17シーズンから始まる、ドレスローザ編に登場するキャラクターです。

レオは、トンタッタ王国のグリーンビットに住む、小人のトンタッタ族のリーダー的存在でした。
どんなものでも縫い付けられるという、「ヌイヌイの実」の能力を持っています。

レオは、伝説のヒーローとしてまつりあげたウソップたちとともに、ドレスローザを牛耳るドフラミンゴを打倒するために立ち上がり、囚われていたマンシェリー姫を救出しました。

レオは、仲間からも人望の厚い、勇気のある戦士です。
ただ、トンタッタ族の小人たちは正直すぎる面があり、嘘であっても言われたことを信じこんでしまいます。
さらに、マンシェリー姫から寄せられる好意にもまったく気づかない鈍感なところもあります。

そういった弱点もあるものの、レオは、仲間と協力してルフィたちを海軍本部から脱出させるなど、めざましい活躍を見せました。
レオが、麦わら一味にとって頼もしい仲間の1人であることには違いありません。

ちなみにレオは、2021年に行われた第1回 ONE PIECE キャラクター世界人気投票「WT100」にて、136位となっています!
なんと、アフリカでTOP100入りするという人気ぶりでした❗️

そら
そら
世界中の人々に愛されているんですね~

ポプテピピック「ポンタ」

出演作品 ポプテピピック(第12話)
演じた役 ポンタ
放送年 2018年

間宮くるみさんの代表的な出演作品、4つ目は「ポプテピピック」です。

間宮くるみさんは、「ポプテピピック」第12話でポンタを演じています。

原作の漫画「ポプテピピック」は、ポプ子とピピ美という2人のキャラクターを中心に、時事ネタやナンセンス・パロディを随所にちりばめた、4コマギャグ・シュール・ブラックコメディです。

2014年に竹書房から連載開始し、2021年9月時点でシーズン6まで発表されています。
かわいいキャラクターの見た目と、それに反したシュールさが注目を集め、SNSを中心に大人気となりました。

テレビアニメは2018年に放映されましたが、2021年10月からは「リミックス版」として、声優を変更したバージョンが放映されています。

ポプテピピックは、漫画だけではなく、アニメとしても異色の作品となっています。
なんと、アニメ本編のAパート(前半)とBパート(後半)で同じ映像を使い、声はまったく別の声優が演じるという、斬新なアイデアで構成されているのです。

間宮くるみさんは、ポプテピピック第12話で、Aパート・Bパートともにポンタという名前の小さなペット役を演じました。

第12話のうち、間宮くるみさんが出演するエピソードは、前述した「とっとこハム太郎」のパロディとなっています。
Aパートでは控えめだったポンタの声も、Bパートでは、かなり声をハム太郎に寄せてきており、「~なのだ」という口癖まで出ていました

第12話はアニメシリーズの最終話でもあったため、ネット上では大盛り上がりとなった伝説の回です。

劇場版ポケットモンスター 幻影の覇者 ゾロアーク「ゾロア」

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥9,980
(2022/10/04 03:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク
演じた役 ゾロア
放送年 2010年

間宮くるみさんの代表的な出演作品、5つ目は「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク」です。

間宮くるみさんは、「幻影の覇者 ゾロアーク」でゾロアを演じています。

「幻影の覇者 ゾロアーク」は、ゲームおよびテレビアニメ「ポケットモンスター」の劇場版第13作目となる作品で、2010年に公開されました。

ゾロアは本作初登場となるポケモンであり、分類は「わるぎつねポケモン」です。
黒いキツネの姿をしていて、人や他のポケモンに変身できますが、人間に化けると尻尾が出てしまいます

ゾロアは、親のように慕っているゾロアークとともに、静かに暮らしていました。
しかし、コーダイという悪役によってゾロアークと引き離され、クラウンシティへ向かう途中だったサトシたちと出会い、行動を共にするようになります。

ゾロアは無事に、ゾロアークを救うことができるのでしょうか…?

この劇場版では、ゾロアの可愛さと、ゾロアークとの親子愛に感動したという声が多く聞かれました。

天体戦士サンレッド「ウサコッツ」

created by Rinker
Jvcエンターテインメント
¥3,365
(2022/10/04 03:54:25時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 天体戦士サンレッド
演じた役 ウサコッツ 他
放送年 2008年~2010年

間宮くるみさんの代表的な出演作品、5つ目は「天体戦士サンレッド」です。

間宮くるみさんは、「天体戦士サンレッド」でウサコッツを演じています。

原作の同名漫画は、2004年から2015年まで「ヤングガンガン」にて連載され、テレビアニメ版は、2008年から2010年まで放送されました。

「天体戦士サンレッド」は、神奈川県川崎市が舞台となり、正義の味方サンレッドと悪の秘密結社フロシャイムの戦いを描いているギャグ漫画です。

善と悪の対決を中心に、サンレッドや怪人などの人間味豊かな日常生活や友情なども語られていて、ほのぼのとした雰囲気も感じ取れる作品となっています。

間宮くるみさん演じるウサコッツは、悪の組織フロシャイムに属する、ウサギのぬいぐるみ型怪人です。
自分では「可愛くなんかないもんっ!」と言っているのですが、外見や行動・声もかわいいため、若い女性や子供に好かれています

必殺武器はデーモンクローで、左目の電子義眼からは破壊光線も出すことができ、見た目に反して怒りっぽい性格です。
かわいい声や姿でありながら、たまに過激な言動もするギャップにはまる人が続出し、アニメ登場後は人気が急上昇しました。

ウサコッツは、サンレッドを倒すことに意欲を燃やしているものの、サンレッドの膝の上に乗るのがお気に入りなど、ほっこりするエピソードもあります。

作中に登場する川崎市民はウサコッツの可愛さにメロメロとなっていますが、漫画の読者やアニメ視聴者の間でも、人気が高いキャラクターです。

間宮くるみさんのその他出演作品一覧

間宮くるみさんは、これまで紹介した作品以外でも、アニメ・映画・ゲームなど多くの作品で活躍しています。

こちらでは、間宮くるみさんが過去に出演した作品を、最近のものから順番に紹介します❗️

アニメ(TV・劇場・OVA)

放送年 出演作品 演じた役
2020年 アクダマドライブ ウサギちゃん
2016年 魔法少女育成計画 ファヴ
2015年~2016年 暗殺教室 くぬどん
2015年~2018年 カードファイト!! ヴァンガードG クロノ・ドラン / クロノ・ドラン・Z
2014年 劇場版 ゆうとくんがいく チチョ
2013年 NARUTO -ナルト- SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝 赤ちゃんガイ
2009年 珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち- やおい、猫
2009年 ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊 時と闇をめぐる最後の冒険 ポッチャマ
2009年~2015年 たまごっち! ハッピーバーガーっち、ごりっぱ先生
2008年 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者 ギンギン〈クロ〉
2008年 ノーキーとおともだち ノーキー
2008年 きらりん☆レボリューション STAGE3 ペン子
2007年 レ・ミゼラブル 少女コゼット アゼルマ
2007年 REIDEEN ダダ
2007年 ゆめだまや奇談 ジュン
2007年 天元突破グレンラガン ナキム
2007年 それいけ!アンパンマン ほのおくん
2007年~2010年 しゅごキャラ! 日奈森あみ〈亜実〉
2007年 地獄少女 二籠 千脇寧々
2007年 さぁイコー! たまごっち ごりっぱ先生、もんきーっち
2007年 ケロロ軍曹 ヌイイ
2006年 銀色の髪のアギト ベールイ
2006年 まじめにふまじめ かいけつゾロリ ユミ
2006年 桜蘭高校ホスト部 猫澤霧美
2004年~2005年 B-伝説! バトルビーダマン ブル・ボーグナイン
2003年 あの山に登ろうよ ゆうき
2003年 もも子、かえるの歌がきこえるよ。 倉本もも子
2003年 ロックマンエグゼAXESS サイエンス君
2002年 わがまま☆フェアリー ミルモでポン!シリーズ パピィ、コムギ
2002年 ドラえもん(テレビ朝日版第1期) 茶々、優毅くん
2002年~2004年 超重神グラヴィオン アーニャ
2002年~2003年 あたしンち 藤野の弟、子供、アナウンス
2001年 魔法少女猫たると 萬寿、クッキー
2000年 レレレの天才バカボン ヘビコブター、ペンギンライオン、白ウナギイヌ、ハタ坊ネズミ、警官、掃除機な子供、子供
2000年 学校の怪談 宮ノ下敬一郎
1999年~2001年 キョロちゃん ミッケン、タナカ犬、客A
1998年 どっきりドクター 田島かおり、幻の少女歌手
1998年~1999年 たこやきマントマン テンテン
1997年~2011年 クレヨンしんちゃん ツヨシ、ブリーフパンダ、地デジン
1997年 はれときどきぶた 玉ちゃん〈畠山玉江〉

間宮くるみさんが出演するアニメ作品を紹介しました。

数えきれないほどの数のキャラクターを演じている間宮くるみさんですが、やはり動物や妖精、子供などの声を多く当てているようです。

長い間、多くのシリーズで声の出演をしていることがわかりますね❗️

ゲーム作品

放送年 出演作品 演じた役
2015年 ポポロクロイス牧場物語 王女
2015年 ゆるかみ! 大津いろは
2009年 レイトン教授と魔神の笛 ラグーシ
2003年 ガチャろく2~今度は世界一周よ!!~ ウーパー
2003年 みんなのGOLF 4 プリン
2000年 フェイバリットディア 純白の預言者 リンクス
2000年 ポポロクロイス物語II エレナ・パカプカ
1999年 ぷよぷよ~ん カーバンクル、ナレーター

映画

放送年 出演作品 演じた役
2003年 チャーリーと14人のキッズ マックス
2002年 リトル・ヴァンパイア トニー
2002年 ロスト・キッズ マーフ

続きまして、間宮くるみさんが吹き替えをしている映画を見ていきましょう。

最近では吹替えの出演が少ないですが、子役のキャラクターを多く吹替えしていたようですね。

CM

放送年 出演作品 演じた役
カラオケUGA パンダ
サントリーDAKARA チビ小僧

その他

放送年 出演作品 演じた役
きんだーてれび 朗読
ワンダー・ペッツ リニー
2006年~2011年 はやて×ブレード(ドラマCD) 黒鉄はやて
2003年 パワーパフガールズ・アンダーグラウンド(UG版) バブルス
そら
そら
いろいろな作品を演じているんですね~

間宮くるみさんの経歴

さて、これまで間宮くるみさんの出演作品を主に紹介してきましたが、改めて間宮くるみさんの経歴について見てみましょう。

間宮くるみさんのデビュー作

間宮くるみさんのデビュー作は、「はれときどきぶた」の畠山玉江(玉ちゃん)役です。
玉ちゃんは、主人公である畠山則安(のりやす)の妹で、3歳です。

この作品は、児童書として1980年に出版され、テレビアニメでは1997年に放送されました。
則安が作り出してしまった、人間の思考を現実化できる力を持つ「はれぶた」とのやり取りを中心にしたストーリーです。

デビュー作も、間宮くるみさんのかわいらしい声を生かしたものだったんですね。

間宮くるみさんの同期と所属事務所

間宮くるみさんは、ビジュアル・スペース俳優養成所(旧:バオバブ学園)の出身です。
同期には、久保田恵さん、藤原美央子さん、笠井律子さん、海老原英人さん、山本尚弘さんなどが挙げられます。

バオバブ学園を修了した後の間宮くるみさんは、声優事務所のぷろだくしょんバオバブに所属していました。
2004年4月からは、81プロデュースへと移籍しています。

間宮くるみさんの年齢は、2021年11月10日で誕生日を迎えて45歳となりますが、今もなお根強い人気とともに活躍を続けています。

間宮くるみさんの受賞歴

間宮くるみさんは、2002年に開かれた「東京国際アニメフェア(旧:新世紀東京国際アニメフェア21)第一回東京アニメアワード」にて、テレビ部門のベストキャラクター賞を受賞しています!

主人公ハム太郎の声を担当したテレビアニメ「ハム太郎」は、2000年から始まっていますので、こちらを含めた活躍がとても評価されたということでしょう。

そら
そら
かわいらしいけど聞き取りやすい、耳に残る声だよね!

間宮くるみさんの趣味やプライベートについて

間宮くるみさんは、趣味やプライベートでどんなことをしているのでしょうか?

間宮くるみさんのSNSアカウントを検索したところ、残念ながら見つかりませんでした。
どうやら、Twitterやインスタグラムは利用していないようです。

そのためプライベートに関することは不明ですが、所属事務所のプロフィールでは、バドミントンが趣味と書かれています。
バドミントンは最速のスポーツとして有名なので、健康的な趣味を持っていることがわかります。

でびでび・でびるの声は間宮くるみさん!?

YouTuberである「でびでび・でびる」というキャラクターの声が、間宮くるみさんに似ているという噂があるようです。

こちらの真偽について調べてみましたが、でびでび・でびるの声は間宮くるみさんとは関係がないようです(2021年11月現在)。

でびでび・でびるの舌足らずな発音は、確かに間宮くるみさんを思い浮かべるものの、別人の可能性が高そうです。

間宮くるみさんの声は地声?

また、ハム太郎や他のキャラクターの声を聞いてみると、間宮くるみさんの声は無理に高くしているのではないか?という疑問が浮かびます。

ですが、ラジオ番組へゲスト出演した際の声では、そのままの声で喋っている様子が放送されていましたので、間宮くるみさんの声は地声と考えて良さそうです。

かといって、まったく低い声が出ないわけではありません。
所属事務所のプロフィールでは、落ち着いた声でナレーションをしている、間宮くるみさんのボイスサンプルを聞くことができます。

間宮くるみさんについてのまとめ

今回Ludusでは、間宮くるみさんの代表作品などについて解説しました。

間宮くるみさんは、主にかわいい声のキャラクターを演じていますが、勇敢な小人の戦士や好戦的な悪役も担当しており、多彩な役柄を表現できることがわかりました。

今後も、間宮くるみさんがどのような作品に出演するのか、楽しみですね👀

この記事で、間宮くるみさんの出演作品に興味がわいた方は、ぜひ視聴してください。
間宮くるみさんの更なる活躍をお祈りしています❗️

そら
そら
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!