悠木碧の出演作品・プロフィール!演じたキャラは?プリキュアや鬼滅も!

悠木碧

悠木碧さんは、プロ・フィットに所属している女性声優です。

代表作としては『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか、『戦姫絶唱シンフォギア』立花響などがあります。

今回Ludusでは悠木碧さんについて、以下の内容を紹介いたします。

  • 悠木碧さんのプロフィール
  • 悠木碧さんが出演する代表作品
  • 悠木碧さんのその他の出演作品
  • 悠木碧さんの経歴
  • 悠木碧さんのプライベートについて

この記事を読めば、声優・悠木碧さんの出演している作品や、ご本人についての情報が詳しく分かります。

記事の後半では、本人のTwitterなどからネタをいくつか紹介していきますので、そちらもお楽しみに👀

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

悠木碧さんのプロフィール

名前 悠木碧(ゆうき あおい)
本名・旧芸名 八武崎 碧(やぶさき あおい)
愛称 あおちゃん
性別 女性
血液型 A型
身長 145cm(事務所プロフィール参照)
生年月日 1992年3月27日
出身地 千葉県
所属事務所 プロ・フィット
Twitter 悠木碧【公式】 (@staff_aoi) / Twitter
Instagram 悠木碧【公式】(@aoiyuki_official)

悠木碧さんは、2003年より声優活動をされているタレントです。
それ以前は子役として「さんま大先生」などに出演していたことでも有名で、芸歴で言えば2021年現在で約25年に及びます。

声優としては、かわいい女の子役を中心にして少年役を務めることも多いです。
演技力には非常に定評があり、泣く・怒るといった感情を爆発させる演技では特に視聴者の心を揺さぶります。

また、声の演技以外にも歌手活動や写真集の発売などもされており、マルチに活躍の場を広げている声優さんです

所属事務所はプロ・フィット
他には鬼頭明里さん、ファイルーズあいさん、石見舞菜香さん、長谷川育美さんといった若手女性声優が数多く所属されています。

悠木碧さんの代表的な出演作品

続いては、悠木碧さんの代表作をピックアップして紹介します。

魔法少女まどか☆マギカ「鹿目まどか」

出演作品 魔法少女まどか☆マギカ
演じた役 鹿目まどか
放送年 2011年

悠木碧さんの代表作1つ目は『魔法少女まどか☆マギカ』です。

悠木碧さんはこの作品で主人公の鹿目まどかを演じています。

『魔法少女まどか☆マギカ』は、2011年にオリジナルアニメが放送されたダークファンタジーで、かわいいキャラクターデザインからは想像もできない残酷なストーリー展開が話題になりました。

悠木碧さんが演じた鹿目まどかはこの作品の主人公であり、魔法少女として群を抜いた素質を持つキャラクターでした。

過酷な運命に巻き込まれる魔法少女という存在に対する疑問や葛藤もありましたが、最終的には自らも魔法少女へと姿を変えて、敵となる魔女を退治する力、世界そのものを作り変える力を手にすることになります。

作品自体の大ヒットももちろんですが、悠木碧さんの高い演技力がいかんなく発揮されていたこのアニメは、文句無しに代表作の1つと言えるでしょう

戦姫絶唱シンフォギア「立花響」

created by Rinker
¥21,890
(2022/09/29 18:02:27時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 戦姫絶唱シンフォギア
演じた役 立花響
放送年 2012年~

悠木碧さんの代表作2つ目は『戦姫絶唱シンフォギア』です。

悠木碧さんはこの作品で、主人公の立花響役を務めました。

『戦姫絶唱シンフォギア』は、歌いながら戦うヒーロー(ヒロイン)たちを描いたファンタジーアニメで、これまでにテレビシリーズが5期まで放送されています。

戦闘をおこなうメインキャラクターたちは、能力を向上させるために歌を歌いながら戦闘をおこなうため、それを演じる声優陣には歌唱力のあるメンバーが勢揃いです🎤

悠木碧さんが演じる立花響は「へいき、へっちゃら」を口癖にする前向きな主人公で、シリーズを重ねるごとに実力的にも精神的にも急成長を遂げています。

時には自分の持つ強すぎる力に飲み込まれそうになることもありましたが、仲間とも互いに助け合いながら前に進んでいく姿が印象的でした。

戦闘をしているときの主人公らしく熱い感じと、普段のどこか抜けた雰囲気とのギャップもかわいらしいキャラクターです😍

幼女戦記「ターニャ・デグレチャフ」

created by Rinker
¥34,718
(2022/09/30 18:00:48時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 幼女戦記
演じた役 ターニャ・デグレチャフ
放送年 2017年

悠木碧さんの代表作3つ目は『幼女戦記』です。

悠木碧さんはこの作品で、主人公のターニャ・デグレチャフを演じています。

『幼女戦記』は小説を原作とする異世界転生もののダークファンタジーで、2017年にテレビアニメが放送され、2019年には劇場版の公開もされました。

タイトルの通り戦争が舞台となっている作品ですが、主人公の見た目はわずか9歳の少女。
ビジュアルと中身のギャップでも話題になったアニメです。

悠木碧さんの演じたターニャは30代のサラリーマンが転生した少女であり、敵はもちろん味方からも恐れられる軍人となっています。

本人的には持っている知識と合理性を突き詰めた結果のようですが、はたから見れば恐怖の対象にしか映らないターニャの言動は、悠木碧さんの演技も含め大きな見どころの1つです👀

ソードアート・オンライン「ユウキ」

出演作品 ソードアート・オンラインシリーズ
演じた役 ユウキ(紺野木綿季)
放送年 2014年~

悠木碧さんの代表作4つ目は『ソードアート・オンライン』です。

悠木碧さんはこの作品で「マザーズ・ロザリオ」編のメインキャラクター、ユウキを演じています。

『ソードアート・オンライン』は仮想空間が発達した近未来を描いた、小説を原作とするバトルメインのアニメです。

題材はオンラインゲームですが、現実に起きた事件とリンクする形で半ば強制的にプレイさせられる状況が多く、緊張感のある展開が特徴的となっています。

悠木碧さんが演じるユウキは、ある日オンラインゲーム上に現れた凄腕の剣士として登場し、主人公のキリトやヒロインのアスナと剣を合わせると同時に交流を深めていきました。

しかし、異様とも思えるユウキの強さの裏にはある秘密があり、その後のストーリーは作中でも屈指の感動回でした😭

出番自体はあまり多くないユウキですが、アニメでは悠木碧さんの演技も合わさりさらに印象的なキャラクターへと成長、各所で人気を集めています

悠木碧さんのその他出演作品一覧

ここからは、上でお伝えしきれなかった出演作品を一気に記載します。
特に2010年以降は、メインキャラクターだけでも毎年大量の役をこなされています。

アニメ(TV・劇場・OVA)

 

放送年 出演作品 演じた役
2021年 最果てのパラディン グレイスフィール
2021年 海賊王女 花梨
2021年 Sonny Boy 瑞穂
2021年 D_CIDE TRAUMEREI THE ANIMATION ジェシカ・クレイボーン
2021年 スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました アズサ
2021年 さよなら私のクラマー 曽志崎緑
2021年 蜘蛛ですが、なにか? 「私」/ 白など
2021年 エビシー修業日記 エビシー
2020年 彼女、お借りします 七海麻美
2020年 天晴爛漫! ホトト
2020年 プランダラ 園原水花
2020年 ヒーリングっど♥プリキュア キュアグレース(花寺のどか)
2019年 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 テイラー・バートレット
2019年 あした世界が終わるとしても ミコ
2019年 炎炎ノ消防隊 環古達
2019年 グランベルム 袴田水晶
2019年 鬼滅の刃 案内役・黒髪
2019年 からくりサーカス コロンビーヌ
2019年 ブギーポップは笑わない ブギーポップ(宮下藤花)
2018年 ドラえもん のび太の宝島 クイズ
2018年 ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 ダンタリオン
2018年 ラディアン メリ
2018年 百錬の覇王と聖約の戦乙女 アルベルティーナ
2018年 ピアノの森 丸山誉子
2018年 ヲタクに恋は難しい 桜城光
2018年 妖怪ウォッチ シャドウサイド 天野ナツメ
2018年 デスマーチからはじまる異世界狂想曲 アリサ・タチバナ
2018年 ハクメイとミコチ コンジュ
2018年 博多豚骨ラーメンズ ミサキ
2017年 劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY- ソーニャ
2017年 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 香坂秋穂
2017年 ボールルームへようこそ 甲本明
2017年 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series キノ
2017年 アホガール 花畑よしこ
2017年 バトルガール ハイスクール サドネ
2017年 サクラダリセット 相麻菫
2017年 ACCA13区監察課 ロッタ・オータス
2016年 クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 玖渚友
2016年 君の名は。 名取早耶香
2016年 映画 聲の形 西宮結絃
2016年 ぐだぐだオーダー おき太
2016年 ステラのまほう 藤川歌夜
2016年 田中くんはいつもけだるげ 莉乃
2016年 エンドライド ミーシャ
2016年 僕のヒーローアカデミア 蛙吹梅雨
2016年 クオリディア・コード 天河舞姫
2016年 逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜 綾里真宵
2016年 僕だけがいない街 雛月加代
2015年 ワンパンマン 戦慄のタツマキ
2015年 温泉幼精ハコネちゃん ゴウラ
2015年 緋弾のアリアAA 島麒麟
2015年 六花の勇者 フレミー
2015年 妖怪ウォッチシリーズ 未空イナホ
2015年 東京喰種トーキョーグール 安久黒奈
2015年 聖剣使いの禁呪詠唱 漆原静乃
2015年 血液型くん! A型ちゃん
2014年 七つの大罪 ディアンヌ
2014年 信長協奏曲 お市
2014年 ケロロ 〜keroro〜 新ケロロ
2014年 ブラック・ブレット 蛭子小比奈
2014年 ソウルイーターノット! 多々音めめ
2014年 ブレイドアンドソウル ジン・ヴァレル
2014年 とある飛空士への恋歌 クレア・クルス / ニナ・ヴィエント
2013年 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
比企谷小町
2013年 革命機ヴァルヴレイヴ 連坊小路アキラ
2012年 イナズマイレブンGOシリーズ 菜花黄名子 / 森村好葉
2012年 DOG DAYS クーベル・エッシェンバッハ・パスティヤージュ
2012年 咲-Saki-シリーズ
高鴨穏乃
2012年 男子高校生の日常 りんごちゃん
2011年 やきもち狂想曲 ルー
2011年 ラストエグザイル-銀翼のファム- ジゼル・コレット・ヴィント
2011年 ベン・トー 白粉花
2011年 境界線上のホライゾン 向井 / 鈴
2011年 ゆるゆり ライバるん
2011年 異国迷路のクロワーゼ The Animation アリス・ブランシュ
2011年 Aチャンネル トオル(一井透)
2011年 べるぜバブ 谷村千秋
2011年 GOSICK -ゴシック- ヴィクトリカ・ド・ブロワ
2010年 それいけ!アンパンマン マロン姫 / ブリキッド
2010年 神のみぞ知るセカイ 青山美生
2010年 それでも町は廻っている 辰野俊子
2010年 百花繚乱 サムライガールズ 柳生十兵衛
2010年 ポケットモンスター ベストウイッシュ アイリス
2010年 屍鬼 桐敷沙子
2010年 いちばんうしろの大魔王 ころね
2010年 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ノエル(寒凪乃絵留)
2010年 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド ミナ・ツェペッシュ
2009年 ジュエルペット アメリ
2009年 あにゃまる探偵 キルミンずぅ 御子神リコ
2009年 夢色パティシエール 天野いちご
2009年 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS イアリティッケ・シン・ゴルオット
2009年 アキカン! ぶど子
2008年 屍姫 赫 遠岡アキラ
2008年 九鳳院紫
2005年 おねがいマイメロディ 夢野琴
2003年 キノの旅 -the Beautiful World- さくら

声優デビュー作となった『キノの旅』で演じたさくらは、人公キノにとって過去の自分自身をイメージさせるような存在でした。
そこから14年経ち、アニメ新シリーズで悠木碧さんがキノを演じることになるというのは、偶然以上のめぐり合わせを感じます。

『蜘蛛ですが、何か?』では蜘蛛子こと「私」を演じましたが、超がつくほど早口かつシャウトを連発するEDテーマも印象的でした

ゲーム作品

放送年 出演作品 演じた役
2021年 モンスターストライク オニャンコポン
2020年 原神 蛍(女主人公)
2020年 テイルズ オブ クレストリア マキナ
2020年 アークナイツ アーススピリット / イースチナ / ニェン
2019年 ファイアーエムブレム 風花雪月 リシテア=フォン=コーデリア
2018年 ポケットモンスター シリーズ イーブイ
2018年 ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス サクラ
2018年 英雄伝説 軌跡シリーズ レン・ブライト
2018年 アズールレーン 大鳳
2018年 スターオーシャン:アナムネシス ティカ・ブランシュ
2018年 ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア リルム・アローニィ
2017年 イースVIII -Lacrimosa of DANA- イオ
2017年 ニーア オートマタ パスカル
2016年 ペルソナ5 佐倉双葉
2016年 ドラゴンクエストヒーローズIIなど マリベル
2016年 世界樹の迷宮V 長き神話の果て アルコン
2015年 ルミナスアーク インフィニティ ジォーカー
2015年 ラングリッサー リインカーネーション -転生- ジェシカ
2015年 バトルガール ハイスクール サドネ
2015年 バイオハザード リベレーションズ2 ナタリア・コルダ
2015年 白猫プロジェクト ディアンヌ / ユッカ・エンデ / シルヴィア・エルオネス
2014年 ブレイドアンドソウル ジン・ヴァレル
2014年 ソニックトゥーン スティックス・ザ・バジャー
2013年 LORD of VERMILION III テレーゼ
2013年 月英学園 -kou- 麻生さつき
2013年 解放少女 SIN 弓波千流子
2012年 ネプテューヌシリーズ ピーシェ / イエローハート
2012年 レイトン教授VS逆転裁判 マホーネ・カタルーシア
2012年 ルーンファクトリー4 マーガレット
2012年 時と永遠 〜トキトワ〜 エンダ
2012年 ガールフレンド(仮) 不知火五十鈴
2011年 ヴァイスシュヴァルツ ポータブル 雪乃涼花
2011年 なみいろ 波平夏美
2011年 グランナイツヒストリー セフィア皇女
2010年 BLAZBLUEシリーズ プラチナ=ザ=トリニティ

『FF』『ドラクエ』『テイルズ』『ペルソナ』などの有名RPGシリーズを中心に、印象に残るキャラクターがとても多いです

『ポケモン』のイーブイは、気付かず声を聞いていた方もいるのではないでしょうか。

ラジオ

放送年 出演作品 演じた役
2016年 寿美菜子・早見沙織・悠木碧のことはゆ パーソナリティ
2013年 碧と彩奈のラ・プチミレディオ パーソナリティ
2011年 あおい・さおりの新番組(`・ω・´) パーソナリティ

音楽ユニット「petit milady」(プチミレディ)を組んでいる竹達彩奈さん、同学年の寿美菜子さんや早見沙織さんとの番組はいずれも長期間続き、お互い気のおけないやり取りが印象的です

その他

放送年 出演作品 演じた役
2017年 ソニックトゥーン(吹き替え)
スティックス・ザ・バジャー
2019年 スパイダーマン: スパイダーバース(吹き替え) グウェン・ステイシー
2021年 プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険(吹き替え) マーラ
2015年 仮面ライダーシリーズ ユルセンの声
1999年 やっぱりさんま大先生 → あっぱれさんま大先生 本人出演

数は少ないですが、吹き替えや特撮における声の出演もおこなっています。

さんま大先生への出演は、花澤香菜さんや日高里菜さんとともに声優ファンの間では有名なエピソードです。

悠木碧さんの経歴を紹介

ここでは、悠木碧さんの経歴に関連する話題を3つ紹介します。

子役時代から声優に専念する頃までの話

4歳で子役として芸能界入りを果たし『さんま大先生』などに出演していた悠木碧さんですが、小学5年生で舞い込んできた声優としての初仕事がきっかけで今の道を目指すようになります。

高校在学時の2008年には現在の事務所プロ・フィットへ所属し、2009年頃にはメインキャラクターを次々演じるようになりました
女優から声優へと一気にシフトしたのもこの時期のことです。

2014年には大学を卒業し、声優としての出演本数はさらに加速します。

ちなみに大学名は明言していませんが、当時のブログ(現在は閉鎖)において大隈重信の像とともに撮った写真をアップしていたことから、早稲田大学と言われています。

これまでには歌手活動や写真集の発売なども

出演作品では紹介できなかったですが、悠木碧さんはソロやユニットでの歌手活動や、写真集・フォトブックなどの発売もしてきました。

竹達彩奈さんとのユニット「petit milady」(プチミレディ)も含め、曲を知っている方は多いのではないでしょうか。

フォトブックには得意のイラストを描き下ろしたものもありますので、興味のある方は今からでもチェックしてみてください👀

他の声優さんとの交友関係等について

悠木碧さんは、憧れの声優さんとして沢城みゆきさんの名前を挙げています
過去にはTwitterにて「沢城さんのさ行の発音が大好き」でそこからインスピレーションを受けたとも書いていました。

一方、男性声優との絡みが話題になることもあり、特にゲームバラエティ番組「東京エンカウント」にゲスト出演した際は、MCの杉田智和さんへビンタをかますなどのやり取りが話題になり、「2人は結婚するんじゃないか」という噂が流れたこともありました。

悠木碧さんのプライベート

続けて、悠木碧さんのプライベートに関する見出しをお届けします。

ちなみにTwitterのアカウント名を見るとスタッフ用に見えますが、現在はほとんど本人がつぶやいており、個人アカウントのような状態になっています。

Wikipediaをチェックしている悠木碧さん

信頼性があまり無いとも言われがちなWikipediaですが、悠木碧さんはむしろ丁寧な編集に感謝しているようです。

過去の作品をチェックしたりするのに利用しているようですね👀

イラストが得意でケモナーな悠木碧さん

出演作の関連イラストを投稿することも多い悠木碧さん。
声優界には絵の上手い人が大勢いますが、実力はその中でもトップクラスです

上のように動物化させたキャラクターもよく描いていますので、趣味の合う方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

悠木碧さんのご両親について

こちらは家族3人での写真です。

写真と言ってもデコレーションされたプリクラなので、素顔とは離れているかもしれませんが、仲の良さそうな様子は十分伝わってきます😍

猫について紹介

こちらは以前から飼っている猫のアシュベルです。
10歳を迎えましたが、まだまだ元気な様子。

最近はこのアシュベルを撮った写真がTwitter投稿の半分以上を占めており、溺愛っぷりが見て取れます😍

悠木碧さんについてまとめ

今回Ludusでは、悠木碧さんについて紹介してきました。

アニメ・ゲームの仕事だけでも相当な量をこなし続けている悠木碧さんですが、今までには学業・歌手活動との両立もおこなっており、当時の忙しさは想像もつきません

いまだ勢いが全く衰えない悠木碧さんの次の活動を楽しみにしつつ、今後も応援を続けましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございます。