岡村明美の出演作品・プロフィール!ナミ役も!演じたキャラなど紹介!

岡村明美

岡村明美さんは、マウスプロモーション所属の女性声優です。

代表作としては『ONE PIECE』ナミ、『紅の豚』フィオ・ピッコロなどが有名な声優さんです。

今回Ludusでは岡村明美さんについて、以下の内容を紹介いたします。

  • 岡村明美さんのプロフィール
  • 岡村明美さんが出演する代表作品
  • 岡村明美さんのその他の出演作品
  • 岡村明美さんの経歴
  • 岡村明美さんのプライベートについて

この記事を読めば、声優・岡村明美さんの出演している作品や、ご本人についての情報が詳しく分かります。

声優を目指したきっかけや、ワンピースのナミについて語っている記事なども紹介しますので、そちらもお見逃しなく👀

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

岡村明美さんのプロフィール

名前 岡村 明美(おかむら あけみ)
本名 西園 明美(にしぞの あけみ)
性別 女性
血液型 O型
身長 162cm
生年月日 1969年3月12日
出身地 東京都
所属事務所 マウスプロモーション
Twitter
ブログ

岡村明美さんは、1992年より活動をおこなっている声優さんです。

明るく元気なキャラクターや心に芯のあるキャラクターを演じることが多く、デビュー当時から演技派として知られています。

デビュー作は有名ジブリ映画『紅の豚』フィオ・ピッコロ役で、デビュー作にして現在でも代表作となっているヒロイン役を見事に射止めました

その後は『ワンピース』のナミ役などを務めており、声を聞いたことが無いという方はほとんどいないでしょう。

所属事務所はマウスプロモーションで、近い年代では大谷育江さんや浜田賢二さんなども所属している事務所です。

岡村明美さんの代表的な出演作品

ここからは、岡村明美さんの代表作を4つ続けて紹介します。
どれも超有名作品ばかりです。

ONE PIECE「ナミ」

created by Rinker
¥15,840
(2022/05/21 01:04:24時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 ONE PIECE
演じた役 ナミ
出演年 1999年~

岡村明美さんの代表作1つ目は『ONE PIECE』です。

岡村明美さんはこの作品で麦わらの一味の1人、ナミ役を演じています。

『ONE PIECE』は1997年にジャンプで連載が始まった冒険バトルマンガで、2021年には単行本が100巻に到達しました。

アニメは1999年より放送が開始され、現在までに20年以上が経過していますが、岡村明美さんは産休による休業以外ではこのナミ役を継続しています。

今となってはルフィたちと一緒にいる姿が当たり前になっているナミですが、物語序盤のアーロンパーク編でナミが「助けて・・・」と声を絞り出したのに対してルフィが「当たり前だ!!!!!」と返したシーンを、いまだに名シーンとして思い出す方も多いでしょう😭

この場面はオーディションにも使われたシーンだったということで、思い入れもひとしおだったようです。

また、岡村明美さんは「粗忽屋武蔵野店」という名義でも『ONE PIECE』に出演しており、スー、ゴンベ、アフェランドラといった役を演じています。

「粗忽屋」というのはサンジ役の平田広明さんが最初に使った名義ですが、麦わらの一味を演じる声優さんの間で徐々に広まり、自分の出身地などを後ろに足して区別されるようになりました。
興味のある方はエンディングのキャスト欄に注目してみてください👀

紅の豚「フィオ・ピッコロ」

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,218
(2022/05/21 01:04:25時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 紅の豚
演じた役 フィオ・ピッコロ
出演年 1992年

岡村明美さんの代表作2つ目は『紅の豚』です。

岡村明美さんはこの作品でヒロインの1人であるフィオ・ピッコロ役を演じています。

『紅の豚』は1992年に公開されたジブリのアニメ映画作品です。

ブタの姿をした飛行艇操縦士が、同じく飛行艇に乗る空中海賊を相手に奮闘する話で、「飛ばねぇ豚はただの豚だ」などの名ゼリフでも有名になっています。

岡村明美さんが演じるフィオ・ピッコロは飛行機の設計技師をつとめており、作中で同行した主人公のポルコとは、父親が同じ部隊に所属していたなどの縁もありました。

加藤登紀子さん演じるマダム・ジーナとはダブルヒロインのような形になっており、「フィオとジーナのどちら派か」という話はファンでも意見が分かれるところでしょう。

岡村明美さんはこの作品が声優としてのデビュー作でしたが、そのようなことは全く感じさせることは無く、当時から演技が上手かったのだなと思わせてくれる作品です

テイルズ オブ シンフォニア「藤林しいな」

created by Rinker
フロンティア ワークス
¥13,787
(2022/05/21 05:25:51時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 テイルズ オブ シンフォニア
演じた役 藤林しいな
出演年 2003年

岡村明美さんの代表作3つ目は『テイルズ オブ シンフォニア』です。

岡村明美さんはこの作品でパーティキャラクターの1人である藤林しいな役を演じています。

『テイルズ オブ シンフォニア』は、2003年にゲームキューブで発売されたファンタジーRPGで、『テイルズ オブ』シリーズの1つです。

シリーズの中でもややシリアス成分の多いストーリーや、個性豊かなキャラクターたちは今でも人気が高く、2008年には続編となる『ラタトスクの騎士』が発売され、2007年からはOVAがリリースされるなどの展開もしています。

岡村明美さんが演じるしいなは、隠れ里に住むくノ一であり、物語のキーとなる召喚術を扱えるメンバーでもあります。

最初は主人公たちと敵対する立場で、ヒロインであるコレットを暗殺するために派遣されたキャラクターでしたが、何度か話をするうちに関係が変化していきました。

ビジュアル的には非常にスタイルが良く姉御肌といった感じですが、恋愛にはとてもピュアだったり、落とし穴に何度もハマるドジっ子ぶりを見せたりと、ギャップが楽しめるキャラクターでもありました😍

ロミオの青い空「ビアンカ」

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥15,855
(2022/05/21 01:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 ロミオの青い空
演じた役 ビアンカ
出演年 1995年

岡村明美さんの代表作4つ目は『ロミオの青い空』です。

岡村明美さんはこの作品でヒロインの1人であるビアンカ役を演じています。

『ロミオの青い空』は1995年にフジテレビ系列の「世界名作劇場」で放送されたアニメで、約1年間にわたって全33話が放送されました。

第1話が放送されたのは阪神大震災の直前というタイミングでしたが、登場キャラクターである少年少女たちが懸命に生きる様子や友情を育んでいく様子に、勇気をもらったという声も多く見られたようです。

感動的なストーリーももちろんですが、OPテーマの「空へ…」やEDテーマの「Si Si Ciao 〜ロマナの丘で〜」などに代表されるように、楽曲も非常に印象的な作品でした。

岡村明美さんが演じたビアンカは、主人公ロミオの親友であるアルフレドの妹であり、最終的にはロミオと結婚するヒロインです。

最初は長い髪に赤いリボンがトレードマークでしたが、途中で髪をばっさりと切って印象がガラリと変わるキャラクターでもあります😍

『ロミオの青い空』はDVDなども発売しているので、当時見た方も久しぶりに再度見てみてはいかがでしょうか👀

岡村明美さんのその他出演作品一覧

続いて、上で紹介しきれなかった出演作品を紹介します。

項目はアニメ・ゲーム・吹き替え・テレビの4つで、メインキャラクターや有名作品を中心に表にしました。

アニメ(TV・劇場・OVA)

放送年 出演作品 演じた役
2021年 平穏世代の韋駄天達 リン
2019年 ROMANCE DAWN アン
2019年 映画コラショの海底わくわく大冒険! キッズ
2018年 ガイコツ書店員 本田さん アーマーなど
2018年 メルヘン・メドヘン 学園長
2014年 メカクシティアクターズ シオン(小桜紫苑)
2014年 ハピネスチャージプリキュア! ホッシーワ(星和歌子)
2012年 機動戦士ガンダムAGE
エイラ・ローズ
2012年 神様はじめました 亀姫
2011年 ダンボール戦機 真野晶子 / 山野真理恵 / イブ
2010年 海月姫 まやや
2009年 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST パニーニャ
2009年 たまごっち! まきこ
2008年 夏目友人帳 ヒノエ
2007年 ラブ★コン 小泉リサ
2007年 風の少女エミリー ペリー・ミラー
2006年 ふたりはプリキュア Splash Star フープ / 霧生薫(2代目)
2006年 NANA 小松奈緒
2006年 灼眼のシャナ マティルダ・サントメール
2004年 レジェンズ 甦る竜王伝説 シュウゾウ・マツタニ
2004年 金色のガッシュベル!! キッド / 高橋真美子
2004年 恋風 千鳥要
2003年 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミッシェル、リリアン
2003年 ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜 芝村舞
2002年 シックス・エンジェルズ ドリス・ニコラス
2000年 はじめの一歩 三上玲子
2000年 風まかせ月影蘭 猫鉄拳のミャオ
1999年 ガンドレス マルシア・アサノ
1999年 GTO 上原杏子
1999年 今、そこにいる僕 シュウ
1997年 CLAMP学園探偵団 妹之山残
1996年 いじわるばあさん 伊知割サナエ
1992年 それいけ!アンパンマン こくらげまん、つばさくんなど
1992年 クレヨンしんちゃん 岩田、リカ、中弘子など
1992年 カリメロ(2作目) プリシラ

上では紹介しきれませんでしたが、『カリメロ』『ガンパレード・マーチ』『海月姫』『金色のガッシュベル!!』などは印象に残っている方も多いのではないでしょうか

『夏目友人帳』は、『ONE PIECE』でトラファルガー・ローを演じている神谷浩史さんらと共演しています。

ゲーム作品

放送年 出演作品 演じた役
2020年 グランブルーファンタジー ドナ
2019年 ファイアーエムブレム 風花雪月 コルネリア
2017年 ファイアーエムブレム ヒーローズ エーヴェル / ブリギッド
2016年 世界樹の迷宮V 長き神話の果て メリーナ
2016年 いけにえと雪のセツナ キール
2012年 ファイアーエムブレム 覚醒 エメリナ / ヘンリー
2007年 プリンセスメーカー5 キューブ
2006年 ガンパレード・オーケストラ 芝村舞
2004年 レジェンズ激闘!サーガバトル シュウ
2004年 マグナカルタ レハス
2003年 イースI・IIエターナルストーリー レア
2001年 リリーのアトリエ ヘートヴィッヒ・マクスハイム
2001年 鬼武者 雪姫
1999年 レジェンド オブ ドラグーン シェーナ
1996年 サクラ大戦 藤井かすみ
1996年 カオスコントロール ジェシカ・ダークヒル

『サクラ大戦』藤井かすみは続編の『V』にまで登場しているので、かなり長期的な役になりました。

RPGの作品がかなり多めなので、上で紹介した『テイルズオブシンフォニア』とあわせてRPGが好きな方は声を聞いている機会も多いでしょう。

ファイアーエムブレム ヒーローズ』『グランブルーファンタジー』など、最近ではソシャゲへの出演も増えています

吹き替え

放送年 出演作品 演じた役
2010年 ある日モテ期がやってきた マーニー役(リンゼイ・スローン)
2002年 ホット・チック エイプリル(アンナ・ファリス)
2001年 ザ・ブック・オブ・プー ケシー
2000年 TAXi2 リリー・ベルティノー(マリオン・コティヤール)
2000年 フェイス・イン・ラブ ゾラ・バンクス(サナ・レイサン)
1998年 グッドナイト・ムーン アンナ・ハリソン(ジェナ・マローン)
1997年 ファイアーライト/情炎の愛 ルイザ・ゴドウィン(ドミニク・ベルコート)
1996年 カンザス・シティ ブロンディ・オハラ(ジェニファー・ジェイソン・リー)
1995年 アメリカン・ゴシック とっておきの恐怖 マーリン・テンプル役(サラ・ポールソン)
1995年 アダムス・ファミリー ファーキンス役(レラ・アイヴィー)
1995年 アメリカ物語 ファイベルの冒険 ファイベル
1993年 ギルバート・グレイプ エレン・グレイプ(メアリー・ケイト・シェルハート)
1993年 ウルトラマンパワード カレン・ミラー
1992年 霊幻道士6 史上最強のキョンシー登場!! チュチュ(ロレッタ・リー)
1991年 フルハウス アーロン・ベイリー役(ミコ・ヒューズ)

特に1990年代は吹き替えへの出演も多く見られました。

テレビ放送では局によって担当が変わることもあるため狙って聞くのは難しいかもしれませんが、興味のある方はキャストを調べてみてください。

テレビ

放送年 出演作品 演じた役
2014年 アイ・アム・冒険少年 ナレーター(脱出シリーズ)
1994年 みんなのうた『アフターマン』

みんなのうたでは貴重な歌声を聴くことができました。
『アフターマン』は、人類滅亡後の地球を支配する動物世界について書かれた本が原作で、それをモチーフにしたアニメーションも放送されました。

岡村明美さんの経歴を紹介

この見出しでは、岡村明美さんご本人の経歴について見ていきます。

声優を目指したきっかけは、受験の失敗と好きだった朗読

学生の頃から朗読をすることが好きだったという岡村明美さん

受験に失敗したことをきっかけに「自分の一番やりたいこと」を改めて考えたところ、先生に朗読をほめられたことを思い出したそうです。

下記の記事には、アニメプロデューサーである諏訪道彦さん(愛称:スワッチ)が岡村明美さんと話した時のエピソードが書かれています。
アニメプロデューサー「スワッチのアニメ日記」

その後は養成所時代に受けたオーディションで『紅の豚』フィオ・ピッコロ役を射止め、現在の活動に繋がります。

代表作のナミについて

キャラクター紹介でも触れましたが、『ワンピース』のナミはオーディションで勝ち取られた役で、オーディションではゾロ役の中井和哉(なかい かずや)さんと同じ組で受けられたようです。

原作マンガは当時読んでいなかったそうですが、オーディンション前には審査の対象になった「助けて・・・」のシーンを読んでから挑み、見事に合格しました

ウソップ役の山口勝平(やまぐち かっぺい)さんとのインタビューでは、当時のことをたっぷり語っています。
オーディションで演じたシーン、そしてナミというキャラクターは今でも強い思い入れがあるようですね。
『ONE PIECE FILM GOLD』公開記念!麦わらの一味スペシャルリレーインタビュー!

ちなみに上のツイートはサンジ役の平田広明(ひらた ひろあき)さんとのツーショットです。
出演者の皆様が『ワンピース』という作品を愛しているのが伝わってきます

岡村明美さんのプライベートについて

続いては、仕事と直接関係の無いエピソードを2つ紹介します。

特技は書道

祖父が筆職人だった岡村明美さん。
ご自身も子供の頃から書道を嗜んでおり、事務所のプロフィールには「書道師範」と書かれています

イベントなどで寄せられる直筆コメントではその達筆ぶりも確認できますので、気になる方は調べてみてください。

結婚はしている?

岡村明美さんは、2001年に産休を理由にして一時活動を休止していたため、現在も結婚していると考えられています。

「お相手が声優さんなのではないか」という噂もあるようですが、結婚相手については公表しておりません。

岡村明美さんについてまとめ

今回Ludusでは、岡村明美さんについて紹介してきました。

『ONE PIECE』などで声を聴いていても、全く年齢の変化を感じさせない岡村明美さん

既存の作品でも新しい作品でも、次はどのような演技を見せてくれるのかを楽しみに待ちましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。